綾瀬はるか、広瀬すずと喜びを分かち合う「海街 diary」が最優秀作品賞 【第7回TAMA映画賞授賞式①】

スポンサーリンク

こんにちは、東京散歩ぽです!

2015年度の国内映画賞のトップを飾る「第7回TAMA映画賞」の授賞式が東京都多摩市のパルテノン多摩で開かれました。(写真協力・

第7回TAMA映画祭

SPONSORED LINK

2015年11月21日から開催中の「TAMA CINEMA FORUM」は今年で25年目、初日は多摩市にあるパルテノン多摩大ホールで「第7回TAMA映画賞」の授賞式が開催されました。

今年の作品賞は呉美保監督の「きみはいい子」と是枝裕和監督の「海街 diary」が選ばれ、是枝監督とともに最優女優賞を受賞した綾瀬はるかさんと最優秀新進女優賞を受賞した広瀬すずさんが登壇しました。

最優秀新進女優賞 広瀬すず

広瀬すず

↑最優秀新進女優賞を受賞した広瀬すずさんは「海街 diaryは自分にとって初めてガッツリ、映画に出させていただいて分からないことだらけだったんですけど、勉強もたくさんさせていただいて、お姉ちゃんたちと一緒に映画に出ることができて本当に幸せに思います。」と喜びのコメント。

最優秀女優賞 綾瀬はるか

綾瀬はるか

↑最優秀女優賞を受賞した綾瀬はるかさんは清楚な白いオールインワンで登壇。

「本当にすごく嬉しいです。心から感謝しています。今日はおばさま(同じく最優秀女優賞を受賞した樹木希林さん)がいらっしゃってなくてお会いできなかったですけど、末っ子(広瀬すずさん)に会えてとても嬉しいです。はじめての長女役はかけ離れてると思ってましたが、演じてく中で自分の意識してない自分が出てきたりして意外にさち姉は似てるとこがあるんだなと気付かされたりしました。」とコメントしました。

最優秀作品賞 「海街 diary」

海街diary
最優秀作品賞を受賞した「海街 diary」の是枝裕和監督が登壇した際には出演した、広瀬すずさん、綾瀬はるかさんとのやりとりも。

綾瀬さんは「監督は本当に穏やかでお芝居していても、いつスタートしたかもわからないくらい、いつも同じ空気感がずっと漂っていて、いい緊張感があるんですけど、演じているという意識がなく、自然に撮られているという感じで演じてました。」とコメント。

是枝監督は「僕らが現場で感じた幸せな感じをちょっとおすそ分け出来てればいいなと思います。僕自身がこの映画の大ファン。そんなにすぐに一緒に出来るわけではないですけど4姉妹ともまた別の形で作品を一緒にできればいいなと思います。」と喜びを分かち合ってました。

第25回TAMA CINEMA FORUMは2015年11月21日(土)から29日(日)まで東京都多摩市の3会場4スクリーンで開催中です。

第7回TAMA映画賞受賞作品・受賞者はこちら!
最優秀作品賞
海街 diary」(是枝裕和監督、及びスタッフ・キャスト一同)
きみはいい子」(呉美保監督、及びスタッフ・キャスト一同)

特別賞
塚本晋也監督、及びスタッフ・キャスト一同「野火」

最優秀女優賞
樹木希林(「あん」「駆込み女と駆出し男」「海街 diary」
綾瀬はるか(「海街 diary」)

最優秀男優賞
永瀬正敏(「あん」「KANO〜1931 海の向こうの甲子園〜」)
綾野剛(「新宿スワン」「ピースオブケイク」「天空の蜂」「ソレダケ/that’s it」「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」)

最優秀新進女優賞
広瀬すず(「海街 diary」「バケモノの子」)
杉咲花(「トイレのピエタ」「愛を積むひと」「繕い裁つ人」)

最優秀新進男優賞
中島歩(「グッド・ストライプス」)
野村周平(「愛を積むひと」「日々ロック」「ビリギャル」「台風のノルダ」)

最優秀新進監督賞
岨手由貴子監督(「グッド・ストライプス」)
松居大悟監督(「私たちのハァハァ」「ワンダフルワールドエンド」)

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!