野村周平「自分の知らない時代を生きて来た方との共演に感謝」最優秀新進男優賞【第7回TAMA映画賞授賞式③】

スポンサーリンク

こんにちは、東京散歩ぽです。
2015年11月21日から開催された「第7回TAMA映画賞」の授賞式の模様をお伝えしています。(写真協力・

最優秀新進男優賞
野村周平(「愛を積むひと」「日々ロック」「ビリギャル」「台風のノルダ」)

野村周平

SPONSORED LINK

↑多摩市長より「内面の葛藤や周囲へのいらだちを抱えた少年期のトンネルを抜け青年へと成長する姿をひたむきに演じた」との受賞理由を読み上げられると野村さんは、

「このような賞をいただけて本当に光栄に思っています。昔から賞をいただくというのは夢だったので本当に感動しています。次は(最優秀男優賞を獲った)永瀬さんや綾野さんの席に座れるように頑張ります。」と喜びの受賞挨拶。

野村周平

↑「愛を積む人」では佐藤浩市さん、柄本明さん、樋口可南子さんといった大物俳優に囲まれてましたが演じていていかがでしたか?との問いに、

「自分の知らない時代を生きて来た方と一緒に共演できるっていうのはたくさん勉強させていただいたので本当に楽しかったです。」とコメントしました。


↑ロッカー役の「日々ロック」、予備校生役の「ビリギャル」など幅広い役柄を演じている野村さん、特に印象に残っている映画・シーンはありますか?との問いに、
「全部印象に残っている作品です。それぞれ作品の色も違いますが、その中でも「日々ロック」は「愛を積むひと」のあの少年が出ているんだなという感じになると思います。」

野村周平

↑最優秀新進女優賞の杉咲花さんとは「愛を積む人」、広瀬すずさんとは来年公開の「ちはやふる」で共演されましたが、お二人に一言お願いします。と振られ

ゴホッと咳払いした後「すずちゃん、花ちゃん、現場ではいつも華やかにいてくれてありがとう。今日は一段と綺麗だね。」と言って会場を沸かせてました。

第7回TAMA映画祭

「今後も「ちはやふる」「森山中教習所」はじめ、たくさん作品が控えてるので皆さん、是非ご覧になってください。ありがとうございました。」とコメントしていました。

来年の野村周平さんの活躍が楽しみですね!

第25回TAMA CINEMA FORUMは2015年11月21日(土)から29日(日)まで東京都多摩市の3会場4スクリーンで開催中です。

第7回TAMA映画賞受賞作品・受賞者はこちら!
最優秀作品賞
海街 diary」(是枝裕和監督、及びスタッフ・キャスト一同)
きみはいい子」(呉美保監督、及びスタッフ・キャスト一同)

特別賞
塚本晋也監督、及びスタッフ・キャスト一同「野火」

最優秀女優賞
樹木希林(「あん」「駆込み女と駆出し男」「海街 diary」
綾瀬はるか(「海街 diary」)

最優秀男優賞
永瀬正敏(「あん」「KANO〜1931 海の向こうの甲子園〜」)
綾野剛(「新宿スワン」「ピースオブケイク」「天空の蜂」「ソレダケ/that’s it」「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」)

最優秀新進女優賞
広瀬すず(「海街 diary」「バケモノの子」)
杉咲花(「トイレのピエタ」「愛を積むひと」「繕い裁つ人」)

最優秀新進男優賞
中島歩(「グッド・ストライプス」)
野村周平(「愛を積むひと」「日々ロック」「ビリギャル」「台風のノルダ」)

最優秀新進監督賞
岨手由貴子監督(「グッド・ストライプス」)
松居大悟監督(「私たちのハァハァ」「ワンダフルワールドエンド」)

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!