【真田丸さんぽ③】上田市立博物館で特別企画展「第二次上田合戦と高野山配流」が開催中

スポンサーリンク

真田家ゆかりの地めぐりをしてきた東京散歩ぽです。
前回の「信州上田真田丸大河ドラマ館」に引き続き、今回は同じ上田城跡公園内にある「上田市立博物館」に行ってきました。

上田市立博物館へ

IMG_7552

SPONSORED LINK

上田市立博物館でも大河ドラマ『真田丸』にちなんで「真田氏関連特別企画展」が今年の12月28日(水)まで実施中です。上田市立博物館は本館と別館に分かれていて、本館のほうでは歴代の上田藩主の甲冑や関連資料、織田信長所用韋胴服などが展示されています。

上田城は真田信之が転出して仙谷氏が3代85年間に渡って支配しました。その後、松平氏が明治4年の廃藩まで7代166年間に渡って治めたそうです。

別館では「第二次上田合戦と高野山配流」が9月27日まで開催中

IMG_7558

本館のすぐ隣にある別館では7月2日(土)から9月27日(火)まで真田氏関連特別企画展第3期「第二次上田合戦と高野山配流〜真田父子の決断〜」が開催しています。

天下分けめとなった関ヶ原の戦い(1600年)の直前に真田昌幸と信繁(幸村)は豊臣方の西軍に、信幸は徳川方の東軍に袂を分けた「犬伏の別れ」から第二次上田合戦、高野山配流にいたった経緯や関連資料が展示されてました。

関ヶ原前に石田三成からの真田昌幸・信幸・信繁へ宛てた書状や大谷吉継から真田昌幸と信繁に宛てた書状など当時の緊張感がつぶさに分かる展示になってました。

ドラマではこの後、関ヶ原の戦いが描かれますよね。大泉洋さん演じる真田信幸はこれまで自分の思った通りに行ったことがほとんどなく、ずっとフラストレーションを抱えたような役回り。ドラマの見どころの一つになるであろう「犬伏の別れ」がどのように描かれるか今から楽しみです(^^ )

日本旅行で『真田丸』関連ツアーを探す

阪急交通社で真田三代ゆかりの地をめぐるツアーを探す

上田市立博物館

住所:長野県上田市二の丸3番3号(上田城跡公園内)
Tel・Fax:0268-22-1274
開館時間:午前8時30分~午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)
休館日:2016年12月28日まで無休
料金:常設展観覧料:大人300円、高校生以上の学生300円、小学生100円。
(上田市立博物館と櫓の共通券は大人500円、高校生以上の学生300円、小学生150円。)
公式サイト:http://museum.umic.ueda.nagano.jp/hakubutsukan/

真田丸さんぽ関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!