【真田丸さんぽ⑥】真田信之が治めた松代城跡をめぐる

スポンサーリンク

6月に真田丸ゆかりの地を巡る旅をしてきました。

武田信玄によって戦国時代に築城された「松代城」の跡地へ行ってきました!もともとは「海津城」と呼ばれ、武田氏が築城した代表的なお城の一つです。

IMG_8863

SPONSORED LINK

「松代城」と呼ばれるようになったのは、真田丸でおなじみの真田信繁の兄、源三郎こと真田信之が入城してから。江戸時代、このお城を中心に真田十万石の城下町が発展したと言われています。

IMG_8864

明治時代の廃城に伴い、建物自体は壊されてしまいましたが、1981年「新御殿」とともに国の史跡に指定されました。1995年より発掘・文献調査をもとに、櫓門・木橋・石垣・土塁・堀が復元されました。現在は江戸時代の姿に限りなく近い状態で再現された松代城跡を楽しむことができますよ!

IMG_8866

発掘調査と絵図をもとに復元されたという橋を渡って立派な「太鼓門」から中へ。

IMG_8869

当時から残る石垣の説明や、本丸の絵図。

ここに真田家の人々がいたのですね〜^^

IMG_8871

「戌亥の櫓台」。ここから眺望を眺めることができます。

IMG_8873

こちらが櫓台からの眺め。素晴らしい。

当時の人たちも目の前に広がる山々の壮大な景色を見ていたはず!

IMG_8874

三方を山で囲まれ、千曲川を天然の堀としたという「松代城」。

平城といえども大変堅固なお城であったと言われています。天然要塞の面影を垣間見ることができます!

IMG_8880

立派な石垣。当時のままなのかな?

IMG_8870 IMG_8882 IMG_8889

常に視界の先に山々が広がる。

こんな素晴らしいところを真田氏は明治維新まで居城としていたんですね!

IMG_8895

とにかく美しい、そして天然の要塞だった頃の面影を感じ取ることができてすごく感動しました!

この松代城跡は桜の名所としても知られているので、春先に来るのもいいかもしれません。真田家の人々も、ここで花見をしたのかな〜?と想像するだけでワクワクしますね(笑)

所在地:長野県長野市松代町松代44
開館時間:9:00~17:00 (入場16:30まで)
休館日:原則無休
入場料:無料
公式サイト:http://www.sanadahoumotsukan.com/facilities/facility.php?n=7

真田丸さんぽ関連記事

SPONSORED LINK

IMG_8866

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!