【伊勢神宮外宮〜せんぐう館さんぽ】遷宮でパワーアップした新しい社殿を見てきた

スポンサーリンク

こんにちは!伊勢志摩の旅に行ってきました、東京散歩ぽです。
今回は2013年に行われた第62回式年遷宮を終えて、たくさんの参拝客で賑わう「伊勢神宮」へ6年ぶりに行ってきました。

伊勢神宮は、日本神社界の中心に位置付けられ、神社の最高峰とされる格式の高いお宮。国内のみならず世界でも類を見ない規模の宗教施設でもあります。

前回私たちが訪れたのはまだ「式年遷宮」が行われる前の6年前の2010年。(「式年遷宮」とは、20年に一度、内宮と外宮の二つの正官、及び14ある別宮の社殿や、装束、神宝、宇治橋なども全て新しくし、神様を清らかな神座へお遷しするおよそ1300年続く最大の祭事のことを言います。)

今回はまずは伊勢の市街地に位置する「豊受大神宮」が祀られている外宮からお散歩スタートです。

伊勢神宮外宮(げくう)へ

伊勢神宮外宮

SPONSORED LINK

↑近鉄名古屋駅から特急に乗って約1時間20分。外宮がある伊勢市駅へ到着しました。

伊勢神宮外宮

しばらく歩くと外宮参道へ。

ちらほら参拝客とみられる人たちの姿が増え始めました^^

伊勢神宮外宮

通りの奥に見える森がお伊勢さんです!ワクワク♪

伊勢神宮外宮

お伊勢さんといえば、伊勢うどん。

帰りに食べて帰るぞ!!

伊勢神宮外宮

こちら前回来た時もそのレトロな雰囲気にすっかり魅了された旅館「山田館」さんです。

およそ100年前に建てられた問いうレトロな木造3階建ての旅館、風情がありますね。

伊勢神宮外宮

さて、いよいよ外宮の入り口に到着しました*^^*

伊勢神宮外宮 width=

まずは「手水舍」で手を清めます。

伊勢神宮外宮

参道入り口の「第一鳥居」の前では、こうしてくぐる前に一礼をしてから進みます。

また、お参りが済んで再びここをくぐる際も振り返り、一礼をしてから帰るというルールがあります。

伊勢神宮外宮

こちらはお札授与所。ここは以前と同じ場所にありました。

伊勢神宮外宮

緑が多くて東京の明治神宮のような雰囲気の伊勢神宮。大きな木がニョキニョキ生えてます。

結構、人がいるなあと思いつつ正宮へ向かいます。

伊勢神宮外宮

正宮の少し前に見えたのは「三ツ石」!

前回は手をかざすとほわーんと手が暖かくなるような気がしたんですが、今回は囲いが前回より広くてあまり近づけずでした。

伊勢神宮外宮

ん?この木、なんだか見覚えがある。。と思っていたら!!

ここが6年前に正宮があったところです!今はこのように更地のようになっていて古殿地と呼ばれます。

6年前の写真と比較

伊勢神宮外宮

↑こちら!6年前の2010年に訪れた時の写真と今回、2016年の同じ場所で撮った写真を比較してみました。斜めに生えた木はそのままですが、前の社殿は鳥居まですっかり取っ払われちゃいましたね^^;なんだか不思議な感じ。

正宮(豊受大神宮)へ

伊勢神宮外宮

そのお隣にあるのが遷宮で作られた真新しい正宮。板垣南御門の前です。この門から先は聖域のため撮影禁止です。

お参りは外宮→内宮の順にお参りするのが正式とされています。

そして両宮ともまず一番に「正宮」にお参りするのが習わしとされていますよ!私たちもしっかり感謝の気持ちを込めてお参りしてきました@^^@

土宮

伊勢神宮外宮

正宮でお参りした後やって来たのは「土宮(つちのみや)」。

他の別宮が全て南向きに建てられているのに対し、この土宮だけは、東向きに建てられています。

伊勢神宮外宮

お伊勢さんといえば、豊な自然とみずみずしい空気、そして神木とも思えるほどの大きな木々が素晴らしい!

伊勢神宮外宮

思わず見上げて、天まで突き抜けるのではないかと思うようなその姿に感動。

そして幹に触れて、たくさんパワーを分けてもらいました^^

多賀宮へ

伊勢神宮外宮

98段ある先ほどの石段を登ってきた先にあるのが「多賀宮(たかのみや)」。

小高い丘の上に鎮座し、正宮の次に大きい別宮です。

伊勢神宮外宮

それにしても雄大な大木。

6年前にもそんなことを思いましたが、やはり木には神様が宿っている気がする!

風宮へ

伊勢神宮外宮

こちらは「風宮(かぜのみや)」。

もともと、風宮は風雨の災害なく農作物が順調に成育するように祈りが捧げられるお社であったそうです。

せんぐう館へ

伊勢神宮外宮

↑外宮内を参拝して「せんぐう館休憩所」へやってきました。

こちらでちょっと一息、腰を下ろしたい時などに最適な場所があるんです☆

伊勢神宮外宮

こちらにはガラス張りの開放感あふれる休憩所があり、どなたも利用できます。

匂玉池や飛んでくる鳥たちを眺めながらくつろぐことができますよ。

伊勢神宮外宮

池に浮かぶ舞台では能楽などが演じられたり、お茶会が催されることもあります。素敵ですね!

伊勢神宮外宮

第62回式年遷宮を期に創設された「せんぐう館」の中も見学してきました。

中の撮影は禁止でしたが、こちらでは、外宮正宮の東側の原寸大の模型や、神宮・神宮式年遷宮をわかりやすく展示していたり、遷宮シアターや優れた景観を楽しみながらくつろげる休憩施設もあり、見どころがいっぱいですよ!

まとめ

伊勢神宮外宮 伊勢神宮外宮

2013年の式年遷宮の際の参拝客は過去最高の1420万人にも登ったとか。

まずはここ、外宮でたくさんパワーをいただいて、参拝の中心となる「内宮」へは次の日に出かけることにしました。世界でも類を見ないと言われるほどの広さだけあり、外宮だけでもかなりの距離を歩きました。ゆっくり回りたい方は二日に分けて参拝されるのもいいかもしれません。

次回内宮編はこちら!

→近畿日本ツーリストで伊勢志摩参拝きっぷ付きツアーを探す

 

伊勢志摩の旅2016

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!