【伊勢神宮おはらい町】赤福本店のお座敷で番茶付きお召し上がり盆をいただく

スポンサーリンク

伊勢志摩の旅に行ってきました、東京散歩ぽです!
伊勢神宮内宮前にある、おはらい町で伊勢を代表する老舗「赤福本店」で赤福をいただいてきました。

創業300年の赤福本店

赤福本店

SPONSORED LINK

赤福本店にきました。赤福は宝永4年(1707年)から300年以上続く超老舗。伊勢名物として不動の人気を誇る「赤福餅」は超ロングセラーとして有名です。

赤福本店

赤福本店に限らず、ここおはらい町はツバメが多く見受けられました。中にはツバメの巣がお店の中にあるところもあって、おはらい町の人たちと共生しています。

赤福本店

こんな看板も多く見られました。写真をたくさん撮りたいけど、子育ての邪魔にならないようにしなきゃ。

赤福本店

店頭には朱塗りの大きなかまどが目に引きます。この窯では五十鈴川の伏流水を使って後ほど出てくる番茶のお湯を沸かしています。

本店奥にあるお座敷へ

赤福本店

窯の横を通っていくと奥にはお座敷と五十鈴川が見られる縁側の席がありました。こちらでちょっと休憩。

赤福本店

今朝は少し冷えたので火鉢で暖をとります。暖かい(^^ )

お召し上がり盆3個入り(番茶付き)290円

赤福本店

こちらの本店では作りたての赤福と三重県産の伊勢茶のセットがいただけます。こちらは3個で290円。嫁さんとふたりでしたが3個入りだけでも快く注文できてお番茶も二つ付けていただきました(^^ )ありがたいなあ。

赤福餅いただきます!

赤福本店

まあるい小皿に3つのった赤福餅!五十鈴川のせせらぎをイメージしたフォルムです。

IMG_8703

柔らかなこしあんの赤福餅。中には国産のもち米で作られた小さなお餅が入ってます。

ほっとする甘味。

赤福本店

この日は平日の午前10時ごろだったのでまだ人もそこまで多くはなかったですが平日でも昼前後は多くの人が訪れるそうです。早めの来店ならゆっくりできそう。

赤福本店

縁側からは目の前の五十鈴川を見ながら赤福餅を楽しんでいる方もいました。

赤福本店

橋の上から見た赤福の縁側席。

売り切れ必至の朔日餅

赤福本店

本店と名古屋、大阪の直営店などで元日以外の毎月1日に化粧箱入りの朔日餅(ついたちもち)が数量限定で販売されます。次回5月1日(日)はかしわ餅。ゴールデンウィーク中ということもあってこれは売り切れ必至ですね。

赤福本店

300年にわたってお伊勢参りをする旅人をもてなしてきた赤福本店でいただける赤福餅はお座敷でほっと一息つけるお店でした。お召し上がり盆は直営店でもいただけますが、内宮参拝前に是非こちらの赤福本店で味わってみてくださいね!

→近畿日本ツーリストで伊勢志摩参拝きっぷ付きツアーを探す

 

赤福本店 お店情報

住所:三重県伊勢市宇治中之切町26番地
電話番号:0596-22-7000
営業時間:午前5時~午後5時(繁忙期時間変更有)
定休日:無休
公式HP:http://www.akafuku.co.jp/

伊勢志摩の旅2016

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!