日本橋に「カラダを知る旅」をコンセプトにした無料シアターが誕生。腸内環境を整える食事とは?

お腹弱いです、東京散歩ぽです。
日本橋本町にある武田グローバル本社1階に、新施設「TAKEDA LIFE THEATER(武田ライフシアター)」が2019年4月17日(水)オープン。今回は、メディア向け記者会見の模様をお伝えします。

10メートルの4K画像で見る「カラダを知る旅」

「TAKEDA LIFE THEATER(武田ライフシアター)」は「カラダを知る旅に出かけよう」をコンセプトとした、無料で入場できるシアターです。

シアターでは横幅10m  x 高さ3mもの大型LEDモニターと5.1 chサラウンドの音響システムが設置してあり、そこで映像コンテンツが楽しめます。

第1弾は15分間の「腸」に関する映像コンテンツが視聴できる

第1弾の映像コンテンツは、日経ナショナル ジオグラフィック社の協力を得て制作したという腸の神秘、腸内細菌の役割や腸内環境の改善をヒントにした「腸」に関する映像コンテンツ(約15分間)が視聴できます。

人間の腸内にいる細菌の種類は約1,000種類。その総数は数十兆から百兆個とも言われているそうです。人間の細胞は約37兆個の細胞から出来ていることからも、腸内細菌がいかに多いかがよくわかりますね。

健康に役立つ菌として有名な「ビフィズス菌」も腸内細菌のひとつ。

腸内では、様々な細菌が縄張り争いをしているそうですよ。みんな仲良く!

そんな腸内細菌は、人が消化吸収できなかった炭水化物(食物繊維)を食べて、肥満や生活習慣病、大腸炎の予防にもなるという短鎖脂肪酸や、ビタミン類を作り出すそうです。

こうした菌を多く作ることで健康につながる腸になるんですね。勉強になるなあ。

動画は日本語のナレーション時は英語の字幕が、英語のナレーション時は日本語の字幕が付いている動画が交互に流れるので、訪日外国人の方も楽しめそうですね。

SPONSORED LINK

武田薬品工業株式会社 コーポレート・コニュニケーションズ&パブリックアフェアーズ オフィサー 平手晴彦さん

武田薬品工業株式会社 コーポレート・コニュニケーションズ&パブリックアフェアーズ オフィサー 平手晴彦さん

武田薬品工業株式会社 コーポレート・コニュニケーションズ&パブリックアフェアーズ オフィサー 平手晴彦さんは「武田グローバル本社がある日本橋本町は江戸時代から知られる「くすりの街」。誰もが楽しめるTAKEDA LIFE THEATERは、人々の健康と医療の未来に貢献するという武田のミッションを実現する拠点として、様々な方にお立ち寄りしていただきたいです」と挨拶しました。

腸内環境を整える軽食を食べてみた

この日は、健康医療ジャーナリストの西沢邦彦さんが監修した腸内環境を整える軽食をいただくことが出来ました(※通常営業中の提供はなし)。

  • もち麦と鶏ごぼうのおむすび
  • ビーツのポテトサラダ〜桜仕立て〜
  • 若芽の厚揚げ大豆の炒め物
  • 春野菜のキヌアサラダ

西沢さんによると、食物繊維を多く摂ることで大腸がんや2型糖尿病のリスクが下がったり、体重や血圧を下げることも言われているそうです。どれも美味しかったんですが、特にキヌアのサラダは食べやすい上に食物繊維も多くて美味しかったですよ!せっかくカラダについての映像が楽しめるので、今後はこうしたヘルシーな食事が楽しめたり、レシピを教えてくれたりするイベントがあってもいいかなと思いました。

ということで、2019年4月17日(水)オープンする、日本橋本町の武田グローバル本社1階オープンする新施設「TAKEDA LIFE THEATER(武田ライフシアター)」をご案内しました!

TAKEDA LIFE THEATER(武田ライフシアター)

所在地:東京都中央区日本橋本町二丁目1番1号(武田グローバル本社1階)
入場料:無料
営業時間:10:00〜18:00
休館日:土曜日、日曜日、国民の祝日・休日、年末年始など武田グローバル本社の休業日
公式サイト:https://www.takeda.com/jp/corporate-responsibility/community/life-theater/

あわせて読みたい