【宿泊記】ウォーターマーク ホテル&スパ バリ ジンバランはバリ島・初日滞在におすすめ #バリさんぽ

こんにちは、東京散歩ぽです!

先日、はじめてインドネシアのバリ島に行って来ました!今回は初日に宿泊した「ウォーターマーク ホテル & スパ バリ ジンバラン」の模様をお伝えします。はじめてバリ島を訪れる人に是非、チェックしてもらいたいホテルです。

デンパサール空港に送迎あり

はじめてのバリ島。今回僕らはインドネシアのフラッグシップエアラインのガルーダ・インドネシア航空の直行便に搭乗して、成田空港から約7時間30分のバリ島の玄関口「デンパサール空港」に到着しました。

バリ島は4月から乾季に入り、気温は連日30℃前後と一気に「南国に来たっ!」て感じ!

成田空港からの直行便は午前11時に出発して、現地には午後6時40分(現地時間)に到着するんですね。ということで初日はほとんど、何もできなさそうだったので、できるだけ空港に近いホテルを探しました。

今回宿泊した「ウォーターマーク ホテル & スパ バリ ジンバラン」は日系企業が運営していて送迎特典付きのプランを予約して、事前に申請すれば空港まで無料送迎してくれます。(と書きましたが、現在は送迎特典付きプランがなくなってしまったそうです。現在は片道150,000IDR(約1,200円)で空港-ホテル間を送迎してくれます。)

待ち合わせ場所はデンパサール空港の税関出口から出たところのミーティングポイント。ここには他のホテルからもたくさんの待ち合わせの人がネームプレートを出してるので、この中から探すんですけど、、、

あれ?見つからない!

実は、このミーティングポイントは2ヶ所あって、この先にも待ち合わせ場所があるんです。

ミーティングポイントは2ヶ所あるので注意!

ミーティングポイントは2ヶ所あるので注意!

↑図で表すとこんな感じ。

僕らは税関を出てミーティングポイント①の所でずっとドライバーさんを待ってたんですが、ホテルのドライバーさんはその奥のミーティングポイント②のところで待ってました(笑)もし、このエリアで待ち合わせる場合は、①も②もまんべんなく探しましょう。どうしても見つからない場合は「タクシーカウンター」で構内呼び出しをしてくれますよ!

ちなみに、空港は少し割高の空港タクシーしか乗り入れが出来ず、白タクの客引きも多いので要注意。

はじめての空港は勝手が分からなくて、ちょっと焦りましたが、なんとかドライバーさんと合流できたので、ホテルへレッツゴー!

SPONSORED LINK

綺麗なホテルカーで送迎

綺麗なホテルカーで送迎

綺麗なホテルの送迎車に乗ること約15分ほどで、ホテルに到着。

南国リゾート満点のロビー

まずは、チェックイン。

こちらのホテルは日本人スタッフが常駐している日系のホテル。僕らがチェックインした夜間は日本人スタッフはいませんでしたが、日本語も出来る現地スタッフもいて、とても分かりやすく説明してもらえました。

ちなみにこのロビーにはツアーデスクや現地通貨の両替所(空港よりもレートが良かった!)もありました。

ホテル内の廊下は明るくて清潔でした。

スーペリアルームの客室

今回は、2階の「スーペリアルーム」の客室(32㎡)に宿泊しました。

窓側には大きめのソファがあり、日本と比べるとやはりゆったりした造りです。

キングサイズのベッドでよく眠れました。

カウンターの様に長いデスクは荷物をたくさん乗せられていいですね。

宿泊者専用WiFiもあって助かりました。ヘアドライヤーも完備してあります。コンセントは日本と電圧が違うので変圧器を持参していきましょう。

客室は清掃が行き届いてたんですが、バスとトイレはそこまで行き届いてない印象だったのがちょっぴり残念。

トイレはシャワー付きだったのがちょっと驚きでした(つまみを回して水勢を調節するタイプ)

水道水は飲めないので、備え付けのミネラルウォーター(無料)が2本付いてるのでそちらでハミガキしますよ!

夕食は日本食レストラン「西麻布イマドキ」

部屋で荷物の整理などしてたら、時刻も午後9時を回ってたので夕食はホテル内にある日本食レストランの「西麻布イマドキ」で食べました。看板も日本語表記でわかりやすい!

初日は移動の疲れで、もはや考える力が無かったというのもあり、天丼と天ぷらそばをオーダー。

久しぶりに海外の日本食レストランで食事しましたが、昔と比べたら全然レベルも上がってて美味しくいただきました。そば粉は北海道産を使っているそうです。

ホテル内には2つのプール

一夜明け、ホテル内をさんぽ。

1階の中庭には、宿泊者専用プールがあり、ゆっくりできそう。

5階の屋上テラスにも開放的なルーフトッププールがあって、日光浴を楽しんでいるお客さんもいました。

ここからはエキゾチックなバリの街並みもよく眺められますよ!

バリ島は赤土の瓦を使った家が多くて、沖縄と雰囲気が近いなあ(^^ )

ふと、遠くを見ると何やら謎の建造物を発見!

ホテルの人に聞いた所、こちらはGWK(ゲーウェーカー)カルチュラルパークに建設中のガルーダ・ウィヌス・クンチャナ像という全長120mもの巨像なんですって!旅の間で行けるかな?

1階の玄関から出ると、ホテルの敷地内に小さなお寺がありました。

インドネシアには到るところにこのように様々なお寺が点在しています。

ホテル前からはT Galleria Bali(DFS)とクドカナンビーチにあるビーチクラブ行きの無料シャトルバスも運行してました。

朝食はプールが見えるダブリュセンス レストラン

さて、お楽しみの朝食へ。朝食会場は1階にある「ダブリュセンス レストラン」へ。

プールがよく見える開放的なテラス席です。

インドネシア料理から、スタンダードな西洋ブレックファスト、おそばなどの和食もあります。オムレツもシェフがお好みの具で作ってくれました。

美味しいナシゴレンと大好きなグアバジュースを飲んで、2日目の行動開始です!

まとめ

ホテルの人もみんな優しい笑顔に嫁さんもウットリ

ホテルの人の優しい笑顔に嫁さんもウットリ

ということで「ウォーターマーク ホテル & スパ バリ ジンバラン」の模様をお伝えしました。

ホテル内には「共愛クリニック」の出張診療所もあって月〜金の9時〜17時まで医師が待機していたり、日本人スタッフも常駐しているので、初めてバリ島でいろいろ不安がある方は初日にこちらに宿泊するのもいいかなと思います。

スタッフの皆さんはみんな優しい笑顔で迎えてくれるので、僕らも安心して2日目のバリ島さんぽをスタート出来ました。

ということでアプリで呼べるタクシー「ブルーバード」に乗って次の滞在地へ。

バリ島での移動はブルーバードタクシーが便利なんです。次回はバリ島で便利な「My Blue Bird Taxi」の使い方をお伝えします!

ウォーターマーク ホテル & スパ バリ ジンバラン 予約サイトはこちら!

H.I.S 楽天トラベル エクスペディア

あわせて読みたい