「あるく保険」は毎日+10分歩くことを応援する【PR】

「あるく保険」のブロガーイベント

SPONSORED LINK

毎日9,000歩、歩いてます東京散歩ぽです。

今年8月2日から販売を開始した東京海上日動あんしん生命の新しい保険「あるく保険」のブロガーイベントに参加しました。

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

ボディワーカー・森拓郎さんによるウォーキング講座

ボディワーカーの森拓郎さん

ボディワーカーの森拓郎さん

1日平均8,000歩以上歩くと2年後にキャシュバックがあるこの「あるく保険」。イベントでは正しいウォーキングができるようにボディワーカーの森拓郎さんによるウォーキングと健康についての講座がありました。

現代人は平均1日+1,000歩(10分程度)多く歩くことが必要

現代人の1日の歩数の平均値

厚生労働省の「健康日本21(第二次)」によると現代人の1日の歩数の平均値は男性が7970歩、女性が6911歩でした。

これは目標値(男性9000歩・女性8500歩)にそれぞれ1000歩=10分程度ほど足らないそうです。

どうやって毎日+1000歩多く歩く

では、どうやって毎日+1000歩多く歩くことができるでしょうか?

森先生は無理にジムに通わなくても、エスカレーターやエレベーターの利用を減らして階段を使ったり、帰宅時にわざとひとつ前の駅で下車して1駅分(約2km)を歩くなどで補うことができると話しました。これなら誰でも無理せず+1000歩を積み重ねることができそうですよね。

また、米国立衛生研究所によると、ウォーキングを毎日している人はしてない人と比べ、がん発症のリスクが20%低下するんだそうです。

正しい姿勢でウォーキング!大腰筋を鍛えよう

ウォーキングで姿勢改善

ウォーキングで姿勢改善

正しい姿勢でウォーキングしないとダイエットや健康促進には繋がりません。

ウォーキングをすると背骨から骨盤を通って脚の付け根の内側についてる「大腰筋(だいようきん)」という筋肉が鍛えられるそうです。大腰筋は背骨、骨盤、脚をつなぐ土台となるまさに「ヒトの要」となる筋肉なんですね。

大腰筋

この大腰筋は歳を追うごとに細くなってしまうそうで、大腰筋が弱ると姿勢も悪化するとか。大腰筋が鍛えられていると背骨と内臓が正しいポジションとなりお腹も凹むそうですよ。やっぱり歩くことって大事なのね。

正しく歩くコツは骨盤をまっすぐ、脚を後ろに運ぶイメージで歩く

森拓郎先生は歩くコツ 森拓郎先生は歩くコツ

森拓郎先生は歩くコツとして以下の2点、

  • 腰はひねらず、骨盤をまっすぐにすること
  • 脚を後ろに運ぶようなイメージで歩く(このとき大腰筋が引っ張られる)

を意識すると大腰筋が鍛えられて、姿勢の改善や腰痛の予防になると教えてくれました。

SPONSORED LINK

今までしっかり意識して歩いたことなかったので森先生のウォーキング講座は目から鱗級の大変勉強になるお話でした。

1日8,000歩以上をキープするとキャッシュバックされる「あるく保険」

あるく保険

この度、東京海上日動あんしん生命がNTTドコモと共同開発した「あるく保険」は1日平均8000歩以上歩くことを続けると、2年間後にキャッシュバックされるという画期的な保険商品です。

あるく保険

これまで保険というと人生最後のイベント「死」や病気や怪我など、自分の身に降りかかる不安に対応した商品が多いというイメージですが、この「あるく保険」はたくさん歩くとキャッシュバックが受けられたり、ウェアラブル端末が無償で貸与されたりと毎日+1000歩あるくことを応援してくれる(健康づくりを促進させてくれる)という仕掛けや思いが詰まった保険です。

30歳・男性(例)だと2年後、合計7,400円がキャッシュバック!

合計7,400円がキャッシュバック

30歳男性の例を見てみると、月の保険料3,100円(入院給付金日額1万円・手術給付金・放射線治療給付金)の場合、1日平均8,000歩以上あるくと2年後、保険を使わず健康なら健康増進還付金として2,400円、さらに無事故給付金(5,000円)と合わせると合計7,400円がキャッシュバックされます。

もちろんこれは一例なので年齢によって保険料もキャッシュバックの金額も変わってきますが、日々歩いた成果がキャッシュバックという形で戻ってくるのは嬉しいですよね(^^ )

歩数は無料貸与のウェアラブル端末「MISFITFLAME」で計測!

MISFITFLAME(ミスフィットフレイム)

日々の歩数は「あるく保険」を契約すると無料で貸与してくれるウェアラブル端末「MISFITFLAME(ミスフィットフレイム)」で計測します。

「あるく保険」の公式アプリ

このMISFITFALMEを「あるく保険」の公式アプリ(iOS・Android)と連携させることで日々の歩数をしっかり計測・管理してくれますよ!ちなみにこのアプリはNTTドコモの共通ID「dアカウント」が必要になりますが、スマホの契約がNTTドコモ以外の方も無料で作成できるので、どなたでも利用できます。

毎日8,000歩あるくだけでキャッシュバックするって、ちょっとゲーム感覚で楽しそうですよね(^^ )

レッツウォーキング!

レッツウォーキング

森先生にウォーキングのコツと「あるく保険」の概要を教えてもらったところで実際にイベント参加者全員でウォーキングしてみました!

ここ「品川シーズンテラス」はTVドラマのロケ地としてもよく利用されてる東京タワーが見えるナイトウォークには絶好のロケーションです。みんなで歩くのって楽しいですよね(^^ ) 歩数はMISFITFLAMEがしっかり計測してくれますよ!

歩くことは健康寿命を伸ばすこと
「あるく保険」は毎日+10分歩くことを応援してくれる保険

あんしんセイメイくんと記念にパチリ

あんしんセイメエくんと記念にパチリ

俗に平均寿命よりも日常生活で不自由のない期間(健康寿命)の方が12年〜14年ほど短いと言います。つまり運動をしてないと晩年の12年〜14年間は何かしらの介護がないと通常の生活が送れないんですよね。

僕は人生最期の日まで、自分の脚で歩きたいです!

東京海上日動あんしん生命の新しい保険「あるく保険」はウェアラブル端末と連動することで「毎日+10分歩くこと」を応援してくれる保険でした。これから生活習慣病などの病気を予防したり、健康でいられる期間を長くしたいと思う人がウォーキングを始めるきっかけのひとつとして検討してみるのもいいんじゃないでしょうか!

「あるく保険」は8月2日からNTTドコモの「ドコモでほけん相談」で限定販売中。

11月2日からは全国の代理店でも販売されます。気になる方は「あるく保険」の特設サイトを是非チェックしてみてくださいね!

「あるく保険」公式アプリはこちら!(iOS/Andoroid)

あるく保険

あるく保険
無料
posted with アプリーチ

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ