【成田山新勝寺】駿河屋で鰻重と成田山祇園祭を堪能してきたよ!

スポンサーリンク

鰻が大好きな東京散歩ぽです。
昨年に引き続き「まわりぶろぐ」のハマチさんと「鰻食べに行こうツアー」を敢行。今回は成田山新勝寺へ!当日は成田山祇園祭だったんですが、駿河屋さんからの眺めが最高でした。

成田山へ

IMG_8241

SPONSORED LINK

千葉県の成田市にある成田山へやってきました。初めて来たんですけど、昔風情の建物が多く残る参道がいい雰囲気ですね。

正面に見える展望台付きの建物は昭和10年に建てられたという「大野屋旅館」さん。「千と千尋の神隠し」に出てくる湯屋みたい(^^ )

駿河屋へ

IMG_8240

その大野屋旅館の並びにあるのが江戸時代に創業した鰻の老舗「駿河屋」さん。

IMG_8235

成田山の参道には多くの鰻屋さんが出店しているんですが。駿河屋さんの店先でも鰻をさばくところが見られます。

IMG_8351

焼きも見られましたよ!火力の強い長州備長炭で焼かれた鰻美味しそう!

早速入ってみましょう。

土日はかなり混雑します

IMG_8230

この日は土曜日の上、成田山祇園祭ということもあって、午前11時に入店したんですけど、なんと30組、約1時間待ち!自動整理券を発券したので、まずは成田山をお参りしましょうかね。

成田山新勝寺へ

IMG_8247

駿河屋さんは成田山新勝寺の目と鼻の先。

この日は年に一度の成田山祇園祭が開催中で多くの参拝者がいました。

IMG_8257 copy

こちらは三重塔。成田山新勝寺には初めて来たんですが、かなり広いですね。大本堂では法要中で、しばしこちらで一休み。普段は非公開の奥之院にも参拝することができました。

なんやかんや廻ってたらあっと言う間にお昼の時間!そろそろお店に戻ってみましょ。

2階席に通される

IMG_7391

今回は2階席に通されました。

ここからは横の窓から参道が丸見え。祇園祭の賑やかな声が聞こえてきます。

IMG_8273

こちらは囲護台三和会の山車!大きな嵯峨天皇の人形が乗った山車がゆっくり街を練り歩きます。祭囃子がいいねえ。

駿河屋さんのメニュー

IMG_7387 IMG_7388

でもって駿河屋さんのメニューがこちら。

うな重は3,600円、「幻のうなぎ」と言われる大井川共水のうなぎ重は5,500円。うなぎはさばくところから始めるので30分くらい時間がかかりますよ〜OKですよ〜

IMG_8342

その間にも成田山のお神輿がせいやせいややってきます。(※せいやせいやは言わない)この日は夏日、皆さん暑そう!すごい迫力!

出し巻き卵(550円)

IMG_8277

まずは出し巻き卵が到着。鰻屋さんの出し巻き卵は本当にふわふわで美味しい。

鳥重(1,400円)

IMG_8286

嫁さんは鳥重をオーダー。あれ?うなぎじゃないのと一瞬思いましたが、この鳥重がまた秀逸。焼き鳥が柔らかいのなんの!鳥重だけでも立派な看板商品になるなと思うくらい美味しかった。

うな重 肝水付(3,600円)

IMG_8317

でもって鰻重が到着〜!ふっくらテカテカのうな重、お久しぶりです東京散歩ぽです。

IMG_8323

しばし見とれる。

IMG_8326

香り高い山椒をたっぷり振りかけていただきます!

IMG_8331

はふ、はふ、もぅふぅ〜〜

IMG_8338

はしゅ、はほぅ、んぐ、

んまい!!

IMG_8294 copy

鰻重を食べ終わるとまた別の山車がお店の横を通り過ぎたのでした。土日祝祭日は席の予約できないので、今回たまたますごく眺めのいい席に座れて本当にラッキーでした。お店を出た後も成田祇園祭を堪能したんですが、すごくいいお祭りですね。情緒ある街並みの成田山新勝寺。またゆっくり来たいと思います。

駿河屋

住所:千葉県成田市仲町359
TEL:0476-22-1133
営業時間:11:00~17:00
定休日:木曜日
公式サイト:http://www.surugaya-unagi.net/

おすすめの関連記事

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!