【南千住】「尾花」で肉厚ふわふわ東京一のうな重をいただく!

スポンサーリンク

鰻が大好きな東京散歩ぽです。
梅雨明けして今年も暑い夏が始まりそうですね。2015年の土用の丑の日は7月24日(金)と8月5日(水)の2回あるそうですが今回は「まわりぶろぐ」のHAMACHI!さんと一度行ってみたかった鰻の名店、南千住の尾花さんに行って来ました。

行列覚悟の鰻の名店へ

P7190025

SPONSORED LINK

東京メトロ日比谷線南千住駅を降りて徒歩3分、JR常磐線沿いに現れる鰻の老舗が「尾花」さんです。このお店はミシュランでも星を取る名店なのですが予約が出来ないため行列は必至。

この日はハマチさんと日曜日の午後5時に待ち合わせしたんですが、その1時間前からハマチさんが並んでてくださいました(^_^)ありがとうございます!

P7190023

↑尾花さんの敷地内にはお稲荷さんがあるんですよ〜。思わずお参りしちゃいました。

IMG_0140

↑自宅から和風のうちわを持ってきたんですが、軒先にお店のうちわが何本もあってみんなそれで仰いでました。途中からは軒先までベンチに座って待つんですけど、厨房からの鰻を焼く煙が流れてきてとてもお腹が空いてきます(^^;)

外で並んでいる時にうな重だけは事前にオーダーします。この日は午後5時30分時点で並んでる方で早くも札止めになりました。さすが人気店!

午後4時からハマチさんが並びだしてジャスト2時間、午後6時にようやくお店の中へ。玄関では仲居さんに下足を預けて店内へ。お店は広いお座敷に座卓があり50席ほど。今回僕らはお座敷の1番奥の座席へ通されました。クーラーが効いてて涼しい(^_^)

尾花のお品書き

P7190030 P7190031

↑うな重は捌きから入るので時間が30〜40分はかかります。待ってる間にうな重以外のサイドメニューをオーダーしましょ。しかしこの値段はシビれる!

P7190032

↑まずはビールで暑気払い(^^ )

うざく(1,900円)

P7190034

↑こちらは三杯酢にうなぎの蒲焼が入った「うざく」面白い名前ですよね。

きゅうりと食用菊が添えられていて彩りも鮮やか。

P7190041

↑はじめて食べました。うなぎの脂が酢で中和される感じ、柔らかくなってて美味しい。

う巻(2,400円)

P7190043 P7190045

こちらは玉子焼で鰻を巻いた「う巻」。鰻は細かく刻まれているんですがこれがふわふわ。でもって玉子焼きもふわふわなので、もうなんかふわふわのアンサンブルです(^.^)美味い。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!