【アヤナリゾート&スパのレストランで食べたものまとめ】バリの海を眺めながら夕食!朝食ブッフェも #バリさんぽ

アヤナ リゾート&バリ スパのサンセット

こんにちは、東京散歩ぽです!

インドネシア・バリ島での旅行記をお伝えしています。昨年のツーリズムEXPOでペア宿泊券(2泊)が当選して、前回は広大なアヤナ リゾート&バリ スパ内のさんぽの模様をお伝えしましたが、今回は滞在中に行ったホテル内のレストランを紹介します。

サミサミでイタリアンランチ

イタリアンレストランの「サミサミ」
到着日のランチに向かったのは、メインプールのすぐ近くにあるイタリアンレストランの「サミサミ」へ。

インド洋が目の前に広がるオープンエアな雰囲気です。

SPONSORED LINK

サミサミ

気温が高い日でしたが、屋根の下は風通しが良くてリゾート気分満喫(^^ )

カルボナーラと窯焼きのマルガリータ

カルボナーラ(約1,200円サービス代税別)と窯焼きのマルガリータ(約1,000円サービス代別)のピッツァが美味しかった!

営業時間:11:00 〜 23:00(ランチ & ディナー)

サンセットを眺めながらシーフードディナー「キシック」

キシック

夕食はシーフードバー&グリルの「キシック」へ。

こちらはアヤナリゾート&スパの名物バー「ロックバー」に次ぐ人気レストランなので事前に予約して行きました。

キシック

レストランへは石の階段を降りて向かいます。

キシックからの夕焼け

「キシック」はインド洋に沈む夕日を見ながらディナーが楽しめます。なんていい光景!

キシック

こちらのレストランもオープンエア!

砂浜が敷き詰められていて、

隣には人気のロックバー

隣には人気のロックバーが見えます。

ロックバーはクラブDJがいて、ずっと音楽を流しましたが、こちらは波の音がBGM。

バリハイビールで乾杯

まずはインドネシアのバリハイビールで乾杯しましょ(^^ )

大きなロブスター

こちらのレストランでは、地元の新鮮な魚介類を量り売りで自分で選ぶことが出来ますよ!

大きなロブスター!

新鮮なシーフード

氷のショーケースには新鮮なシーフードが並びます。

大きなロブスターや魚はその場でグリルされてテーブル

大きなロブスターや魚はその場でグリルされてテーブルへ。

ロブスターはぷりっぷり。魚や大海老のグリルも美味しかったです!

シーフード料理以外はサラダやスープなどが付いてきました。

ちなみに料金はこの日は2人で約14,000円ほどでした(サービス代税込み)

バリ島のサンセットが眺められる

キシックからの雄大な夕焼け

インド洋に日が沈み、夕焼けが空と海を赤く染め上げます。この景色を見るだけでバリに来てよかった〜!と思えるほど美しい景色でした。

ちなみにここから見える桟橋は「キシックピア」と呼ばれる洋上のウェディング会場。式を挙げたカップルはここで特別なディナーが食べられるそうですよ!

営業時間:17:30 〜 23:00(ディナー)

辻利(ダマールテラス)

辻利(ダマールテラス)

ディナーが終わる頃にはすっかり夜もふけて夜のさんぽをしながら向かったのがダマールテラスにある「辻利」。

そう、京都宇治の「辻利」がこちらのホテルに出店しているんです。

「ゆず」のかき氷/ダマール

辻利といえば抹茶ですが、この日は「ゆず」のかき氷(約1,000円サービス代税別)をオーダー。

白玉きなこ黒蜜も付いてきます。

ラテセット/ダマール辻利

こちらは抹茶のミニかき氷、抹茶ソフトクリーム、抹茶シフォンケーキ、白玉きなこ、アイス抹茶ラテが楽しめるラテセット(約1,150円サービス代税別)。

こちらは深夜0時まで営業しているので今回はデザート代わりに来ましたが、昼下がりのティータイムにも良さそうなテラスでした。

営業時間:11:00 〜 24:00(ランチ・ディナー)

朝食はブッフェ形式の「パディ」

レストラン「パディ」

一夜明け、朝食へ。

朝食会場は鯉が泳ぐ池に囲まれたレストラン「パディ」でブッフェスタイルの朝食がいただきますよ。

レストラン「パディ」

レストランは茅葺屋根の開放的な空間です。

レストラン「パディ」

テーブルからは池の鯉が泳ぐ姿を見ながら食事できました。

世界各地の料理が食べられる

レストラン「パディ」

レストラン「パディ」

こちらのブッフェでは地元、インドネシア料理はもちろん、西洋スタイル、和食、中華、タイ料理、インド料理など世界各地の料理が取り揃えてあります。

パディ

レストラン「パディ」

新鮮なフルーツもたくさん!

レストラン「パディ」

パンもかなりの種類がありました。

レストラン「パディ」

レストラン「パディ」

フレッシュなヤシの実ジュースがいただけるコーナーも。

インドネシア料理やナシゴレン、ミーゴレンなど

インドネシア料理やナシゴレン、ミーゴレンなど日本人にも馴染み深い料理もありました。

中華コーナー

中華コーナーも充実。

インドのカレーも充実

インドカレーのコーナーも。

ナシゴレンを中心に和洋折衷の朝食

朝はナシゴレンを中心に和洋折衷の朝食をいただきます!

とにかく種類が豊富なので何泊しても飽きがこなそうですね。

営業時間:6:30 〜 10:30(朝食)18:30 〜 23:00(ディナー)

スパカフェ

スパカフェ

ランチは「テルムマラン バリ スパ」にある「スパカフェ」へ。

こちらではオーガニックな食材を使ったカフェメニューが人気です。

スパカフェ

オープンエアなレストランが多いアヤナリゾートですが、こちらは屋内にあり、エアコンもしっかり効いていて居心地もいい感じ(^^ )

バナナスムージー

まずはバナナスムージー(約610円サービス代別)をいただきます。

バジタブルバーガー

嫁さんは豆で出来たパティを焼いたヘルシーなバジタブルバーガー(約770円サービス代別)。

バンズは黒米で出来てるそうです。

スイートコーンパンケーキ

僕はスイートコーンパンケーキ(約650円サービス代別)。ペースト状にしたカシューナッツやアスパラやブロッコリーなどローストされた野菜が乗っていてこちらもヘルシーなパンケーキでした。

営業時間:11:00 〜 20:00(ランチ & ディナー)

和食が楽しめる「本膳」

本膳

和食が恋しくなって来た方には和食レストランの「本膳」がおすすめ。

本膳

寿司、鉄板焼き、焼き肉、丼ものなどが楽しめますよ!

カルビクッパ

この日は夜食で行きました。カルビクッパ美味しかったです!

営業時間:11:30 〜 14.30(ランチ)17:30 〜 22.00(ディナー)

ダヴァではオーダー形式の朝食が楽しめる

ダヴァ

僕らが宿泊した「アヤナ リゾート&バリ」の朝食会場は先ほど紹介した「パディレストラン」ですが、こちらはヴィラタイプの「ザ ヴィラズ アット アヤナリゾート」宿泊者の朝食会場「ダヴァ」。

通常、こちらでの朝食は、ヴィラの宿泊者のみしか利用できませんが、朝食込みプランでヴィラタイプ以外に宿泊している人でも1人1回につきUS$5(21%税サービス別)を支払えば、こちらのレストランを利用できると知って最終日の朝食はこちらを利用しました。

ダヴァ

夜は熟成肉のステーキやシーフードグリルなどが楽しめるレストランです。

少し小高い丘にあるので、インド洋の海も望めます。

ダヴァ

お供え物を伺う小鳥のさえずりを聞きながら席へ。

ダヴァ

店内席と屋外テラス席がありますが、この日は日陰になっているテラス席に通されました。

ちなみに屋内席もエキゾチックな雰囲気です。

アラカルトの朝食メニューからオーダーできる「ダヴァ」。まずは目覚めのグァバジュースを一杯。

パンは随時、いろんな種類を持ってきてくれます。ジャムやマーマレードも3種類ありました。

スモークサーモンのエッグベネディクト

スモークサーモンのエッグベネディクト

僕はスモークサーモンのエッグベネディクトをチョイス。良い焼き具合(^^ )

ダヴァの和定食

嫁さんは和定食をオーダー。

焼き鮭に卵焼き、納豆と日本人好みでご飯も美味しかったそうです。

パンはいろんな種類を持ってきてくれました。右はアサイーフルーツボール。

トロピカルフルーツ盛り合わせ

デザートは季節のトロピカルフルーツ盛り合わせ。

朝からビタミンフルチャージ!

嫁さんはフレンドリーなスタッフさんと一緒に鯉に餌やりしていました(^^ )スタッフのみなさんのホスピタリティあふれる気遣いがすごく良くてゆったり朝食を楽しめましたよ!

営業時間:6:30 〜 10:30(朝食)18:30 〜 23:00(ディナー)

まとめ

ということで今回はアヤナ リゾート&バリ スパ滞在中に行ったホテル内のレストランを紹介しました。

ホテルの敷地内には19ヶ所のレストランとバーがあり、まだまだ紹介してないところもたくさんあるので、1週間滞在など長期滞在でも楽しめると思いますよ!

今回は2泊3日の滞在でしたが「また行きたい!」と思えるほど、景観の素晴らしさ、スタッフのみなさんがとても丁寧でホスピタリティあふれる接客がとても心地よかったです。スタッフの皆さんトゥリマカシー!(ありがとうございました!)

次回はバリ島で人気の伝統芸能「ケチャックダンス」を観に行きます!

「アヤナ リゾート&バリ スパ」の宿泊予約サイトはこちら!

H.I.S 楽天トラベル エクスペディア

あわせて読みたい