パークホテル東京で秋一色のアフタヌーンティーを楽しんできた!

アフタヌーン大好き、東京散歩ぽです!

今回は先日お伝えした汐留にある「パークホテル東京」25階のレストラン「アートカラーズダイニング」にて、2022年9月1日~11月30日まで開催中の「秋のホテルアフタヌーンティ」を楽しんで来ましたので、その模様をお伝えします!

書籍「東京の懐かしくて新しい暮らし365日」試し読みページ

ホテル25階の「アートカラーズダイニング」へ

「パークホテル東京」のロビーフロア(25階)にある「アートカラーダイニング」へやってきました。

館内に常時400点以上のアート作品が展示されているこちらのホテル。レストラン内にもいくつもの作品を展示しています。

アフタヌーンティーのメニュー

アフタヌーンティーのメニュー

この日は事前予約制の「秋のホテルアフタヌーンティー(2時間制・通常1人6,000円税サ込)」をプライベートで楽しみました。

ドリンクメニューはこちら!

アフタヌーンティーということで、紅茶はロサンゼルス発のオーガニックティー「ART OF TEA(アートオブティー)」から厳選された紅茶やフレーバーティー、ハーブティーなどがいただけます。カフェインレスの紅茶もあるのもうれしいですね!

SPONSORED LINK

秋のホテルアフタヌーンティー

窓側の席は見晴らしもgood

窓側の席は見晴らしもgood

この日は「一休レストラン」から予約したため、窓側の席で乾杯ドリンクが1杯ついてました。

通常はスパークリングワインがついてきますが、僕らはお酒が弱いのでアップルジュースとコーラで乾杯。

まずは国産小麦粉を使用した2種類の自家製スコーンと自家製ジャムが登場。

温かなスコーンはプレーンタイプとカボチャをつかったスコーン。

自家製フルーツジャムとクロテッドクリーム。

中央はほうじ茶を使ったクリームでスコーンとの相性ばっちりでした。

スコーンをいただいている間に紅茶が到着。

まずはオーガニックのダージリンとアールグレイをひとつずつ。

量はティーカップ2杯ほどなので、これならいろんな紅茶を楽しめそうです。

いよいよメインが3段のハイティースタンドに乗って到着!これは美しい(^^ )

一皿ずつ見ていきましょう。

まずはお食事。

下段はミニハンバーガー バーベキューソース、きのこと胡桃、ブルーチーズのオープンサンド、本日のシャルキュトリー。

ミニハンバーガーはひと口サイズですが、パティがボリューミーで満足度高いです。

中段からはスイーツのオンパレード。

栗とコーヒーのケイク、無花果と胡麻のミニタルト、白葡萄のマカロンの3品。

白葡萄のマカロンは口溶けまろやか。おいしかった〜!

おかわりは「オーガニック アップルパイ」という紅茶をいただきました。

リンゴとシナモン、ジンジャーなどが入った香り高い味わいです。

上段は秋一色!

桃とブランマンジェのヴェリーヌ、紅玉のボックスパイ、栗とカシスのモンブラン、スパイス香るスイートポテトの4品です。

もみじに見立てたモンブランや、きのこの形をしたスイートポテトなど、ひとつひとつ丁寧に作られているだけでなく、見た目もかわいくておいしい!

秋一色のアフタヌーンティーは楽しいひとときでした。ごちそうさまでした〜!

ランチタイムもおすすめ

クラブハウスサンドイッチ

僕は「クラブハウスサンドイッチ」

こちらの「アートカラーズダイニング」。

少し前にブロガー仲間のayanさんとUKOARAさんとお食事したんですが、ランチメニューもすごくおいしかったです。

嫁さんは「ビーフシチューオムライス」

嫁さんは「ビーフシチューオムライス」

落ち着いた雰囲気の中、ランチタイムを楽しみました!

ちなみにアートカラーズダイニングのすぐお隣はバー「The Society(ザソサエティ)」になっていて、夜は300種類ものウイスキーが楽しめるそう。

こちらはUKOARAさんの記事をご覧ください。

ということで「パークホテル東京」25階のレストラン「アートカラーズダイニング」でアフタヌーンティーの模様をお伝えしました。

前述しましたがパークホテル東京は、館内に常時400点以上のアート作品が展示されていて、アーティストのみなさんが手掛けたアーティストルームもおすすめですよ!

先日、体験取材してきましたのでその模様はこちらをご覧ください!

アートカラーズダイニング

所在地:東京都港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワー25階
予約サイト:公式サイト   一休レストラン

あわせて読みたい