【聖蹟桜ヶ丘】「耳をすませば」の聖地を巡るスタンプラリーさんぽ

ジブリ大好き夫婦、東京散歩ぽ(@tokyosanpopo)です(・∀・)

今回、ご案内するのは聖蹟桜ヶ丘。ジブリ映画「耳をすませば」の舞台になったこちらの駅前には案内マップや劇中に出てきたあの建物のモニュメントが。

自然あふれる多摩丘陵を登る、ロケ地巡りのスタンプラリーさんぽをしてきました。

IMG_7211

SPONSORED LINK


朝顔市には年1回の「青春のポスト」ご開張も

この日は七夕の前日。

聖蹟桜ヶ丘駅前では恒例の朝顔市とふるさと多摩夏まつりが開かれていました。

IMG_7206

駅前には1100鉢の朝顔がずらり!これだけ並ぶと壮観です^^

入谷の朝顔市を思い出すなあ〜^^

IMG_7205

赤、青、紫に彩られた朝顔。ほとんどがひと鉢1,500円で販売されてましたよ!

IMG_7207

綺麗な朝顔が広がる西口広場にはジブリ映画「耳をすませば」のモデル地案内マップが立てられています。

こういうのはファンにはたまらない演出ですよね^^

IMG_7209

案内マップの横には映画内に出てくる「地球屋」をかたどったモニュメント「青春のポスト」が立てられています。

IMG_7208

こちらのポストは郵便ポストではなく「青春を見守るポスト」。

夢や目標をカードに書き綴って投函して、もし夢が叶ったらその報告を綴って再び投函してほしいという祈りがこめられたポストです。地元桜ヶ丘商店会連合会とファンの有志の方が昨年春に立てました。

うん、素晴らしい^^ 夢や目標は口にしたり自分で書き綴ればその方向に向かって意識付けになるし、このポストに投函する事によってこのポストの前を通ったり「耳をすませば」の映画を見たときのリマインダーにもなりますよね^^

このアイデア考えた方、なかなか奥が深いなあ〜

IMG_7231

なんて思ってたら、この日は朝顔市イベントの一環で、この日限定で「青春のポスト」の中を見れる年に1回の「ご開張」の日でした。モニュメントの中ってどうなってるんだろう?

IMG_7234

ポストの背面が外されて、裏側からご開張を見る事ができます。

背面に飾られてる本棚、置き時計。期待度高まるっ!

IMG_7222

裏側に廻ると、なんと地球屋の内部は家具や椅子が事細かにミニチュアで再現されているじゃないですか!これはすごい!

許可を頂いて写真撮影させて頂きました^^

下の段には青春のポストに投函された願いが厳重に保管されていましたよ。みんなの願いが叶うといいなあ。

IMG_7225

ミニチュアはとても精巧に作られていて、窓際に机の上にはヴァイオリンが!

劇中、主人公(月島雫)が恋するヴァイオリン職人を目指す中学生(天沢聖司)が作ったものかな^^

IMG_7224

テーブルに置かれた花瓶や小物も細かい!

ロッキングチェアーの木の質感も見事に再現されています。

IMG_7228

窓の手前の机には本と眼鏡が。主人公が書き上げた小説を地球屋のご主人が読むシーンありましたね。

地元の方でもなかなか見られない年1回の貴重な「ご開張」でした^^

さあ、この後は実際に「耳をすませば」の舞台を歩くスタンプラリー散歩に行きましょう!

IMG_7242

まずはスタンプラリーのマップを手に入れます。

マップは案内マップが立てられている左手奥、京王ストア1階外にあるこちらのエスカレーターで2階に上がります。

IMG_7235

2階に上がると京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターA館のこちらの入り口を入ってすぐ右手に入ると…

IMG_7236

こんな感じでスタンプ台が置いてあります。下のファイルの中にスタンプラリー用のマップが備え付けてありました!

こちらのサイトからはPDFでダウンロードできます。

–耳をすませば」のモデル地・・・ 聖蹟桜ヶ丘訪問記念 風景スタンプ が出来ました。– ☆☆せいせきshop.com☆☆ IMG_7237

こちらがスタンプラリーのマップ。さっき青春のポストの隣にあった案内マップと同じモデルです^^

ここ聖蹟桜ヶ丘駅前スタンプをはじめ、3カ所のスタンプを集めます!

IMG_7239

3カ所目のノア洋菓子店は日曜・祝日・年末年始はお休みなので注意してくださいね!

(ノア洋菓子店のスタンプ設置時間は午前10時〜午後7時まで)

IMG_7240

まずはこちらで1個目のスタンプ「せいせきの風景 聖蹟桜ヶ丘駅前」を押して、さあスタンプラリーに出発しましょう。

片道1.5kmほどですが丘陵を登るので、動きやすい服と靴で行く事をおすすめします。

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ