【河津を御朱印さんぽ】ダイナミックな河津七滝に感動!かっぱ寺で不思議体験して来た #伊豆急に乗ろう 後編

下田ロープウェイ

SPONSORED LINK

こんにちは、東京散歩ぽです!
伊豆急行株式会社さんのお招きで一泊二日の東伊豆の旅に行ってきました。
初日の宿「ホテル伊豆急」さんを後にして、2日目は下田・河津エリアを巡ります。
まずは伊豆急下田駅からほど近い、寝姿山に下田ロープウェイで登ります。

下田ロープウェイ

「下田ロープウェイ」往復乗車券

下田と寝姿山の山頂を約3分で結ぶ「下田ロープウェイ」。

往復乗車券は大人1,030円・小人510円(小学生)です。

下田ロープウェイ

かわいいサイズ!と思いきや意外と20〜30名は乗れるロープウェイに乗って寝姿の山頂へ!

寝姿山ロープウェイで一気に山頂へ🚡 #伊豆急に乗ろう #下田

東京散歩ぽさん(@tokyosanpopo)がシェアした投稿 –


↑ロープウェイのタイムラプス動画がこちら!
一気に寝姿山山頂へ一直線!いい眺め(^^ )

山頂駅のお土産売り場からは下田港が一望できます!

ペリーが来航した下田港を一望!

展望台からは下田港が一望 展望台からは下田港が一望

展望台からは下田港が一望!

今から163年前の1854年(嘉永7年)の3月、ここ下田港に7隻の黒船が来航し、日本が開国するきっかけとなる日米和親条約が結ばれたんですね。

縁結びのパワースポット「愛染堂」

愛染堂

展望台から少し上がったところには聖徳太子が建立した法隆寺の夢殿の2/3サイズで再現したお堂「愛染堂」がありました。

御本尊「愛染明王」は鎌倉時代初期の仏師運慶の作と言われていて、縁結びのパワースポットとしても人気がありますよ!

お堂の横には「和み玉」(1回4玉200円)を発見。

その「和み玉」の隣にあるWの輪っかを通すと「和」が完成して、その奥の石に当てると更に「和」が深まるそうです。実際に投げてみると、輪っかは通したものの石には当てられず。なかなか難しい(^^;)

愛染堂からの帰り道にはこんな砲台場

愛染堂からの帰り道にはこんな砲台場も。

綺麗なエメラルドグリーンの海。大きな黒船が来た時には当時の人はさぞ驚いたことでしょうね。日本の歴史のターニングポイントとなった下田湾を一望できる寝姿山でした。


SPONSORED LINK

伊豆急下田駅

再び下田ロープウェイで降りて、伊豆急下田駅へ。

キンメコロッケ

駅前の売店で買ったキンメコロッケ!白身がたくさん使われてて美味しかった(^^ )

伊豆急リゾート21

伊豆急下田駅から「リゾート21」に乗って一路、河津桜で有名な河津駅へ向かいます。

こちらの真っ赤な列車は「キンメ電車」と呼ばれているそうです。

座席シートにもキンメ 座席シートにもキンメ

ミニくまちゃんとキンメシートのリゾート21に座って河津へ向かいます! #伊豆急に乗ろう #伊豆 #下田

東京散歩ぽさん(@tokyosanpopo)がシェアした投稿 –

座席シートにもキンメが施されていて、かわいいキンメ電車。

河津駅は伊豆急下田からは急行で約11分ほどで到着します。

河津駅からサイクルラックバスに乗って

川端康成の小説「伊豆の踊り子」の舞台として知られる河津 サイクルラックバス

川端康成の小説「伊豆の踊り子」の舞台として知られる河津へ。河津駅からはサイクルラックが付いていて車内と合わせて3台を収容できる東海バスに乗って、河津七滝(ななだる)を目指しますよ!

天城路フリーパス 天城路フリーパス

バスは河津駅から河津七滝、修善寺温泉、修善寺駅までの2日間乗り放題の「天城路フリーパス」(大人1,900円 小人950円)がお得です。

6年ぶりに開放!河津七滝の「大滝(おおだる)」

河津七滝の「大滝(おおだる)」への道

河津駅からバスで約25分。ここ、河津七滝はその名の通り「大滝」「出合滝」「かに滝」「初景滝」「蛇滝」「海老滝」「釜滝」という7つの滝が見られるスポットです。

その中でも高さ30mの大滝は2011年の台風被害により、滝までの遊歩道がこれまで通行止めになってましたが、今年8月に復旧工事が完了。6年ぶりに大滝までの遊歩道が開通しました。

綺麗に整備された遊歩道

綺麗に整備された遊歩道を歩くこと数分、

伊豆半島最大級の大滝

ものすごい轟音を立てて流れ落ちる伊豆半島最大級の「大滝」が見えてきました!

かなりの水量の滝です!これはでダイナミック(^^ )

出合弁財天

こちらは大滝の裏側にある2つの滝が合わさる「出合滝」。その側にある「出合弁財天」は恋愛成就の神様として、お参りに来る方も多いとか。この時はちょうど虹がかかってめちゃくちゃ綺麗でした!

柱状節理

この辺りは25,000年前に噴火した「登り尾南火山」から流れ出した溶岩が谷に流れ込み、収縮した時にできる「柱状節理」と呼ばれる六角形の岩を多く見ることができます。自然の偉大な力をここ河津七滝で見ることができました。

泣かせ隊食堂で1日10食限定の「わさび丼」をいただきます!

1日10食限定の「わさび丼」

お昼は河津七滝のバス停前にある「泣かせ隊食堂」さんでは1日10食限定の「わさび丼」(600円)がいただけます。

鰹節がたっぷりかかった丼に自分で擦り下ろした生わさびを乗せていただく「わさび丼」。セットでお味噌汁にお新香、手羽先、ところてんがつきますよ!

1日10食限定の「わさび丼」

生わさびは1人1本!擦り下ろして丼に乗せましょう。

たっぷりわさびを乗せて

たっぷりわさびを乗せて、醤油をたらりとかけ、よくかき混ぜていただきます。

恐る恐る食べてみると・・・ん!!意外と辛くない!わさびの香りがちょうどいい塩梅です。

残りはお出汁をかけてお茶漬けで

半分食べたところで残りはお出汁をかけてお茶漬けで最後までさらっと食べられちゃう「わさび丼」。なかなか美味しかった(^^ )

河津七滝ループ橋

ちなみに河津には河津七滝ループ橋というクルクル回る巨大な2重のループ橋があり、春には河津桜が綺麗な見られるそうですよ!

かっぱ寺「栖足寺(せいそくじ)」へ

栖足寺(せいそくじ)

再び、河津駅へ。駅から車ですぐの栖足寺(せいそくじ)さんへやってきました。

通称「かっぱ寺」

お寺の前には甕を持った河童が!ここは通称「かっぱ寺」としても有名なお寺です。

守りの井戸 守りの井戸

栖足寺さんのお堂の前には「守りの井戸」という井戸があります。

守りの井戸

その昔、お寺の裏に河童が住んでて里人に悪さをしていたのだとか。その後、里人が懲らしめているいるのをこちらのお寺の住職が助け出したという言い伝えがあるそうです。その河童が逃げ込んだというのがこちらの「守りの井戸」。

「守りの井戸」にはおまじないした水難お守りの石があり、無料でいただけます。

お守りを入れる巾着

お守りを入れる巾着もいただいちゃいました(^^ )ご利益ありますように。

天井には99枚の家紋

お堂に入ると天井には99枚の家紋の原型と言われる植物画が見られます。

ギャラリー河童

ギャラリー河童では多くの河童にまつわる品々が展示されてました。

河童の甕から不思議なせせらぎ音が!

河童の甕

住職がもってきた「河童の甕」はその助けられた河童が住職にお礼として渡したものが今に伝わる貴重な壺。

住職曰く、壺に耳を当てると奥の方に水のせせらぎの音が聞こえるんですって!

河童の甕

河童の甕のせせらぎ音を聞くくまさんを見上げるミニくまちゃん

順番に耳を当てて中を聞いてみると、確かに壺の奥底(かなり深く感じる)に水が静かに流れ落ちる音が!!

何も入ってないのになんで!?この不思議体験、お寺で是非チャレンンジしてみてくださいね!

かっぱ寺の栖足寺さんの御朱印 #伊豆急に乗ろう #御朱印 #御朱印さんぽ #御朱印巡り

東京散歩ぽさん(@tokyosanpopo)がシェアした投稿 –


↑栖足寺さんで最後の御朱印をゲット!河童が描かれててカッコいい!

かわいいアメちゃんと住職

かわいいアメちゃんと住職

そんな栖足寺のご住職と愛犬「アメちゃん」に別れを告げて、次のスポットへ!

ローズガーデン「河津バガデル公園」

河津バガデル公園

栖足寺から車で数分の「河津バガデル公園」にやってきました。

2001年にパリ・バガデル公園の姉妹園としてオープンしたこちらの公園では3ヘクタールの広大な敷地に1,100品種、6,000株の可憐なバラを見ることができます。

オルテンシアでミニブーケ作り体験

オルテンシアでミニブーケ作り体験

その河津バガデル公園で人気のフルール&カフェ「オルテンシア」さんでミニブーケ作り体験に挑戦しました。

わさびを使ったローストビーフベーグルや薔薇のドリンク

こちらのカフェではお花とともにわさびを使ったローストビーフベーグルや薔薇のドリンクなどがいただけるカフェです。

フラワーアーティストの後藤清也さん

フローリストの後藤清也さん

こちらのオーナーを務めるイケメンフローリストの後藤清也さんからミニブーケの作り方を教わります!

鮮やかなミニブーケ

後藤さんに教えていただきながら、わずか数十分でこんなに鮮やかなミニブーケが完成!嫁さんへのお土産になりました(^^ )

月に数回、後藤さんが教えてくれるフラワーアレンジメント教室があるそうなので詳しくはお店をFacebookページをご覧くださいね。

御朱印さんぽの表紙は後藤さんデザイン

御朱印帳

今回の伊豆旅で御朱印帳の表紙はなんと、後藤清也さんがデザインしたそうなんです。なんて多彩な!

御朱印帳

河津桜のが見える伊豆海で金目鯛が勢いよく跳び上がる!東伊豆の見所を凝縮したデザインの御朱印帳はこちらのお店でも1,080円税込で販売してますよ!

帰路はスーパービュー踊り子号に乗って

帰路は河津駅からスーパービュー踊り子号に乗って、伊豆の海を眺めながら約2時間半で新宿へ。港月堂さんの「チーズどら焼き」をパクついて2日間の東伊豆・河津を巡る旅は終了しました。

古の海底火山が作り出した伊豆半島は、都心よりも温暖な気候で日本の歴史の転換点も多い魅力的なスポットでした!今回の旅で、それぞれのお寺の個性的な御朱印をいただいてちょっとハマってしまいそう(^^ )

「御朱印さんぽ」が2018年に東伊豆・河津で開催!

御朱印さんぽ

東伊豆観光協会と河津観光協会では2018年1月から11月まで、神社仏閣を回って御朱印を集めながら名所を巡る「御朱印さんぽ」がスタートします。

「東伊豆編」19施設と「河津編」18施設が参加する「御朱印さんぽ」。今回ご紹介したフルール&カフェ「オルテンシア」さんではパンフレットを提示すると御朱印さんぽ特別メニューが食べられるそうです。2018年2月10日(土)~3月10日(土)には「第28回河津桜まつり」が開催を予定していますよ!

河津桜を見ながら御朱印巡りするのも楽しそう!

#伊豆急に乗ろう 関連記事

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ