【ホテルユニゾ銀座七丁目】レディース専用フロアがある女性に優しいホテル

綺麗なホテルが好きです東京散歩ぽです。
2016年6月20日(月)にグランドオープンする「ホテルユニゾ銀座七丁目」の内覧会を取材してきました。
最上階にはレディースフロアなど、女性は利用しやすい設備が整ったホテルになってますよ!

銀座駅から徒歩5分

ホテルユニゾ銀座七丁目前

SPONSORED LINK

最寄りは東京メトロ銀座駅(A3出口)または東銀座駅(A1出口)から徒歩5分。JR新橋駅、ゆりかもめ「新橋」駅から徒歩6分のところにあるこちらが「ホテルユニゾ銀座七丁目」です。1階の入り口には後述する朝食会場のレストラン「GOURMAND GRILL &CAFE GINZA」が併設されてますよ!早速入ってみましょう。

ホテルユニゾ銀座七丁目

1階ロビーは白を基調にしたシンプルなフロア。

まずは13階のレディースフロアへ行ってみます。

13階レディースフロア

ホテルユニゾ銀座七丁目

最上階の13階は女性専用のレディースフロアになってます。

オープン後は宿泊者はもちろん、スタッフも女性以外は入ることは出来ません。今回はオープン前の内覧会ということで特別に入ることができました。

レディース専用ラウンジ

ホテルユニゾ銀座七丁目

レディースフロアにはこちらの階のみにある女性専用の「レディースラウンジ」があります。(利用は午前6時から深夜0時まで)

IMG_5451

レディースフロアにはこんな卵型のソファが。嫁さん座っとる(^^;)

ホテルユニゾ銀座七丁目

こちらのフロアにあるチェアーは全て色や形が違うものが用意されてます。

ホテルユニゾ銀座七丁目

棚には銀座七丁目から徒歩で行けるお店の商品のディスプレイもあります。

ホテルユニゾ銀座七丁目

レディースフロアに宿泊する方には京都の「信三郎帆布」で作られたルームナンバー入りのレディースバッグが利用できます。レディースバッグにはブランケット、マグカップ、コーヒーのセットが入っています。(紅茶やホットチョコレートの用意も有り)

ホテルユニゾ銀座七丁目

またこちらのラウンジには女性専用のランドリーコーナーも設置。コーヒーを楽しみながら、洗濯することもできますね。

レディースシングルルーム

IMG_5497 copy

続いてレディースフロアのシングルルームへ。各フロアのシングルルームも同じサイズです。

ホテルユニゾ銀座七丁目

都会的でスタイリッシュな雰囲気の客室。客室面積は14㎡、ベッドサイズは125cmの200cmです。ベッドはアメリカのサータ社との共同開発のオリジナルベッドです。

IMG_5505 copy

ベッド横には32インチの液晶テレビ。

ホテルユニゾ銀座七丁目

レディースフロアのシングルには先ほどのレディースバッグとともにジュエリーボックスが利用できます。

ホテルユニゾ銀座七丁目

デスクの中には有線LANとmicroUSB、Lightningケーブルなど多くの機種が利用出来る充電器は全室用意されています。

ホテルユニゾ銀座七丁目

デスクにはコンセントが2口、LANケーブルコネクタ。コンセントはズボンプレッサー用と空気洗浄機用、ベッド横にもコンセントが配置されて充電には困らなそう。

ホテルユニゾ銀座七丁目

全客室に冷蔵庫とズボンプレッサー。

ホテルユニゾ銀座七丁目 ホテルユニゾ銀座七丁目

セーフティBOXと空気清浄機も全客室に入っているのも嬉しい限り。ちなみに館内は喫煙所を覗いて全館禁煙です。

ホテルユニゾ銀座七丁目

こちらはベッドに座りながらノートパソコンなどを置いて作業することができるオリジナルのラップトップトレーも準備されてました。

ホテルユニゾ銀座七丁目

続いてバスルームへ。シングルルームとしてはとてもゆったりしたユニット式のバスルームです。

ホテルユニゾ銀座七丁目

バスタブは丸いデザインでゆったり入れそう。

ホテルユニゾ銀座七丁目 ホテルユニゾ銀座七丁目

アメニティはミニボトルのシャンプー、リンス、ボディソープ、ボディタオル、シャワーキャップ、歯ブラシ、シェイバー、シェービングクリーム、アフターシェービングローションと十分の品揃え。

レディースダブルルーム

ホテルユニゾ銀座七丁目

続いてレディースフロアのダブルルームへ。別フロアのダブルルームも同じサイズです。ベッドサイズは140cmx200cmと大きめのサイズで客室面積は14㎡とシングルルームと同じながら、そこまで広さの違いは感じません。

ホテルユニゾ銀座七丁目

ベッドの向かいに32インチ液晶テレビが配置。

ホテルユニゾ銀座七丁目

テーブルも作業しやすい広さです。

ホテルユニゾ銀座七丁目

バスルームもシングルルームと同じサイズ。アメニティは2組ついてきます。

ツインルームへ

ホテルユニゾ銀座七丁目

続いて12階のツインルームへ。総客室224室ある「ホテルユニゾ銀座七丁目」。ツインルームは19室あります。客室面積は19㎡でベッドサイズは110cmx200cm。とても広々とした印象のお部屋。

ホテルユニゾ銀座七丁目

ツインルームの液晶テレビは43インチと大きいサイズ。

ホテルユニゾ銀座七丁目

ベッド横にはソファも設置しています。

ホテルユニゾ銀座七丁目

ツインルームは2人利用が前提なので、コンセントも多めに配置してあります。

ホテルユニゾ銀座七丁目

バスルームはシングルルームやダブルルームよりも広めの設計。

IMG_5615 copy

バスタブの向かいにシャワー付きトイレが入り口と平行に設置されていて仕切りがあり、ユニットバス特有の狭さは感じませんでした。

ホテルユニゾ銀座七丁目

廊下の雰囲気はこんな感じ。次は1階のレストランへ行ってみましょう。

GOURMAND GRILL & CAFE GINZA

IMG_5656

朝食は1階ロビーから直結のレストラン「GOURMAND  GRILL & CAFE GINZA」で食べることができます。こちらは渋谷の「宇田川カフェ」さんと同じ会社が運営しています。(朝食は午前7時〜午前11時)

こちらでは和洋ブッフェが提供。エッグスラットやエッグベネディクトなどもいただけます。こだわりのスパイスを使ったキーマカレーやセルフで作るラーメンなどもあるとか。

IMG_5659 copy ホテルユニゾ銀座七丁目

宇田川カフェさんが運営してることもあって、コーヒーはなんと全てハンドドリップで提供。ハーブティーは季節のハーブティー12種類とともにティータイムにはミニケーキやマカロンなども楽しめるそうです。

ホテルユニゾ銀座七丁目

テーカップは蜷川実花さんがデザインした金魚のカップがかわいい。

午前11時から午後2時まではランチブッフェを提供。午後2時から午後6時まではティータイム。午後6時からはディナータイムとなりワインやオマール海老も楽しめるそうですよ!

1階ロビーカウンター横にはトイレ、喫煙室、自販機と製氷機、ランドリールーム(2台)、宿泊者専用のタブレットやノートパソコンの貸し出しも出来るそうです。

宿泊者専用Wi-Fiサービス

ホテルユニゾ銀座七丁目

もちろん全客室、宿泊者専用のセキュリティ機能付き無線Wi-Fiが無料で使用出来ます。

まとめ

ホテルユニゾ銀座七丁目

ということで「ホテルユニゾ銀座七丁目」の内覧会の模様をお伝えしました。銀座駅から徒歩5分という立地の良さに加え、女性専用のフロアがあるなど、女性にとても配慮が配られてました。今回の朝食ブッフェは見られませんでしたが、ハンドドリップのコーヒーは是非飲んでみたいな!

コンビニもホテルから徒歩1分のところにありました。観光はもちろん、ビジネスでの利用も十分。「ギンザシックス」もほど近く、世界的なショッピングタウン「銀座」を十分満喫出来そうなホテルですよ!

ホテルユニゾ銀座七丁目」は2016年6月20日(月)にグランドオープンです。

ホテルユニゾ銀座七丁目


所在地東京都 中央区銀座七丁目10番9号
アクセス東京メトロ 銀座駅・東銀座駅・新橋駅より徒歩にて約5分
電話番号03-5537-3489
駐車場情報無し
最安料金4,720〜

→楽天トラベルで予約する


楽天ウェブサービスセンター

おすすめの関連記事

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ