クリエイターズグリコ展が開催!堀井雄二さん、増田セバスチャンさんらが特別なおもちゃをデザイン

こんにちは、東京散歩ぽです。

池袋のサンシャインシティ「噴水広場」にて、2022年11月18日(金)から20日(日)までの3日間「クリエイターズグリコ展」が開催中。

初日のオープニングイベントとして、クリエイターズグリコに参加した10名のクリエイターズの中から堀井雄二さん、増田セバスチャンさん、坂井直樹さん、タツナミシュウイチさん、根津孝太さんが登壇しました。

書籍「東京の懐かしくて新しい暮らし365日」試し読みページ

クリエイターズグリコについて

「クリエイターズグリコ」は江崎グリコ株式会社が今年創立100周年を記念して発売される数量限定の特別商品です。

通常商品と同じく「キャラメル」と「おもちゃ」がひとつになった商品になっていて、おもちゃは漫画家や建築家、ゲームクリエイターなど、日本を代表する多種多様な10名の方々が「心の中にあるグリコ」を思い思いにデザイン。世界的なフィギュアメーカーの海洋堂が造形製作しました。

漫画家の大童澄瞳さんがデザインしたのはギアボックスも一から設計して、シンメトリーにこだわった「四駆ゼンマイ探検車」。

建築家の隈研吾さんは伝統的な架橋技術を現代に蘇らせ、地域に根ざす建築物のジオラマ「木橋ミュージアム」を製作。

SPONSORED LINK

イラストレーターのヒョーゴノスケさんは「牛若丸と弁慶五条大橋の戦い」を製作。

ゲームクリエイターで脚本家の日野晃博さんは「ジュエルエージェント・ベティレイ」を製作しました。

美術家の長坂真護さんは、先進国が投棄した廃棄物で作ったアート作品をリサイクルプラでミニチュア化した「リサイクルプラのミリーちゃん」を製作。

家族型ロボットクリエイターズグリコ
クリエイターズBOX電動バイク『zecOO』などを手掛けるクリエイティブコミュニケーターでデザイナーの根津孝太さんは「はたらくくるま」を製作しました。

根津孝太さん

根津孝太さん

根津孝太さんは「自分が大好きな重機をおもちゃにしようということで、デザインしました。最初にグリコさんからお話しがあった際にややフライング気味で書いて、最初のミーティングで書いて、海洋堂さんとのやりとりも楽しくて、絵を描いたものを立体化していくプロセスも非常に楽しみながら作りました」と振り返りました。

コンセプターの坂井直樹さんは絶滅危惧種レッドリストのマレーバク。

プロクラフターのタツナミシュウイチさんは「さわれるビジュアルプログラミング」を製作しました。

坂井直樹さん

坂井直樹さん

コンセプターの坂井直樹さんは「絶滅危惧種が気になっていて、この1年間で世界中で3万種の動物が絶滅してるんですね。そうしたこともあってマレーバクを選びました。足跡がスタンプになっています、ハンコ自体が絶滅危惧種なので二重の意味で作りました」とコメント。

タツナミシュウイチさん

タツナミシュウイチさん

プロクラフターのタツナミシュウイチさんは「立方体が大好きでして、僕が敬愛するゲームの基本の形がこのブロックなんです。その画面の中のものをリアルの世界に引っ張ってこれないかなというのが最初の考えなんです。いろんなものを組み合わせて遊ぶことの楽しさをやるきっかけになってくれれば良いなと思います」とコメントしました。

ドラゴンクエストシリーズを手掛けたゲームデザイナーの堀井雄二さんは「ぼうけんのへや」を製作。

きゃりーぱみゅぱみゅさんのMV美術や「KAWAII MONSTERS CAFE」などを手掛けた増田セバスチャンさんは「MYメリーゴーラウンド」を製作しました。

堀井雄二さん

堀井雄二さん

堀井雄二さんは「もともとジオラマが好きなので、冒険の絵を再現できればと思って作りました。壁と床は好きな組み合わせでフレキシブルに組み合わせできるので、自分でレイアウトしていろんな部屋をレイアウトできれば良いなと思います。小物を置くか悩んで、やっぱり宝箱や鎧は必要だろうと思ってつけました。いろんなパターンを楽しんでほしいです」とコメントしました。

増田セバスチャンさん

増田セバスチャンさん

増田セバスチャンさんは「小さい頃、浅草に行った時に回転木馬に乗った思い出があって、その頃からメリーゴーラウンドが好きなんです。いつか自分だけのメリーゴーラウンドを作ってみたいと思ってました。今回こういう機会をいただいて、自分だけのメリーゴーラウンドを作ってみたいということから発想して自分だけのメリーゴーラウンドを製作しました。海洋堂さんが出来ないものを作りたいと思ったんですが、全部できちゃうんですよ!透明な馬の中にカラフルなマテリアルを詰めているので、楽しみにしていただければと思います」をコメント。

小さい頃におはじきとか拾ってきた物を机の引き出しに入れてきたんですね。今日この展示を見て、これグリコのおまけだったんだ!と答え合わせが出来た感じがしたんです。今日来て人生の謎がひとつ解決できました。自分の記憶と照らし合わせながら見ていただければ」と見どころを話しました。

10名のクリエイターの皆さんは「グリコ」に共通した体験をお持ちで、今回製作されたおもちゃは皆さんの心の中にある「グリコ」の思い出や思いをそれぞれ形にしていて、見ているだけでも十分楽しめる作品ばかりでした。

江崎グリコ100年の歴史を振り返る特別展示「クリエイターズグリコ展」では、今回製作された10名のクリエイターによるおもちゃが展示されているほか、

大正時代から現代に至るまで、これまでのグリコの歴代のおもちゃ約500点がずらりと見られる貴重な展示です。

僕が生まれた昭和50年代のグリコのおもちゃは「キャラクターおもちゃ」が中心で懐かしさが満載。皆さんの世代のおもちゃが見つかるかもしれませんね。

会場ではクリエイターズグリコのほか、特別なケースに10種類のおもちゃ全が入った「コンプリートBOX」が先行販売されていました。

クリエイターズグリコ展

開催日:2022年11月18日(金)〜20日(日)
会場:サンシャインシティ 屋内イベントスペース「噴水広場」(所在地:東京都豊島区東池袋3-1-3 アルパB1)
観覧:入場無料
【公式】クリエイターズグリコ|江崎グリコ創立100周年記念商品

あわせて読みたい