今年で最後!ひまわりガーデン武蔵村山を見てきた!大輪のひまわりに元気をもらう

こんにちは、東京散歩ぽです!

今回は東京の西部、武蔵村山市へ。2022年7月23日(土)から8月14日(日)まで、武蔵村山市の「ひまわりガーデン武蔵村山」にて、ひまわり畑が期間限定で開催しています。今回は昨年撮影した写真を基にお伝えします。

書籍「東京の懐かしくて新しい暮らし365日」試し読みページ

今年で最後の「ひまわりガーデン武蔵村山」

案内図は昨年(2021年)のもの

案内図は昨年(2021年)のもの

入場無料の「ひまわりガーデン武蔵村山」へ。

多摩モノレール「上北台駅」から徒歩12分ほどのところにあります。南側には駐車場(1台300円)も完備されていました。案内図を見てみると、広い敷地内に多くのひまわりがたくさん植えられています。

毎年、約10万輪のひまわりが楽しめた「ひまわりガーデン武蔵村山」ですが、残念ながら今年度をもって開催終了とのことで、今年で見納めとなるそうです。

会場の一角には見晴台があり、少し上の視点から会場が見られますよ!

太陽のような大きなひまわりがたくさん!

東京でも屈指の規模のひまわり畑です。

SPONSORED LINK

「ひまわり迷路」の中を進んで行きます。

大人でも結構迷ってしまうので、子どもさんからの視点だとかなりの大冒険になりそうですね。

所々にベンチがあり、休憩しながらゆっくり回れます。

少し小ぶりのこちらのひまわりは「サンリッチレモン」。

淡い色合いのかわいいひまわりです。

大人よりも背丈が高くてかなり圧倒されます。

どこを切り取ってもフォトジェニックな「ひまわり」ばかり!

まさに夏が来たという風景が続きます。

たくさん写真を撮りましょう!

広々とした敷地内に所狭しと敷き詰められたひまわりを眺めていると思わず元気が出てきました。

今年で最後となるのはとても残念ですが、8月14日まで期間中見られるのでぜひ行ってみてくださいね!

書籍「東京の懐かしくて新しい暮らし365日」では、「笑顔咲くひまわり畑」(7月14日・105/365)として掲載しています。

東京の懐かしくて新しい暮らし 365日──巡りゆく日々の中で見つけたとびきりのお気に入りたち

東京の懐かしくて新しい暮らし 365日──巡りゆく日々の中で見つけたとびきりのお気に入りたち

東京散歩ぽ, 中川よしこ, 中川マナブ
1,699円(11/20 15:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

ひまわりガーデン武蔵村山

開園期間:2022年7月23日(土)~8月14日(日) ※開花状況によって変更となる場合があり
会場:東京都武蔵村山市緑が丘1460
開園時間:午前9時~午後5時※最終入園時間は午後4時50分
入園料:無料
駐車料金:1台300円
ひまわりガーデン武蔵村山」最新情報|武蔵村山市 公式ホームページ

あわせて読みたい