ハイキングの聖地「稲取高原」のすすきが光る!秋のハイキングツアーを体験してきた #東伊豆PR 

絶景から失礼します、東京散歩ぽです!

今回は東伊豆観光協会のご招待で2年ぶりに東伊豆へ。2021年10月8日(金)〜11月5日(金)まで「秋のすすきイベント」期間中に行われるイベント「稲取細野高原ハイキングガイドツアー」を体験してきました!

SPONSORED LINK

伊豆急に乗って「伊豆稲取駅」へ

「リゾート21」(通称:キンメ電車)

「リゾート21」(通称:キンメ電車)

東京駅から特急踊り子号で約2時間20分で行ける東伊豆ですが、今回は伊豆の熱川温泉に前泊して午前中から活動開始。伊豆急行線では、普通乗車券だけで乗車できる「リゾート21」(通称:キンメ電車)に乗って、一路「伊豆稲取駅」へ。

稲取細野高原ハイキングガイドツアーを体験

伊豆稲取の観光地「稲取細野高原」では、2021年10月8日(金)〜11月5日(金)まで「秋のすすきイベント」が開催されます。(※雨天中止)

今回は、10月17日(日)に開催予定の「稲取高原 秋のハイキングガイドツアー」(※事前予約制)をひと足お先に体験してきました。

イベント期間中は土休日のみ、伊豆稲取駅前から稲取細野高原行きの路線バス(有料)が運行しています。この日は伊豆稲取駅前からタクシーで約15分の「稲取細野高原 第1駐車場」前にある細野高原イベント広場へ。こちらの小屋で、まずは検温、手指消毒した上で、マスク着用など、感染予防策を十分行って開催されました。

参加者には、東伊豆の公式ミネラルウォーター「雛愛の水」と公式のしおり、稲取細野高原の詳細や、生息している植物が分かるハンドブックがいただけます。

この他、自分で準備するものとしては、ハイキングシューズ、長袖、長ズボン、帽子、急な雨に備えて、雨具なども用意した方がいいでしょう。いろんな虫もいるので、虫よけも事前にかけていくのも忘れずに。

小屋の近くには綺麗なトイレもあります。ハイキング途中にもトイレはいくつかありますが、汲み取り式なので、まずはこちらで用を足してから行くのがおすすめ。

稲取細野高原のハイキングコースマップ

稲取細野高原のハイキングコースマップがこちら!

地図下側にある「現在地」をスタートに3つのコース(30分コース約1.5km/65分コース約3.5km/140分コース約6.5km)がある中、今回のガイドツアーでは、三筋山の山頂(標高821m)を巡って稲取細野高原をぐるっと一周する約6.5kmの「140分コース」に挑戦します!

伊豆半島ジオパーク認定の最年少ガイドがご案内

伊豆半島ジオパーク認定の最年少ガイドの藤田 翔さん

伊豆半島ジオパーク認定の最年少ガイドの藤田 翔さん

今回のガイドツアーはこちらの藤田 翔さんがガイドしてくださいます。藤田さんは東京都出身の23歳。自然が大好きで自然の専門学校を卒業後、2年前に東伊豆町の地域おこし協力隊に所属する伊豆半島ジオパーク認定の最年少ガイドなんです。

ハイキングツアーに出発!

ということで「稲取高原 秋のハイキングガイドツアー」に出発!まずは、なだらかな山道を登っていきます。

SPONSORED LINK

早くもすすきが広がる風景が見えてきました。

この辺りは静岡県指定文化財の「細野湿原」などの湿原がいくつか広がっています。山の上には風力発電機の風車がいくつも。ここは海も近くて、風がたくさん通り抜けるところなんですね。

藤田さんはモバイルスピーカーで話すので、解説も聞き取りやすい

藤田さんはモバイルスピーカーで話すので、解説も聞き取りやすい

ガイドの藤田さんは山の植物にめちゃくちゃ詳しくて、山中に生息している植物について、丁寧に解説してくださいます。

とれたての山椒!ちょっぴりかじってみると鮮烈な刺激でピリリと辛い!他にもアケビやガマズミなど、珍しい山の植物を数多く解説してもらいました。

ところどころに石清水が流れていて、流れる音を聞くだけでも癒やされます。

しばらく歩いたところで、広く開けたところにでてきました。こちらでちょっと小休憩。

振り返ると、これから登る山並みにはすすきがぎっしりと生い茂ります。

さて、ここからは一気に急な勾配を登っていきますよ!

登る途中のすすきがまたスゴイ!まるで銀色のじゅうたんの様です。

この景色を見ると写真を撮らずにはいられません。カメラは必須です!

すすきは所々に赤みを帯びていて、季節が進むに連れて彩りも変化していきます。

道路もしっかりと舗装されていて、とても歩きやすい!

もうすぐチェックポイントですよ〜!

イベント限定ランチをピックアップ

まもなく、三筋山の山頂近く。イベント当日はこちらにキッチンカーが出店していて、イベント参加者は限定ランチがいただけます。

出店しているのは、海が見える稲取の高台にある人気カフェ「Manas CAFE」さんのキッチンカー。

イベント参加者はメインのランチメニュー「ハムエッグボリュームサンド」と「レモンペッパーチキンBOX」の中から好きなランチをひとつとスペシャルドリンク「伊豆の思い出」がいただけます。

スペシャルドリンク「伊豆の思い出」

「伊豆の思い出」は、ブルーとイエローの色味が映えるスペシャルドリンク。

まるで、青い空とすすきを表しているかのようなこちらのスペシャルドリンク。

上のブルーはゼリーになっていて、下のイエローは伊豆特産のみかんを使用した「塩みかん」が入ってます。

ドリンクの上には東伊豆町の農家のお母さんたちが作ったドライフルーツとミントがトッピング。

グルグルとしっかりかき混ぜていただくと…おいしい!!塩みかんの甘酸っぱさとブルーのゼリーがほどよくカバーして飲みやすく、登山した体に染み渡っていきます。

さて、こちらでランチをピックアップして、もうちょっと登ると、絶景ポイントがあるので、そこでランチにしましょう!

めちゃくちゃ景色良くなってきた!

絶景ポイントでランチタイム

こちらが絶景ポイント!

うわああああ〜〜〜〜ナイスビューすぎる〜!

遥か遠くには、伊豆大島や利島、式根島、神津島など伊豆諸島の島々がくっきり確認できます。何回か東伊豆には来てますが、ここまでくっきり見えたのははじめて!

イベント時には、おしゃれなレジャーシートとクッションが点在してて、グループごとにしっかりと間隔を空けてランチできますよ!

ハムエッグボリュームサンド

ランチは「ハムエッグボリュームサンド」をチョイスしました!たっぷりの野菜にとろりとしたハムエッグ入った文字通りボリューミーな一品です。

また、カフェのご主人が沖縄出身ということでサーターアンダギーもいただきました(当日は5個入り500円で販売)。本場の方が作るサーターアンダギーはサクサク感が違う。こちらも美味しかったです!

一緒に参加したブロガーのアスカさんご夫妻も、絶景の中でお食事。これが最高に気持ちいいんです。

同じくブロガーのnoccoさんは、クッションに身を委ねてまったりとくつろいでます。この環境なら一瞬で眠りについてしまいそう。

東伊豆観光協会の方がおもむろにホウキにまたがってジャンプ写真を撮影していたので、僕も超久しぶりにジャンプ!

30分間のランチタイムはあっという間にすぎて、いよいよ三筋山の頂上へアタックです!

三筋山へラストスパート

さあ、三筋山へラストスパート。最後はこちらの山道を登っていきますよ〜!

登った上から先ほどの絶景ポイントが見られました。こんなところでランチを食べられるんなんて贅沢な体験だなあ。

三筋山の山頂へ

絶景ポイントから登ること10分足らずで三筋山の山頂(標高821m)に登頂しました。風が気持ちいい!

先ほどは小さく見えた風雨力発電の風車も間近で見るとものすごい迫力!この日は風が強いこともあって、直径45mの風車がぶんぶん回ってました。

すすきと風車と海と空。この4つが同時に見られるのは、なかなかありません!

山頂からはUターンして絶景を眺めながら下山していきます。

この日はお天気もよくて絶好のハイキング日和。すすきも風の赴くままに揺らいでました。

毎年2月に高原全体を野焼きするんですって。こうした景色は、町の人の努力によって年々守られてきているんですね。

ゴール!

無事、出発した小屋がある地点に戻ってきて「稲取細野高原ハイキングツアー」はこれにて終了です。

楽しかった〜!

当日の登山記録とルートがこちら!

途中、小休憩を入れながら三筋山に登頂して下山する約3時間30分の道のり(+ランチ休憩30分)でした。

藤田さんのガイドはわかりやすく、所々で小休憩を入れてくれるので、登山初心者の方でも安心して楽しめます!

ガイドツアーの料金は1人3,000円(入山料、昼食代、飲料水、ガイド料、保険料含む)。東伊豆観光協会HPの「稲取高原 秋のハイキングガイドツアー」の専用フォームから申し込めます!

ちなみに「稲取細野高原 第1駐車場」からすぐ近くにある「伊豆フライトハウス&ツリーハウス村キャンプ場」では、ベンガルワシミミズクやタカの手乗り体験(有料)も体験できます。

専用グローブをつけて、タカのカイくんとおさんぽ♪ おとなしいカイくん、自撮りもしっかりカメラ目線をいただきました!

稲取細野高原の大きさは125ヘクタールと箱根仙石原にあるススキの原のなんと7倍!

広大な稲取細野高原を彩る秋のすすきイベントに行ってみませんか?

お問い合わせ・提供:東伊豆町観光協会

稲取細野高原 秋のすすきイベント2021

開催期間:2021年10月8日(金)~11月5日(金)※雨天中止
開催時間:10:00~16:00
会場:稲取細野高原
公式サイト

あわせて読みたい