「鈴木敏夫とジブリ展」が神田明神で開催!千と千尋の湯婆婆&銭婆の開運・恋愛おみくじを引いてみた

鈴木敏夫とジブリ展

ジブリっ子です、東京散歩ぽです。
神田明神の文化交流館「EDOCCO」内の神田明神ホールにて、2019年4月20日(土)~5月12日(日)まで『鈴木敏夫とジブリ展』が開催。
早速、開催初日に行ってきましたので、今回はその模様をお伝えします!

神田明神へ

神田明神

JR御茶ノ水駅から徒歩5分。今回は創建約1300年の江戸の総鎮守「神田明神」へやってきました。

神田明神 文化交流館「EDOCCO」

神田明神の文化交流館「EDOCCO」

今回の展示会の会場が、神田明神の社殿のすぐとなりにある文化交流館「EDOCCO」。

昨年12月に出来たばかりの新たな施設です。2階、3階は神田明神ホールとして様々なイベントが催されるほか、1階には食事処やお土産売店などがあり、今回の『鈴木敏夫とジブリ展』はこちらの2階部分で開催していました。

この日は初日&土曜日ということで、オープン時間の約45分前くらいにいったところ、すでに40名ほどの方が並んでました。オープン時には100名以上は並んでたかと思います。

スタジオジブリ 鈴木敏夫プロデューサーの歴史が分かる展示会

特製“湯婆婆”お面

特製“湯婆婆”お面

入場時、4月20日(土) ~ 4月26日(金)( ※予定)までは1日1000個限定で「特製“湯婆婆”お面」が先着順でプレゼントされました。

今回の『鈴木敏夫とジブリ展』は、スタジオジブリで数多の名作を世に送り出してきた敏腕プロデューサーの鈴木敏夫さんの言葉にフィーチャーリングした展示会です。鈴木さんの生い立ちや、影響された漫画、映画、小説などを紐解きながら、アニメージュの編集長時代を経て、スタジオジブリの起ち上げや、様々な作品のキャッチコピーなどの製作時の裏側が、よく分かる展示となっていました。

  • <少年期~青年期 鈴木敏夫になるまで>
  • <徳間書店時代>
  • <自分のためでなく他人のために>
  • <ジブリにまつわるエトセトラ>

ちなみに資料などの展示は撮影できないのですが、このあと紹介するいくつかのスポットは撮影可能になっていて、自由に撮ることが出来ましたよ。

飛び出せ!言葉の魔法

飛び出せ!言葉の魔法

こちらは撮影OKの「飛び出せ!言葉の魔法」。これは昨年、松坂屋美術館でも展示されてました。

飛び出せ!言葉の魔法

『千と千尋の神隠し』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『もののけ姫』など、スタジオジブリを代表する映画でも印象的なセリフが、鈴木敏夫さんの迫力のある字体とともに展示されています。

湯婆婆と銭婆の”開運・恋愛”おみくじ

湯婆婆と銭婆の"開運・恋愛"おみくじ

続いては「湯婆婆と銭婆の”開運・恋愛”おみくじ」(撮影可能エリア)。

高さ3メートルにも及ぶ、巨大な湯婆婆と銭婆が印象的なフォトスポットです(^^ )

こちらのカッと目を見開いた湯婆婆は恋愛くじ。

湯婆婆と銭婆の"開運・恋愛"おみくじ

裏側には銭婆がいて、開運くじが無料で引けます。

湯婆婆と銭婆の口の中に13種類(計26種類)のお札が吊るしてあるので、それを引っ張ると番号が書いてありますよ!迫力がすごい^^;

湯婆婆と銭婆の"開運・恋愛"おみくじの箱

番号が分かったら、その隣に薬棚があるので引いた番号の棚からおみくじを取り出しましょう。

湯婆婆と銭婆の"開運・恋愛"おみくじ 大吉

僕は銭婆の開運くじを引いたところ、見事「大吉」を引き当てました!

そこに書かれていた「生きてみたら。」は昨年、亡くなった高畑勲監督の『ホーホケキョ となりの山田くん』のキャッチコピーですね!撮影OKということで、こちらかなり人気のスポットになりそう。ちなみに急いでる方用に普通のおみくじタイプの「クイックおみくじ」も用意されてました^^

SPONSORED LINK

湯屋 模型(千と千尋の神隠し)

湯屋 模型(千と千尋の神隠し)

続いては、大きな湯屋(油屋)の模型が!こちらも撮影可能のエリアです。

湯屋 模型(千と千尋の神隠し)

この湯屋がとても精巧に作られていて、建物の左側には千尋が駆け下りた階段や、千尋とカオナシたちが「沼の底」まで行く電車も忠実に再現されていて感動しました。

湯屋 模型(千と千尋の神隠し)

入口にかかるこの橋をハクと渡ってから、物語が展開するんですよね〜。

今回の展示は展示品数としてはそれほど多くはないものの、『千と千尋の神隠し』も大きくフィーチャーされていて、写真も撮れることから多くの人が楽しめる展示になってましたよ!

展覧会限定グッズが販売

観覧後のおみやげコーナーでは、ジブリグッズがたくさん販売してます。

「鈴木敏夫とジブリ展」限定グッズもたくさん売ってましたよ!僕らは展示会限定の御朱印帳と、銭婆のがま口などをゲット。

1階のカフェでコラボメニューを食べてみた

神田明神文化交流館「EDOCCO」1F CAFÉ MASU MASU

さて、文化交流館「EDOCCO」の1階では、今回の展示のコラボメニューを食べることが出来ました。

神田明神文化交流館「EDOCCO」1F CAFÉ MASU MASU

こちらの「CAFÉ MASU MASU」さんは御膳やカレー、いなり寿司などが食べられる和カフェです。

白(ハク)米のおにぎり ※お茶付きととなりのカキ氷

こちらで1日限定200食の「白(ハク)米のおにぎり ※お茶付き」(864円税込)と、1日限定100食の「となりのカキ氷」(648円税込)をいただきました(^^ )

白(ハク)米のおにぎり ※お茶付き

白(ハク)米のおにぎり ※お茶付き」は鮭、梅、塩の3つのおにぎりとたくあんがついたおにぎり。

『千と千尋の神隠し』でハクが「元気が出るようねがいを込めた」あのおにぎりそっくり!

となりのカキ氷

となりのカキ氷」は宇治抹茶のかき氷にどんぐりのクッキーが乗ったかわいいかき氷でした。

鈴木敏夫とジブリ展 、オリジナルのコラボメニュー

他にも「まっくろくろな胡麻おはぎセットお茶付き」や「だいこく様の縁結びプリン(1日限定300食)」など、オリジナルのコラボメニューが食べられますよ!

コニャラ大仏

文化交流館「EDOCCO」の1階には大きな「コニャラ」を型どったもふもふの「コニャラ大仏」がインスタスポットになってました。

ちなみに当日券の販売ブースはこの「コニャラ大仏」のすぐ横にありました。

帰りに神田明神をお参りして早速、限定の御朱印帳に御朱印を押してもらいました!

ということで、2019年4月20日(土)~5月12日(日)まで開催中の『鈴木敏夫とジブリ展』の模様をお伝えしました。ゴールデンウィーク中は混雑が予想されるので、できるだけ早めに行くことをおすすめします!

©TS ©Studio Ghibli

鈴木敏夫とジブリ展

会場 : 神田明神 文化交流館「EDOCCO」内 神田明神ホール
アクセス:御茶ノ水駅 徒歩5分/秋葉原駅 徒歩7分
会期 : 2019年4月20日(土)~ 5月12日(日) ※計23日間、会期中無休
時間 : 10:00 ~ 18:00 (最終入場17:30)※営業時間は今後変更になる可能性あり。
主催 : 乃村工藝社、ローソンエンタテインメント
協賛 : パルグループホールディングス、日清製粉グループ
特別協力 : スタジオジブリ
企画協力 : 博報堂DYメディアパートナーズ、ムービック・プロモートサービス
展示協力 : ア・ファクトリー
協力 : 第一興商、江戸総鎮守 神田明神
入場料 : 当日券: 大人1,300円、中高生800円、小学生600円
チケット情報:ローチケ
公式サイト:https://ghibli-suzuki.com/

あわせて読みたい