島津家別邸「仙巌園」で西郷どんジャンプ!【西郷どんさんぽ③】

西郷どんマスクでポースを決める嫁さん

西郷どんマスクでポースを決める嫁さん

西郷どん大好き、東京散歩ぽです!

大河ドラマ『西郷どん』のロケ地を巡っています。今回は薩摩藩主島津家別邸の名勝「仙巌園」を巡りますよ!

SPONSORED LINK

鹿児島中央駅から車で約20分

仙巌園・尚古集成館へは鹿児島中央駅から車で約20分の所にあります。

「仙巌園・尚古集成館」を見学できる入場料はおとな・高校生以上1,000円(小中学生650円)です。早速入りましょ!

ここ「仙巌園」は広さ約50,000㎡。薩摩藩を治めていた島津家の別邸として江戸時代初期の1658年(万治元年)に第19代当主の光久によって造営されました。1958年には名勝に指定され、現在は国内外から多くの観光客が訪れます。

反射炉跡

反射炉

ここは第28代当主の斉彬が鉄の製造のために築いた「反射炉」の跡です。

斉彬公は渡辺謙さんが演じてましたね!

園内にゴミ袋集積場所に火山灰専用のゴミ袋が捨ててありました。

鹿児島ならではの風景ですね。

左側は山が連なり、右手は桜島が浮かぶ錦江湾が見えます。

SPONSORED LINK

仙巌園正門

仙巌園の正門

こちらが仙巌園の正門。

1895年(明治28年)に29代忠義によって作られたそうです。

紫さつまいもソフトクリーム

仙巌園内にはお土産屋さんやお食事どころが多数!

紫さつまいもソフトクリームいただきます(^^ )

しっかり手入れされた立派な松が随所にあり、まさにお殿様の別邸という雰囲気!

錫門

錫門

こちらは「錫門」。

大河ドラマ「西郷どん」の中では渡辺謙さん演じる斉彬が薩摩と江戸を行き来するシーンがここで撮影されました。

薩摩を出立する斉彬公を見送る赤山靭負(沢村一樹さん)が途中まで同行するするシーンですね。

祥福橋を渡るときにひょっこり桜島が見えました!

石階段

ここの石階段では幼少期の西郷小吉が父の吉兵衛(風間杜夫さん)にしかられたシーンや、吉之助が村田新八(堀井新太さん)や大山格之助(北村有起哉さん)らが斉彬の江戸行きに同行する若い藩士を求めている話を聞き、盛り上がっているシーンの撮影もされたそうです。

桜島絶景ビューポイントで西郷どんジャンプ!

桜島絶景ビューポイント!

園内の一番奥には桜島と錦江湾を一望できる絶景ビューポイントが!

西郷どんジャンプ!

この景色をお借りして「西郷どんジャンプ」に挑戦!!

Uターンしてさきほどの石段を上がると「曲水の庭」が見えてきました。

「曲水の庭」があるところから見下ろすと「瓢池」ととも桜島の風景が!

石垣や水が流れる側溝も当時の趣をそのまま残してあります。

西郷どんもここを歩いたのかな。

松風軒で黒豚ランチ!

「仙巌園」内には「桜華亭」「松風軒」「仙巌園茶寮」 「両棒餅屋」と4つのお食事処があります。
今回は桜島の景色が楽しめる「松風軒」さんで黒豚ランチをいただきました!

黒豚ロースカツセット(1,380円税込)

黒豚ロースカツセット(1,380円税込)

嫁さんは黒豚ロースカツセットをチョイス!

サクッとジューシーな黒豚ロースカツです(^^ )

黒毛和牛・黒豚しゃぶしゃぶ膳(1,980円税込)

黒毛和牛・黒豚しゃぶしゃぶ膳(1,980円税込)
僕は「黒毛和牛・黒豚しゃぶしゃぶ膳」はオーダー!

鹿児島県産の黒毛和牛と黒豚のしゃぶしゃぶを同時に楽しめる贅沢なランチでした!

桜島の雄姿が楽しめる「仙巌園」

ということで薩摩藩主島津家別邸の「仙巌園」をお伝えしました。園内は大河ドラマ「西郷どん」のロケ場所もかなりあり見どころも多いですよ。また、桜島の雄姿もいたるところで観ることが出来るのでおすすめです!

仙巌園

所在地:鹿児島県鹿児島市吉野町9700−1
開園時間:8:30~17:30(年中無休)
入場料:庭園 尚古集成館 ¥1,000(大人・高校生以上 ¥500(小中学生)
庭園 尚古集成館 御殿¥1,300(大人・高校生以上) ¥650(小中学生)
電話番号:099-247-1551
公式サイト:https://www.senganen.jp/

あわせて読みたい

Translate »