竹芝客船ターミナルから伊豆諸島へ!東海汽船「橘丸」乗船体験レポ【PR】

こんにちは東京散歩ぽです!
東京都の観光PR事業「tokyo reporter島旅&山旅」のレポーターとして伊豆諸島の御蔵島に行ってきました。今回、御蔵島へは竹芝客船ターミナルから東海汽船の「橘丸」という大型フェリーに乗って行きました。ということで乗船体験レポをお伝えします。

竹芝客船ターミナルへ

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

SPONSORED LINK

JR浜松町から徒歩約8分。新橋からならゆりかもめ線で5分の竹芝駅に直結する「竹芝客船ターミナル」へやってきました。ここからは伊豆諸島へ向かう東海汽船と小笠原諸島へ向かう小笠原海運の船舶などが出航してます。

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

乗船券に引き換える

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

ターミナルへ到着したら、まずはじめに手持ちのチケットを「乗船券」に引き換えます。旅行会社から配布されたチケットや前売引換券のままでは乗船出来ないので注意が必要です。

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

掲示板にはこれから出航する船の運航状況が掲示されてます。僕らが乗り込む三宅島、御蔵島、八丈島へ向かう「橘丸」は22時30分発。この日は出航はしますが、現地の天候次第では寄港予定地に着岸出来ない場合がある「条件付き出航」となりました。

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

こちらのきっぷうりばで乗船券に引き換えます。

乗船票を記入する

img_7204

こちらが実際に引き換えた乗船券です。こちら右側の「ご乗船票」というところに氏名、住所、年齢、電話番号などを記入すればようやく利用できます。

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

「橘丸」への乗船時間は22時10分から。こちらの待合所でしばし待機しましょ!

いよいよ乗船!

img_2182

いよいよ乗船開始です。こちらの改札で先ほどの乗船票が必要になります。

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

2014年6月に出来て2年ほどしか経っていない新型大型客船スーパーエコシップ「橘丸」。

内部はとても綺麗です。

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

汽笛が鳴っていよいよ出航!

出航!

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

いよいよ出航!レインボーブリッジをくぐって東京湾を抜け、三宅島を経由し、約7時間30分かけて僕らが行った御蔵島へ向かい、最終目的地の八丈島へと進みます。

それでは船内をちょっと探検してみましょうか。なかなかこういったフェリーに乗ることがないので楽しみ!

2等和室

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

今回、僕らは3階にある相部屋の2等和室に入りました。こちらは8名までが入れるブースが20ヶ所以上あります。一人一人のスペースは枕元でしきりがあって枕が付いてました。ちなみにこの時は僕ら以外に同じブースを利用している人はいませんでした。また窓はついてないので船外の様子は見れません。(窓型の鏡がありました。)

液晶テレビが設置されていて海上でも電波が入れば、地上波放送が無料で見られます。(電波が入らないところはBS放送が見られました。)

船内は喫煙ルームを除いて禁煙です。
竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

枕の上には手荷物が入れられるコインロッカー(100円の返金式)と救命胴衣の収納場所があります。

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

リュックサックなどは余裕で入るくらいのロッカーです。

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

部屋には2ヶ所コンセントがありました。携帯の充電などが出来ますね。

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

行きは出航して1時間ほど経つと非常灯以外は消えて暗くなります。ちなみに毛布は4階にある案内所から1枚100円でレンタルできます。

さて2等和室の寝心地ですが、布団が敷いてないのでエンジン室からの音と振動がかなり伝わり、慣れてないとなかなか寝付けないかもしれません。気になる人はベッド付の特2等室(相部屋)や5階にある特1等室(相部屋)なども検討してみるのもいいでしょう。

コインロッカー

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

コインロッカーは数種類ありました。

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

こちらの大きめのロッカーは500円。(返金されないタイプ。)

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

もっと大きいスーツケースやボードなどの大物はこちらの「手荷物置場」に置くことができます。

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

こちらには、

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

冷蔵ロッカーもありました。

島で購入した生鮮品などのお土産はこちらに入れれば痛まず安心ですね!

シャワー室

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

コイン式(100円)のシャワールームもあります。

食堂へ

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

4階には食堂があります。飲み物の自販機やインスタントラーメンなどもこちらで購入できました。

カツカレー、らーめん、うどん、ホットケーキなどなかなかバラエティに富んだメニュー。

生ビールや日本酒、伊豆諸島の焼酎なんかもこちらで楽しめます。

img_2450

食堂内は窓もついてて明るい雰囲気。揺れで倒れないように椅子にはチェーンでつながれてました。

i竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

帰着便のランチでカレーライス(800円)を食べました(^^ )

ラウンジ

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

食堂の隣にはラウンジがあり、誰でも自由に利用できました。

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

こちらはキッズルーム。小さなお子さんが遊べる遊具が置いてあります。

またトイレは各階に設置してあり、3階には女性用のメイクルーム(授乳室)もありました。

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

エレベーターも付いていてバリアフリーエリアもあり、おからだが不自由な方でも安心して利用できる設備が整ってました。

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

5階からは甲板に出られます。天気が良ければ海風が気持ちいいですね!

まとめ

竹芝桟橋から伊豆諸島へ東海汽船「椿丸」

竹芝客船ターミナルから約7時間30分で御蔵島に無事到着!

ということで東海汽船の大型客船スーパーエコシップ「橘丸」をご案内しました。2014年に竣工したばかりでとても綺麗な船内でした。設備も整っており、女性でも安心して利用できますよ!

御蔵島さんぽ

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ