【初回限定2万枚】格安SIM「LINEモバイル」のブロガー発表会でプランやらサービスやらいろいろ聞いてきた!

スポンサーリンク

LINEが手がける格安SIM(MVMO)「LINE MOBILE」が2016年9月5日(月)にソフトローンチしサービスを開始しました。
今回は先日、サービス開始を前に開催された「LINE MOBILE(以下:LINEモバイル)」のブロガー向け発表会に参加してきましたのでその模様をお伝えします!「LINEモバイル」は一体どんなサービスなんでしょ?

LINE本社に潜入!

LINEモバイル

SPONSORED LINK

渋谷ヒカリエの株式会社LINE本社にやってきました。

この日は「LINEモバイル」についてブロガー発表会に招待され「LINEモバイル」について色々聞いてきましたよ!。

LINEモバイル株式会社 嘉戸 彩乃社長

LINEモバイル

まずはLINEモバイル株式会社の嘉戸社長から挨拶がありました。

嘉戸社長は「LINEモバイルを始めること自体は1年以上前から検討していました。LINEという会社はスマートフォンの力を信じています。コミュニケーションがスマートフォンによってより楽しくなり、生活もすごく便利になってきました。そういった中でよりスマートフォンを楽しめる環境、ゲームや音楽・動画を視聴しすぎてもコミュニケーションは常にできる環境を整えたいとのことからLINEモバイルを始めようと思いました。「利用シーン x FREE」を掲げてユーザーの利用状況に応じてサービスを提供をしていきたいと思います。」とLINEモバイルをスタートのきっかけについて話しました。

LINEモバイル

この日はLINEモバイルの開発に携わった企画・開発・マーケティング陣から「LINEモバイル」のサービスについて説明がありました。

それではLINEモバイルの概要をお伝えします!

月額500円(税別)でLINE使い放題「LINEフリー」プラン

LINEモバイル

LINEモバイルには「LINEフリー」と「コミュニケーションフリー」の2つのプランがあります。(料金は全て税別価格)

まず「LINEフリー」プランは月額500円から利用出来る、LINEの通話・トークが使い放題になるプランです。(余ったデータは翌月末まで繰り越し可、初月無料)

  • データ通信のみ1GB 月500円
  • データ通信+SMS 1GB 月620円
  • データ+音声通話 1GB 月1,200円(音声通話20円/30秒)
LINEモバイル

「LINEフリー」プランはLINE使用時、以下の対象範囲がパケット通信料カウントフリー(通信料無料)となります。

  • トーク機能 テキスト及び音声メッセージの送受信、スタンプ・画像・動画・その他ファイルの送受信、無料通話・ビデオ通話
  • タイムライン機能 画面閲覧・投稿(画像・動画含む)
  • その他 スタンプ・着せ替えのダウンロード、アカウント設定に関わるご利用、友達一覧画面の表示・友だち追加、”その他”画面の表示

ただしカウントフリー対象外になる場合もあるのでご注意ください。

対象外になるのは以下の項目
・LINEアプリ経由で友だちから共有された外部リンクへの接続。
・LINEアプリ内でもLINEトーク画面等に配信されるライブストリーミング動画(LINE LIVE)機能のご利用。
・LINE株式会社が提供する「LINE」アプリ以外のアプリサービス以外のご利用は、カウントフリー対象ではありません。

つまり、現在の所は「LINE MUSIC」や「LINE POP2」などのLINEが提供する音楽やゲームのアプリなどはカウントフリーには含まれないことになります。しかし今後のサービスの拡大ではこの部分も入っているそうなので今後に期待ですね。

3つのSNSが使い放題「コミュニケーションフリー」プラン

LINEモバイル

「コミュニケーションフリー」プランはデータ通信+SMSまたはデータ通信+音声通話が3GBから10GBまで月の容量を選択でき、LINE、Twitter、Facebookがカウントフリーになります。(余ったデータは翌月末まで繰り越し可、初月無料)

データ通信+SMS

  • 3GB 月1,110円
  • 5GB 月1,640円
  • 7GB 月2,300円
  • 10GB 月2,640円

データ通信+音声通話

  • 3GB 月1,690円
  • 5GB 月2,220円
  • 7GB 月2,880円
  • 10GB 月3,220円
LINEモバイル

「コミュケーションフリー」プランのパケット通信料カウントフリー対象範囲はLINEについては先ほどの「LINEフリー」と同じです。この他にもFacebook,Twitterがカウントフリーになります。(ブラウザからの利用、テザリングでの利用は対象範囲(VPNは範囲外)、サードパーティアプリは対象範囲外)

追記 サードパーティのクライアントアプリでもカウントフリーになることが検証されています。詳しくはハマコーさんのこちらの記事をご覧ください。

Facebookのカウントフリー対象範囲は

  • タイムライン/ニュースフィード画面の表示・投稿(画像・動画含む)
  • リクエスト、お知らせ、その他の画面表示
  • プロフィールの編集

対象範囲外は
・Facebook LIVE(Facebook上のライブストリーミング動画)
・facebookが提供するメッセンジャー
・外部リンクへの接続

Twitterのカウントフリー対象範囲は

  • タイムラインの表示・投稿(画像・動画含む)
  • ホーム、ニュース、通知の画面表示
  • メッセージ機能の利用
  • プロフィールの編集

対象範囲外は
・Twitterのライブストリーミング配信(Periscope)の利用
・外部リンクへの接続

その他のオプション

LINEモバイル
その他のオプションとしてデータ量は追加で購入することができます。料金は、

  • 0.5GB 500円
  • 1GB 1,000円
  • 3GB 3,000円

で購入することが出来ます。またその他にも

  • 月額基本料は初月無料
  • 余ったデータ容量は翌月末まで繰り越し可能
  • 転送電話無料
  • 留守番電話月額300円
  • 割り込み通話月額200円
  • 国際電話/国際ローミングにも対応
  • LINEモバイルならではの機能

と言ったオプションサービスがあります。
LINEモバイル

LINEモバイルならではの機能も充実しています。

  • LINEの年齢認証・ID検索(LINEモバイルなら)
  • SMS認証なしでLINEアカウントが作成可能(データ通信プランでも新規作成可能)
  • 月額基本料金の1%がLINEポイントになる
  • LINEモバイルユーザーの誰とでもパケットを500MBから分けあえる(手数料無料)
  • フィルタリングサービス(i-フィルター)を無料で提供(お子様に安心)
  • LINEの公式アカウントからトークで問い合わせ(ただいま準備中)

LINEのモバイルユーザーなら家族だけでなく、友だち同士でも手数料無料でプレゼントできるのはすごく面白い!またLINEモバイルならデータ通信プランでもSMS認証無しでLINEアカウントを作成できるのは大きいですね!

MVNEはNTTコミュニケーションズ

LINEモバイル

MVNOに対する支援サービスを提供する会社・団体となるMVNEはNTTコミュケーションズになります。

LINEモバイル

NTTドコモの通信エリアを介して「LINEモバイル」に提供されます。日本最大の通信事業者、NTTとのタッグは絶大な安心感がありますよね。通信速度も理論値は下り375Mbps、上り50Mbps、低速時200kbpsとなってます。これは理論値なので実際はもっと低くなると思います。

開発者の方に聞いたところ、正午から午後1時までの回線が混雑する時間帯でも下りが二桁Mbps以上(10Mbps)はキープできるようにしていきたいとおっしゃってました。

購入は2つのパターン

LINEモバイル

LINEモバイルは次の2つのパターンがあります。

  • SIMのみ(既に持っている端末を使う方)
  • 端末+SIM(端末を新しく買う方)

また端末+SIMでは以下のラインナップでスマートフォンも販売されます。

  • AQUOS mini SH-M03(49,800円)
  • arrows M03(32,800円)
  • arrows M02(29,800円)
  • P9 lite(28,880円)
  • BLADE V7 Lite(22,800円)
  • BLADE E01(13,800円)
  • ZenFone Go(19,800円)
  • ZenPad 7.0(23,800円)

申し込みはLINEモバイルの公式アカウントから購入ができます。しばらくはオンラインのみで発売されるので、友だち追加をしておくと便利ですね!

まずは限定2万枚が発売!本格販売は10月1日から

LINEモバイル

LINEモバイル」はまずは限定2万枚が発売となり、2016年10月1日(土)から本格に販売が開始されます。

嘉戸社長は「常にユーザーに寄り添っていきたいので、サービスの中身は変えていく可能性があります。」と今後の展開についても語り、現在はLINE、Twitter、Facebookの3つのSNSがカウントフリーですが、今後の要望とニーズ次第では音楽やInstagram、ポケモンGOなどもカウントフリーの対象になる可能性があるそうですよ!

LINEモバイルはじまるよ!

IMG_9923 2

ということで「LINEモバイル」のブロガー発表会をお伝えしました。

これを機に格安SIMがより身近になりそうな感想を持ちました。2011年のサービス開始から今や日本を代表するコミュニケーションインフラとなった「LINE」が手がける格安SIM(MVMO)の「LINEモバイル」がどのようなサービスになるか、とても楽しみです。

僕も申し込んでみたので、早速使ってみようと思います!

LINEモバイル関連記事

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!