【カメラ買ったよ!】鳥も撮れる料理も撮れる OLYMPUS「STYLUS 1」開封の儀

こんにちは東京散歩ぽです。

去年から新しいカメラが欲しいなあと思っていたんですが、ついに新調しました!今回は購入したのはオリンパスの「STYLUS1(スタイラス1)」というコンパクトデジタルカメラ。

えっ?一眼レフじゃないの?と言われそうですが、今回は開封の儀となぜ僕らがこのコンデジを選んだかをお話します。
STYLUS1

SPONSORED LINK

僕らのカメラ選び

昨年からフォトウオークに参加しはじめて、iPhoneでも撮る方が多いんですけど中には一眼レフで綺麗な写真を撮る人も多くて、そんな中で次第に新しいカメラが欲しいなあと思ってました。 嫁さんとも相談してどうせなら2人で使えるカメラを買おう!ということで僕らが新しいカメラでどんなモノを撮りたいかをいろいろと並べていきました。

僕の要望

  • 街歩きで綺麗な写真を撮りたい。
  • 持ち歩くので出来るだけ軽いカメラがいい。
  • 料理写真も綺麗に撮りたい(ボケさせたい^^)
  • ファインダーを覗いて撮りたい。

嫁さんの要望

  • 鳥を撮りたい。
  • 肩が凝るから重いのはムリ(^^;)
  • レンズ交換とか難しいのはムリ(;´∀`)

僕は近距離のモノを、嫁さんは遠くのモノを綺麗に撮りたいという要望になりました。

街を歩きながら撮る場面も多い事などから出来るだけ携帯性がよく、嫁さんでも取り扱えるような「簡単だけど綺麗に撮れるカメラ」がないか、去年末くらいからいろいろと検討していました。

そんな中、ろんすたさんのブログ「変デジ研究所」でBIRDERがオススメしている野鳥を撮るための超望遠コンデジ6機種という記事があって本格的なバードウオッチングマガジンがおすすめするコンデジ(ネオ一眼)で撮る野鳥撮影術という特集があったのでちょっと買ってみたんです。

そこに紹介されていた一つがOLYMPUSのSTYLUS1でした。

先日の蒲田フォトウオークの打ち上げでもケイスケさんからSTYLUS1の話が出てちょっとピンときたんです^^ 次の日、ケイスケさんとくんと共にカメラを見に行きました。嫁さんも一緒にカメラを使い方を確認してついにこのカメラにすることにしました^^ ケイスケさん、宮くんつき合ってくれてありがとう(^^ )

それではオリンパス「STYLUS1(スタイラス1)」開封の儀!

STYLUS1 開封の儀

OLYMPUS STYLUS1 開封の儀!

ということで届きました「STYLUS1」 白い箱にオリンパスのブルーライン^^カッコいい! IMG_5455

同梱品はカメラ、ストラップ、USBケーブル(CB-USB6)、リチウムイオン電池(BLS-5)、リチウムイオン充電器(BCS-5)にPCソフトウェアCD-ROM、取扱説明書、保証書です。

STYLUS1 開封の儀

早速カメラを確認! オリンパスのミラーレス一眼レフカメラ「OM-D」のような外観ですが、コンパクトデジカメなのでレンズ交換はありません。デジカメなんだけれども一眼レフのような形状なので「ネオ一眼」というような分類になるそうです。

電源を入れるとレンズキャップの中央からレンズがニョキっと飛び出てきます^^

ガンダム世代の僕にはなかなか楽しいギミック(^^ )

STYLUS1とCX2

気になる重さは、使用時で約402g。小さめのペットボトル(350ml)くらいの重さって感じでしょうか。

これくらいなら街歩きでもあまり気にならない重さです。

下はそれまで使っていたRICOHのCX2というデジカメ。大きさはほとんど変わらないくらい。このカメラでも多くの思い出を写しました。ありがとう(´ー`)

IMG_5692

厚さの比較

左の青いのは嫁さんのiPhone5c。さすがにiPhoneと並べるとかなりの厚さにはなります。

ボディーの厚さは約52mm。

IMG_5698

この厚さの中にi.ZUIKO DIGITALレンズというオリンパス伝統のレンズが10郡12枚入っています。

全域F値2.8、28mm~300mm。F値(絞り値)が小さいほどたくさんの光を取り込めるので背景をぼかした写真が撮れます。焦点距離300mmでF値2.8(通称サンニッパ)の写真を撮るにはかなり大きなレンズを買わないと出来ないそうで、それをコンパクトデジタルカメラで実現するのはかなりの技術なんですね(^^ )

IMG_5699

ファインダーを覗いて写真を撮りたいという願いもかなえてくれるのが「STYLUS1」です。

144万ドットの高精細な電子ビューファインダー(EVF)と104万ドットの静電式タッチパネルモニター。

ファインダーを覗くとモニターが消えてファインダーに切り替わります。

IMG_5702

ファインダー内を無理矢理撮影してみました(^^;)

ファインダーを見ながら撮影してると「撮ってる!」って感じしますよね(^^ )(あとシャッター音!)

IMG_5700

フラッシュはレンズ右側のフラッシュマークのボタンを押すと「OLYMPUS」のロゴの上がポップアップであがって出てきます。なかなか控えめな感じで好感持てる。

IMG_5701

「Fn2」のレバーを外すとマニュアルフォーカスになり、レンズリングを回して自分でピントを調節できたり、設定を変えて絞りやシャッタースピードを調節できたりもしますよ!

IMG_5709 IMG_5708

液晶タッチパネルは上向きに80°、下向きに50°傾ける事ができます。

上から撮りたい場合はハイアングルから、下から取りたい場合はローアングルからの撮影も手軽に。

アングルを変えれば世界も変わりますね!

さて、ちょこっと試しに撮ってみましょうか。

IMG_5672

神代植物公園の蓮の花の上にとまっていたトンボ。

望遠で撮ってるのでかなり後ろもボケてイイ感じに撮れました(^^ )

IMG_5683

公園にいた野鳥をバードウオッチング!

かなり遠かったんですが最大ズーム10.7倍のSTYLUS1でこんなに近く鳥を撮れました(・∀・) 鳥かわええ

でも望遠はいいけど近いものは?
IMG_5707

スーパーマクロモードにすれば最短撮影距離5cmでこんな写真も撮れます!

望遠にしなくてもこんなにボケる、ボケるぞ(^^ )

IMG_5705

山菜そばも手前にピントが合って、後ろの薬味はボケた写真が撮れました。

これで料理も楽しく撮れそう(´▽`)

IMG_5703

撮った写真は内蔵Wi-Fiとオリンパスのスマホアプリ「OPYMPUS Image Share(OI Share )」を使えば簡単にスマホに転送できます。

IMG_5706

わざわざ家のPCに繋がなくてもその場でiPhoneやAndroidスマホに転送してSNSなどにシェア出来るのがイイですね。他にもスマホを見ながらズームやシャッターを押したり出来るリモコン機能もアプリで出来るので集合写真もみんなで楽しく撮れそうですよね(^^ )

OLYMPUS Image Share
OLYMPUS Image Share
無料
posted with アプリーチ

まとめ

今回は紆余曲折しながらも僕らも納得のお買い物が出来て満足です。街歩きカメラとしては携帯性も高くてかなり最適なカメラではないかなと思います。とくに女性やカメラ初心者の方でも楽しく綺麗な写真が撮れるのではないかなと思いました。

これでもざっくりと紹介した感じで機能はまだまだ使い切れてません。今後はがんがん外に持ち出してたくさん写真を撮ろうと思います\(•ㅂ•)/

 

おすすめの関連記事

OLYMPUS「STYLUS 1」は最高のお散歩カメラでした
鎌倉散策に最適!鎌倉市観光協会でキヤノンのミラーレス一眼レフカメラ「EOS M」を無料で借りてみた
フォトウオークには必携!スマホ用の接写レンズがホントに便利

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ