東京駅地下に「函館麺厨房あじさい」が期間限定出店!北海道南産の食材たっぷりの塩ラーメン

ラーメン大好き、東京散歩ぽです!
東京駅八重洲南口地下1階の「東京ラーメンストリート」では「ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート」第6弾として、北海道函館で90年以上続く老舗ラーメン店「函館麺厨房あじさい」が2023年1月24日(火)から4月19日(水)まで期間限定出店!

オープンに先駆けて行われたメディア向け試食会を取材してきました。

書籍「東京の懐かしくて新しい暮らし365日」試し読みページ

創業90年以上の「函館麺厨房あじさい」のメニュー

「ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート」第6弾として、北海道函館で昭和7年(1932)から90年以上続く名店「函館麺厨房あじさい」が東京初出店しました。

店前には食券機があるので、こちらで食券を購入して入店します。

  • あっさり特製塩ラーメン(1,150円税込)
  • 塩ラーメン(950円税込)
  • あっさり特製正油ラーメン(1,150円税込)
  • 正油ラーメン(950円税込)
  • こってり特製極塩ラーメン(1,200円税込)
  • 極塩ラーメン(1,000円税込)
  • こってり特製極正油ラーメン(1,200円税込)
  • 極正油ラーメン(1,000円税込)
  • こってり特製極黒ラーメン(イカスミ)(1,200円税込)
  • 極黒ラーメン(イカスミ)(1,000円税込)
  • 東京ラーメンストリート限定 ぶり節みその燻製チャーシュー麺(1,450円税込)
  • 赤味噌ラーメン(1,100円税込)
  • 数量限定 塩ラーメン&北海道産いくら丼(1,600円税込)
  • 数量限定北海道産いくら丼(750円税込)
  • なつかし炒飯ハーフ(600円税込)
  • ご飯(200円税込)
  • 大盛(ラーメンのみ)(150円税込)
  • ぶり節(100円税込)
  • 海苔3枚(150円税込)
  • チャーシュー2枚(200円税込)
  • 豚バラ燻製チャーシュー4枚(350円税込)

この日はお店の看板商品のひとつ「あっさり特製塩ラーメン(1,150円税込)」を試食しました。

店内はテーブル席とカウンター席の20席。この日はカウンター席につきました。

あっさり特製塩ラーメン

この日は「あっさり特製塩ラーメン(1,150円税込)」を試食しました。

函館と言えば塩ラーメン!綺麗なスープの上にチャーシュー、メンマ、卵、お麩、海苔、かいわれ大根などがトッピングされています。

透明なスープは昆布や身欠きニシン、鰹節、ホタテの貝柱、煮干し、スルメ、氷下魚、棒鱈などの北海道南産の食材と豚骨と鶏ガラをじっくりと炊いたもの。

魚介特有の臭みはまったくなく、あっさりとしながらも旨みたっぷりの極上スープです。

麺は特注の中太麺を使用。函館ラーメンは基本的にストレート麺が多いそうですが、5年前の改良時にウェーブがかかった麺にしたそうで、おいしいスープがいい感じに絡みます(^^)

SPONSORED LINK

珍しいなと思ったのが「お麩」が入ってるんですね。日本そばに入ってるのを食べたことがありますが、ラーメンでははじめて食べました。

お麩にスープが染みわたって、麺とは違った柔らかな食感が楽しいです。

やわらかなチャーシューと、飾り包丁を入れたトロトロの卵も美味。

カウンターに置いてある、お店オリジナルの「蝦夷油胡椒」と「蝦夷ラー油」で味変が楽しめます。

「蝦夷油胡椒」はブラックペッパーをメインにホタテの貝柱や昆布、鮭とば、ししゃもなどが入った油胡椒。

スプーン1杯入れれば、スープの旨味と香りがさらに際立ちます。

「蝦夷ラー油」も道南食材だでなく、熊笹、、行者ニンニク、昆布、ホタテの貝柱、スルメ、鮭トバ、煮干、山椒などが入った特製ラー油。お好みで入れてみましょう。

数量限定「北海道産いくら丼」を食べてみた

この日は函館のお店でランチタイムに出されている数量限定の「北海道産いくら丼(単品750円税込)」も試食させていただきました。

塩ラーメンとのセット(1,600円税込)でも楽しめます。

北海道産いくら丼(写真は試食サイズ)

北海道産いくら丼(写真は試食サイズ)

北海道産のいくらは生のまま仕入れて、お店で味付けしているそう。

ぷちぷちとした歯ごたえで北海道のポテンシャルを存分に感じられる一品です。また函館に行きたくなりました!

東京ラーメンストリート限定メニューも

塩ラーメンがメインのお店ですが、東京ラーメンストリート限定メニューとして数量限定「ぶり節みその燻製チャーシュー麺(1,450円税込)」の味噌ラーメンも用意されています。

ここだけの限定品なので、こちらもぜひ食べてみたい!

三代目店主の東さんは、創業90年以上の伝統を受け継いている上で心がけていることについて「その日の最初にお客さんから最後のお客さんまで、全部おなじものを作ろうという気持ちでやってきました。同じことを次世代のスタッフに伝えていきたいと思います」と話していました。

あっさりしたスープは、北海道産の食材がたっぷり詰まっていて後を引く美味しさですっと完飲。スタッフの皆さんのサービスも丁寧で、函館のお客さんから長年愛されている理由がよく伝わってきました。

ごちそうさまでした!

東京ラーメンストリート「函館麺厨房あじさい」

場所:東京駅八重洲南地下1階(東京駅一番街 地下1階)
ご当地ラーメンストリート第6弾店舗
出店期間:2023年1月24日(火)〜4月19日(水)(予定)
営業時間:11:00〜23:00(L.O.22:30)※都合により営業時間が変更になる可能性あり
東京ラーメンストリート特設サイト | 東京駅一番街

あわせて読みたい