豊洲チームラボ プラネッツ TOKYO DMMの新エリアをレポ!京都発のヴィーガンラーメンも

こんにちは、東京散歩ぽです。

今回は久しぶりに江東区豊洲にある「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM」を取材で訪れました。2021年10月8日からは京都発のヴィーガンラーメン「Vegan Ramen Tokyo」が新たにオープンしています。

SPONSORED LINK

チームラボ プラネッツ TOKYO DMMへ

The Infinite Crystal Universe

The Infinite Crystal Universe

2018年7月にオープンした「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM」。もう開館から3年が経とうとしているんですね。こちらでは、2022年の年末までアート集団「チームラボ」の革新的なアートが楽しめます。

人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People - Infinity

人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People – Infinity

豊洲のチームラボは、膝まで水に浸かる「Water Area」が特徴的。裸足で歩くことで全身でアートが楽しめます。

新エリア「Garden Area」

呼応する小宇宙の苔庭 - 固形化された光の色, Sunrise and Sunset / Moss Garden of Resonating Microcosms - Solidified Light Color, Sunrise and Sunset

呼応する小宇宙の苔庭 – 固形化された光の色, Sunrise and Sunset / Moss Garden of Resonating Microcosms – Solidified Light Color, Sunrise and Sunset

今年(2021年)7月には新エリア「Garden Area」が誕生しました。

「呼応する小宇宙の苔庭 – 固形化された光の色」は、苔むした庭に卵型のオブジェが立ち並ぶ不思議な空間。日没後には卵型のオブジェの内部が光りだして、幻想的な光景になるそう。

Floating Flower Garden: 花と我と同根、庭と我と一体 / Floating Flower Garden: Flowers and I are of the Same Root, the Garden and I are One

Floating Flower Garden: 花と我と同根、庭と我と一体 / Floating Flower Garden: Flowers and I are of the Same Root, the Garden and I are One

「Garden Area」のもう一つは「Floating Flower Garden:花と我と同根、庭と我と一体」は、床が鏡のエリアに天井から1万3,000株ものランの花が吊るされた夢のような世界が広がります。ランの花は本物ということで、毎日約300株ほどを新しいランに付け替えているそうですよ!

京都発のヴィーガンラーメンが楽しめる

そんな「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM」に新たなエリアが登場。

入口前の広場に京都発のヴィーガンラーメン「Vagan Ramen UZU Tokyo」が2021年10月8日にオープンしました。

こちらでいただけるのは2020年3月にオープンし、入店1時間待ちにもなるという京都の「Vagan Ramen UZU Kyoto」がチームラボプラネッツのオープン。

ヴィーガンラーメン醤油、ヴィーガンラーメン味噌(辛)、限定メニューのヴィーガンラーメン花(冷)、ヴィーガンラーメン茶の4種類のヴィーガンラーメンがいただけます。

数量限定メニューの「ヴィーガンラーメン花(冷)」をいただいたレポートはこちらをご覧ください!

その他にもヴィーガンアイスクリームとして、ピスタチオグリーンティーやホワイトジンジャーリリー、ピンクルバーブ、ミントキュウリ(各660円)や、水出し緑茶、カモミールほうじ茶などのドリンクも。

この日はホワイトジンジャーリリーとピスタチオグリーンティーを試食。ホワイトジンジャーリリーは芳醇な花の香りが特徴的でした。

空と火のためのロングテーブル / Table of Sky and Fire

空と火のためのロングテーブル / Table of Sky and Fire

「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM」に入場しなくても楽しめるこちらのヴィーガンラーメン。

店舗の前には大きな鏡のテーブル「空と火のためのロングテーブル」があり、入口前にあるアート作品「空から噴き落ちる、地上に憑依する炎」が写りこんで、不思議な光景の中、ラーメンがいただけます。

空の中に浮かんでいるかのようなラーメン

空の中に浮かんでいるかのようなラーメン

ひとつなぎのベンチ

ひとつなぎのベンチ

お店の脇にある「ひとつなぎのベンチ」では、座ったりラーメンを置くテーブルなどにも利用できる一筆書きのテーブルベンチも。

虚像反転無分別 / Reversible Rotation - Non-Objective Space

虚像反転無分別 / Reversible Rotation – Non-Objective Space

また、お店の中にはアート作品「虚像反転無分別」があり、不思議な空間の中でヴィーガンラーメンを楽しめたり、先ほどの「Garden Area」の作品で使用したランを購入できる花屋「teamLab Flower Shop &Art」もオープン。

新たな楽しみが増えた「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM」をお伝えしました。

チームラボプラネッツ TOKYO DMM

所在地:東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
アクセス:新豊洲駅より 徒歩1分(ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線)
豊洲駅より 徒歩10分(東京メトロ有楽町線)
公式サイト:https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/

あわせて読みたい