ホワイトタイガーを見ながらランチ! 「伊豆アニマルキングダム」は“ふれあい王国”だった【静岡・ 東伊豆】

伊豆急行・伊豆稲取駅からバスで10分、動物園と遊園地の複合施設「伊豆アニマルキングダム」では、国内でも珍しいホワイトタイガーや、百獣の王・ライオンたちを間近に眺めながら食事ができるレストランが人気です。

本記事は世界文化社運営のメディア「レアニッポン」にて2019年7月に掲載されたものですが、「レアニッポン」閉鎖に伴い、当ブログに記事を移行し加筆しました。

SPONSORED LINK

レストランアニマルキングダム

レストランアニマルキングダム

レストランアニマルキングダム

それが、動物たちが暮らすエリアを歩いて進む「ウォーキングサファリゾーン」の中間地点にある「レストランアニマルキングダム」です。窓際のテーブル席には一面大きなガラスが張られていて、そのすぐ近くをホワイトタイガーが悠然と歩いていました。

レストランアニマルキングダム

まずは自分の座席を確保して、レストランで食事を注文しましょう。レストランはここでオーダーすると、その場で調理してくれます。

SPONSORED LINK

「レストランアニマルキングダム」のメニュー

「レストランアニマルキングダム」のメニュー

メニューはカレーライスやオムライス、スパゲッティ、そば、うどんなど、お子さまにも人気のラインナップ。

一番人気のサファリカレー

一番人気のサファリカレー

この日は、レストランで一番人気の「サファリカレー(1,000円税別)」をオーダーしました。肉厚のトンカツがのったボリューミーなカツカレーです。

サファリカレーを食べる

サファリカレーを食べる

窓側の席で、ホワイトタイガーを眺めながらサファリカレーをいただきます! これ以上ない、ワイルドなランチタイムですね。

ホワイトタイガーの親子

ホワイイトタイガー 母親シロップ(中央)と双子のアールとグレイ

母親シロップ(中央)と双子のアールとグレイ

この日は雨模様でしたが、ホワイトタイガーの親子が元気に歩き回っていました。

ホワイイトタイガーのアールとグレイ

アールとグレイ

昨年9月に誕生した双子の姉妹、アールとグレイが散歩中。

ホワイイトタイガー 母親のシロップ

母親のシロップ

双子の母親、シロップは双子を見守りながら、元気な姿を見せてくれました。

ホワイイトタイガー アールとグレイ

アールとグレイ

時折、窓側の席にも近寄って来てくれます。ホワイトタイガーがすぐそこに!

ホワイイトタイガーを間近で写真が撮れる

間近で写真が撮れる

こんなに近くでホワイトタイガーの写真が撮れるなんて、なかなかないですよね!スマホでも十分、いい写真が撮れました。

反対側には百獣の王・ライオンがいます

反対側には百獣の王・ライオンがいます

百獣の王・ライオンは、まったりとお昼寝中

ライオンは、まったりとお昼寝中

ホワイトタイガーの反対側のエリアには、百獣の王・ライオンたちの姿がありました。

レストランはどの席からも動物たちの姿をよく見ることができますよ!

「猛獣餌やり体験」に挑戦!

ホワイトタイガーに餌やり体験

ホワイトタイガーに餌やり体験

「伊豆アニマルキングダム」では、さまざまなイベントが開かれていますが、中でも注目は「猛獣餌やり体験」です。ワンコイン(25組限定・1組500円)でホワイトタイガーやライオンたちの餌やりに挑戦できます。

餌やり体験に挑戦

餌やり体験に挑戦

餌やり体験の専用スペースにはさっきまでレストランで見ていた双子のアールとグレイがスタンバイ! 二頭とも専用の棒についた肉を凝視しています。

肉をガブリッ!

肉をガブリッ!

棒についた肉をそっと差し出すと、勢いよくガブリッ! その距離、数十センチ! あっという間に肉を平らげてしまいましたが、ホワイトタイガーに直接、餌をあげるなんてなかなかできない体験ですよね。

「伊豆アニマルキングダム」は、他にも小動物をはじめ、キリンやサイといった大きな動物とふれあい体験ができる、まさに“ふれあい王国”。動物好きにはたまらないスポットですよ!(※現在、小動物とのふれあいについては自粛しているそうです)

取材協力:東伊豆町観光協会

伊豆アニマルキングダム

所在地:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3344
営業時間:9:30~16:00※ 最終受付は閉園時刻の一時間前
定休日:無休(6月と12月の平日に施設点検のため休園日あり)
URL:http://www.izu-kamori.jp/izu-biopark/

あわせて読みたい