「PRO TREK Smart WSD-F30 発表・体験イベント」に参加してLTしてきました! #プロトレックスマート #アウトドアアンバサダー

カシオっ子です東京散歩ぽです!
今回は「アウトドアアンバサダープログラム」の「PRO TREK Smart WSD-F30 発表・体験イベント」に参加してきまして、2019年1月19日に発売予定の「PRO TREK Smart WSD-F30」について、カシオの開発者の方の話を聞くとともに、登山アプリ「YAMAP」を運営する株式会社ヤマップの代表取締役、春山慶彦さんのお話しもお聞きすることができましたので、その模様をお伝えします。

SPONSORED LINK

カシオのスマートアウトドアウォッチ「PRO TREK Smart WSD-F30」

PRO TREK Smart WSD-F30」は、2019年1月18日に発売されるカシオのスマートアウトドアウォッチです。

前回、前期種の「PRO TREK Smart WSD-F20」と今回発売される「PRO TREK Smart WSD-F30」とのサイズ感を比較する記事でもご紹介しましたが、サイズがかなりコンパクト化されて、男性だけでなく女性にもつけやすくなりましたよ!

カシオ「PRO TREK Smart WSD-F30」と「WSD-F20」のサイズ感を比較してみた!コンパクト&軽量化されて女性にもおすすめ #アウトドアアンバサダー #プロトレックスマート

前機種のフィードバックをもとに、よりコンパクトに

カシオ計算機開発部の岡田佳代さん

今回のイベントでも、カシオ計算機開発部の岡田佳代さんから「PRO TREK Smart WSD-F30」の主な特徴について聞かせていただきました。

プロトレックスマートの特徴

プロトレックスマートは前期種同様、スマホは見なくても「腕を見るだけで現在地が地図でわかる」ことと、
米軍の軍用規格試験「Mil-STD+5気圧防水」という防水性と耐衝撃性に優れたスマートアウトドアウォッチです、
Googleの「Wear OS by Google」に対応していますが、iPhoneでも問題なく使用できます。

WSD-F20ユーザーからのフィードバック

前期種の「WSD-F20」の発売後、このアウトドアアンバサダーイベントや様々なイベントでユーザーから「腕のサイズが合わない」「バッテリーもちが心配」「モノクロ画面は時計しか出ないの?」などのフィードバックが帰ってきたそうです。

サイズダウンして、よりフィットしやすく

WSD-F30はコンパクト化を重点に置いて開発

中でも「サイズが大きくてつけづらい」という声はかなり聞かれたそうで、今回のWSD-F30はコンパクト化を重点に置いて開発されたことが分かりました。

小型化した部品を使って、機能はそのままにサイズダウンを断行。腕が細い人でもよりフィットしやすいサイズ感に仕上がっています。

二層ディスプレイが進化して、計測情報も表示

WSD-F30からは歩数や高度、走行距離などの計測情報を同時に表示

前機種はモノクロ画面の時に時計しか表示されませんでしたが、WSD-F30からは歩数や高度、走行距離などの計測情報を同時に表示されるようになりました。

液晶画面は有機ELディスプレイに変更(320×300 ピクセルから390×390 ピクセル)

さらに液晶画面は有機ELディスプレイに変更(320×300 ピクセルから390×390 ピクセル)され、地図もこれまで以上によりクッキリとした画像を見ることができます。

電池もちが改善

WSD-F30では通常使用が前機種(WSD-F20)の1日から1.5日に改善

小型化すると電池の減りが早くなるんじゃない?という懸念をもたれる方もいるかと思いますが、WSD-F30では通常使用が前機種(WSD-F20)の1日から1.5日に改善。

最長3日間バッテリーもちを実現

山歩き用の「エクステンドモード」はアクティビティの活動計画を設定することで自動的にGPSやBluetooth、Wi-Fi機能、アプリ制御して、無駄なバッテリーを切ることで、最長3日間バッテリーもちを実現。モノクロ液晶だけの「マルチタイムピースモード」なら前機種同様、約1ヶ月間連続使用できます。

ダウンロードできる地図は1ヶ所から5ヶ所に!

「緯度・経度の表示」「ダウンロード地図が1つから5つに増加」「アクティビティログのアプリから計測データをバックアップ」

さらにオリジナルのアウトドアアプリは「緯度・経度の表示」「ダウンロード地図が1つから5つに増加」「アクティビティログのアプリから計測データをバックアップ」できるなどの機能が追加され、より実用的になりました。

特に「ダウンロード地図が1つから5つに増加」になったことは山登りで縦走される方や、長距離をサイクリングする方にはかなりの改善と言えそう。さらに地元のマップや週末に行く山登りのマップなど、用途に応じても使い分け出来そうですね!

このように「サイズ」「機能」「電池もち」とフィードバックで挙げられた点をすぐに改善するカシオの開発チームのスピード感には本当に頭が下がります。

SPONSORED LINK

先行ユーザーとしてLTしてきました

今回、3名のブロガーが「PRO TREK Smart WSD-F30」を事前にお借りして、この日のイベントで使い勝手や感想をLT(ライトニングトーク)形式で話したんですが、実は僕も登壇させていただきました!

ロベルト本郷3丁目さんは実際に山登りにWSD-F30をつけてエクステンドモードを使用したところ、充電もちが改善したことを実感したそうで、これなら友達にも勧めたいと話してました。

またGLOBEさんからは、つけやすくなったという点と、液晶画面が見やすくなった点を、女性目線から高く評価していました。

僕からは、この機種の最大の特徴であるコンパクトになったサイズ感について話させていただきました。

僕は結構、腕が細いので前期種をつけると、かなり目立ってしまうんですが、このWSD-F30は僕の上でにもぴったりとフィットするので、これまでのプロトレックスマートの中でも一番装着感がいいですね!

このフィット感、小型化がもたらしたことはもちろんなんですが、今回からベルトは着脱式になっていて、ベルトを外すことができます。これによりベルト部が少し可動するので、腕が細い人でも、より腕にフィット感を与える結果となりました。

専用オプション品のロングタイプのクロスバンド「WSA-BX1」が同日発売されますが、他にもいろんなバリエーションのベルトが増えるといいな!

登山アプリ「YAMAP」の春山 慶彦さん

「YAMAP」を運営する株式会社ヤマップの代表取締役 春山 慶彦さん

この日は「YAMAP」を運営する株式会社ヤマップの代表取締役の春山慶彦さんも登壇して、登山アプリ「YAMAP」について、お話しいただきました。

110万DLを記録した登山アプリの「YAMAP」は僕も利用したことがあるんですが、ものすごくよく出来てるんですよね。春山さんは、登山する時はスマホなんか見ないで山の素晴らしい景色を楽しんで欲しいと話し、登山の邪魔をしないようにスマホを出さずに現在地が分かるカシオの「PRO TREK Smart 」はYAMAPの設計思想にバッチリはまったスマートアウトドアウォッチとして、新機種のWSD-F30にも期待を寄せていました。

コンパクトになり、さらに使いやすく

ということで「PRO TREK Smart WSD-F30 発表・体験イベント」の模様をお伝えしました。

今回のイベントに参加して、分かったことは、よりユーザーの声を反映してコンパクトにしただけでなく、機能を充実させることで登山以外のアウトドアアクティビティをやる人にはさらに使いやすくなったんじゃないかと感じました。

特にサイズ感は大きく改善したので、発売後はぜひ注目してみてくださいね!

CASIO公式Twitterをフォロー&RTでWSD-F30を1名様にプレゼント!

そんなカシオさんの公式Twitterでは、フォロー&上記のツイートをRTすると抽選で1名様に「PRO TREK Smart WSD-F30」が当たるキャンペーンを実施中です!(締め切り2019年1月8日まで)

PRO TREK Smart(プロトレックスマート) WSD-F30の予約はこちら!

あわせて読みたい