カシオ「PRO TREK Smart WSD-F20」とYAMAPを連携させてトレッキングしてきた #アウトドアアンバサダー #プロトレックスマート

WSD-F20

SPONSORED LINK

カシオっ子の東京散歩ぽです。
カシオの新しいスマートアウトドアウォッチ「PRO TREK Smart WSD-F20」(以下:プロトレックスマート)をモニターで使用しています。
先日、長野県小谷村にある栂池自然園をトレッキングした時にプロトレックスマートと登山アプリ「YAMAP」を連携させて歩いて来ました。

地図をダウンロード→プロトレックスマートに転送させてオフラインで使う

YAMAP」は無料でも使える登山アプリ(一部有料)です。これまで僕はiPhoneにYAMAPのアプリを入れて使ってましたが、モニター中のプロトレックスマートなら、本体自体にYAMAPのアプリを入れて操作することができます。

ただし、本体にはプリインストールされてないので、GooglePlayストアから「YAMAP」で検索してアプリをダウンロードしておきましょう。

プロトレックスマートには低消費電力GPSが搭載されています。
連携するスマートフォンにも「YAMAP」のアプリをダウンロードしてアカウントを作成後、事前に登る山の地図をダウンロードして、その地図をプロトレックスマートに転送しておけば、電波が届かない圏外でもオフラインで現在地を確認することができます。

転送中は充電器に接続しましょう

アプリや地図をダウンロードする場合は、充電器につなげておくとスムーズに読み込みます。

現地でプロトレックスマートからYAMAPを起動させれば、現在地が表示されます。

右にスライドさせてスタートボタンを押し、アクティビティの種類を選んで記録スタート!

以前は、都度スマホを取り出してどのくらいまで進んだかなど確認してましたが、プロトレックスマートならいちいち取り出さず、手元で現在地図と時間、緯度、経度を確認できるのは便利ですね!

アクティビティ終了後はアクティブ時間と消費カロリー、距離、平均ペースなどが表示されます。

栂池自然園のハイキングコース(YAMAPより)

この日、プロトレックスマートとYAMAPを連携してログをとったこの日のハイキングコースはこちら!
記録はオフラインでも保存されて電波が入った場所で、スマートフォンを経由してYAMAPに送られますよ!

今回は緩やかなハイキングコースでしたが、本格的な登山となると、心配なのはやはり遭難ですよね。
GPSで現在地を知ることができるのは命を守る上でもとても重要な機能だと思いました。

この他にも高度計で標高を確認できたりと、山登りをさらに楽しくさせてくれる機能が多いです。

プロトレックスマートは次のアクティビティが楽しくなる機能がたくさん盛り込まれてますよ!

あわせて読みたい

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ