カシオ「PRO TREK Smart WSD-F30」が2019年1月18日に発売!小型化&薄型化で普段使いにも #アウトドアアンバサダー #プロトレックスマート

カシオっ子です東京散歩ぽです。
カシオ計算機のアウトドアスマートウォッチ「PRO TREK Smart(プロトレックスマート) WSD-F30」が2019年1月18日に発売が決定。2018年12月1日より予約が開始されました!

SPONSORED LINK

小型化&薄型化したWSD-F30

今回発表された「PRO TREK Smart(プロトレックスマート) WSD-F30」は僕が昨年から利用している「PRO TREK Smart WSD-F20」の後継機種に当たります。カラーはブルー、オレンジ、ブラックの3色展開。

特徴は縦横ともに3.9mm、厚さ0.4mmと大きく小型化と薄型化を実現したという点。

さらに電池が改善。オフラインのカラー地図とGPS機能を長時間使える「エクステンドモード」が新たに搭載され、1回の充電で最大3日間のアクティビティでも活用できそうです。

PRO TREK Smart WSD-F30のスペック

防水性能
5気圧
耐環境性能
MIL-STD-810G(米国防総省が制定した米軍の物資調達規格)準拠、耐低温仕様(-10°C)
ディスプレイ
1.2インチ 2層ディスプレイ
カラー有機EL(390×390ピクセル)+モノクロ液晶
タッチパネル
静電容量式タッチパネル(防汚コーティング対応)
GPS
搭載(GLONASS、みちびき対応)
カラー地図機能
搭載(オフライン対応、最大5ヶ所まで保存可能)
センサー
圧力(気圧/高度)センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、方位(磁気)センサー
マイクロフォン
搭載
バイブレーター
搭載
無線
Bluetooth® V4.1 (Low Energy 対応)
Wi-Fi (IEEE802.11 b/g/n)
ボタン
MAPボタン、電源ボタン、TOOLボタン
バッテリー
リチウムイオン電池
充電方式
マグネット圧着式充電端子
充電時間
常温で約3時間
電池寿命
(GPS使用なし)
通常使用:約1.5日
時計とセンサーのみ(マルチタイムピースモード)Wear OS by Googleの機能オフで約1ヶ月
(使用環境によって変動します)
本体サイズ
約 60.5mm × 53.8mm × 14.9mm (ボディ部分の縦×横×厚さ)
質量
約83g (バンド含む)
OS
Wear OS by Google
動作環境
本機の利用には、以下を搭載したスマートフォンが必要です。
サポートされている機能はプラットフォームおよび国によって異なる場合があります。
Android™:Android™4.4以上(Go エディションを除く)
iOS:iOS 9.3以上
SPONSORED LINK

オプションのクロスバンド WSA-BX1が同日発売

オプションのクロスバンド WSA-BX1

オプションのクロスバンド WSA-BX1

「WSD-F30」専用オプション品として、ロングタイプのクロスバンド「WSA-BX1」が同日に発売。通常のバンドよりも長いので、厚みのあるアウトドアウェアの上からも無理なく装着できるなど、冬山登山でも活躍しそう。

PRO TREK Smart  WSD-F30を一足お先にモニターしています!

ということでこの度「アウトドア アンバサダー」の製品モニターで、販売前の「PRO TREK Smart(プロトレックスマート) WSD-F30」を一足お先にモニターさせていただいています。

前機種のWSD-F20よりも、ひと回り小型化&薄型化されたので、男性、女性問わずアクティビティはもちろん、普段使いにもつけやすいサイズ感になりましたよ!レビューはまた別記事でお伝えしたいと思います!

カシオ計算機のアウトドアスマートウォッチ「PRO TREK Smart WSD-F30」は2018年12月1日より予約開始、2019年1月18日に発売です!

PRO TREK Smart(プロトレックスマート) WSD-F30の予約はこちら!

WSD-F30でも利用できる充電専用ホルダーもおすすめ

あわせて読みたい

Translate »