【台東区谷中】「カヤバ珈琲」閉店危機を乗り越え70年以上親しまれている喫茶店でモーニングセット!

今回ご紹介するのは台東区谷中にある「カヤバ珈琲」さんです。

一度は閉店してしまったものの地元の人達によって再び開店した歴史的な喫茶店ですよ。

SPONSORED LINK

70年以上親しまれた谷中のシンボル

JR「日暮里」駅、地下鉄千代田線「根津」駅からどちらも徒歩10分ほどに位置するこちらのお店の建物は大正5年の建築。昭和13年(1938年)に開業した「カヤバ珈琲」は平成18年(2006年)お店の奥様が亡くなられたことで一度閉店してしまいました。

しかし、地元NPO団体など有志の方々が協力してお店を改修し、閉店から3年後の平成21年(2009年)再び復活、開店したんですね^^

このレトロな佇まい。いいなあ〜

「カヤバ珈琲」という店名もそのまま引き継いでの開店。

谷中の人たちのシンボル的な存在なんですね。

時刻は午前10時過ぎ。

さあ、なかに入ってみましょう!

通りに面した1階の窓側の席に座りました。

2階にも席があるみたいです。今度行ってみたい^^

椅子やガラス戸カウンターなど当時のものをそのまま使っているようでした。歲月が経たないと出ないシブさがあります。

壁にかかっていたのは昔のお店の写真。

ほぼ、そのまんまですね!

さてメニュー。

9時から11時まではモーニングセット(700円)が頼めます。朝ごはんちょっと食べたけど、嫁さんはたまごサンドとアイスティーをオーダー。

カヤバ珈琲だからコーヒー飲まないとなっということで

僕はカフェラテをオーダー。旧カヤバ珈琲名物のルシアン(500円)も気になるなあ。

ミルクセーキにポンジュースなんて懐かしい^^

トーストやサンドは単品でも頼めます。

値段が良心的。やっぱ下町いいなあ〜^^

あと、僕はあんみつ(お茶つき)を頼みました。

夏(7月初旬〜8月)はかき氷も好評で、谷中生姜で作られたシロップをかけた「谷中ジンジャー」が一番人気なんだとか!夏にまた来よう^^

モーニングセットのたまごサンドが来ました。ドリンクがついて700円です。

サラダとスープにたまごサンドが6個。

普通のたまごサンドとは違って、ふんわり焼いた厚焼き玉子を挟んでいるので食感もフワフワでしたよ(^。^)

カフェラテ(500円)が来ました〜

綺麗なラテアート!そして香り豊か^^

あんみつ(お茶つきで600円)が来ました〜

バニラのアイスに求肥もついてこれぞあんみつのグローバル・スタンダード!

最近手に入れた接写レンズで無駄に寄ります。

かける黒蜜テッカテカ!

黒蜜をあんこと寒天にかけて

うまそ〜〜

今度はアイスに。

ヴァニラビーーーンズ!

そして最後はさくらんぼに!

ほんとにごめんなさい^^;

やっぱりあんみつ作った人、天才ですね^^

ずっと食べていたい^^;

最後にお茶を出してもらいました。

甘くなった口の中をさっぱりしてくれます。

そしてしばしまったり(^・^)

夜は雰囲気も変わって食事やお酒も楽しめるそうです。趣きあるだろうなあ。

70年以上、谷中で親しまれた「カヤバ珈琲」

世代は変われど今後も末永く街のシンボルとして続いていくでしょう。

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ