ジブリ映画「かぐや姫の物語」が公開延期!果たして今の制作現場は?

1番好きな高畑勲監督作品は「おもひでぽろぽろ」。東京散歩ぽです。
この夏、宮崎駿監督作品「風立ちぬ」と同時公開が予定されていた高畑勲監督作品「かぐや姫の物語」の公開延期が発表されました。
現在の制作状況はどのような感じなんでしょう?

N0049977

SPONSORED LINK

『かぐや姫の物語』(C) 2013 畑事務所・GNDHDDTK

公式HPによると、「風立ちぬ」の製作とほぼ同じレベルの進行状況にはあるものの、絵コンテがまだ完成をみないとの報告を受け、諸般の状況を検討した結果、夏公開を延期し、秋公開にすることになったそうです。

TOKYO FMで毎週日曜日に放送されている、スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーのラジオ番組「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」で1/22に制作記者会見の様子がポッドキャスト配信されていました。その内容から「かぐや姫の物語」の制作状況が垣間みれました。

¥0
(2014.03.08時点)

iTunes で見る

TOKYO FM
posted with ポチレバ

「もしかしたら最高傑作になるかも・・」

前作の「ホーホケキョとなりの山田くん」から14年ぶりとなる高畑監督の今回の作品。準備が始まったのは2006年からだったといいます。それまで様々な企画が検討され一時期は「平家物語」を制作することも検討されたとか。

2006年から高畑監督について準備をしてきた「かぐや姫の物語」プロデューサーの西村さんはある日、高畑監督を車で送った際に「西村くん。この作品はもしかしたら最高傑作になるかもしれない」とにこやかに笑いながら話したとか。

繊細なタッチの高畑監督の映画。今回の作品もポスターの画のタッチのまま映画になるそうですよ。スタッフも「となりのトトロ」「もののけ姫」の美術監督 男鹿和雄さんが務めるとか。これも楽しみ^^

声は録音済み

通常、アニメーションはアフレコといって完成したアニメーションに合わせて声を録音していきます。宮崎監督もこの方式で制作しているんですが、高畑監督はプレスコ方式といって、まず声を録音してからその声に合わせてアニメーションを作る方式をとっているんですね。

「かぐや姫の物語」は全ての声は撮り終わっていて、あとは絵コンテといって、キャラクターがこのセリフをしゃべっているときにどんな動きをするいう、いわばアニメーションの設計図が現段階でまだ完成をしていないようです。

 

実に25年ぶりの同日公開は幻となってしまいましたが、ここまできたら最高のクオリティの作品を見たいですよね。だから僕は夏公開が秋公開になるくらいのことは全然、気になってないです。

プロデューサーの鈴木さんは二本を比べるつもりはなく、公開規模は同じスクリーン数で公開されるそうです。制作費も2本でいくらというふうにカウントしているとか。しかし、ラジオを聴いてると高畑監督もかなりの職人肌の監督。製作陣の方はほんとに大変そう^^;

宮崎・高畑両巨匠が放つ二つの作品。「風たちぬ」「かぐや姫の物語」。

2013年は日本映画界にとって特別な年になりそうですね。

 

かぐや姫の物語 公式サイト


東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

SPONSORED LINK

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ