【青山】岡本太郎記念館が耐震補強工事に入るそうです

今回は表参道駅から徒歩10分のところにある「岡本太郎記念館」に行ってきました。

もともと岡本太郎さんが晩年まで過ごした自宅兼アトリエ。カフェも併設されているこちらの記念館は年末からは耐震補強工事に入ってしまうそうです。
IMG_0866

SPONSORED LINK

岡本太郎の自宅兼アトリエ

芸術は爆発だ!」で知られる岡本太郎さんは1953年(昭和28年)からここ青山に住居を構えてました。

かの有名な大阪万博の時に作られた太陽の塔もここで構想が練られたそうです。

IMG_0909

1996年(平成8年)に岡本太郎さんが亡くなり、この記念館は1998年から開館されました。

自宅の形をほぼそのままに岡本さんのたくさんの作品が展示されています。

そしてこちらはなんと撮影が可能。

今日は写真を交えてご案内します!

IMG_0868 IMG_0874

1階の玄関からすぐの部屋に入るとリビングがあります。

ここには多くの作品ともに岡本太郎さんの蝋人形もあります。

蝋人形でもオーラあり過ぎてちょと怖い(^^;)

IMG_0870

リビングの奥へ行ってみると太郎さんが晩年まで作品製作をしていたアトリエがそのまま保存されてますよ。

IMG_0871

アトリエ内には立ち入れませんがたくさんのキャンパスが立てかけられていて、筆や机もそのまんま、床には絵の具が落ちた後がそのままになっていて、多くの作品がここで産声をあげたことが伺い知れます。

岡本太郎記念館のアトリエ

すごいなこの部屋!まだ主を待っているかのよう。

部屋にはピアノも置いてあってその上には渋谷駅マークシティの連絡通路に展示されてる、「明日の神話」の下絵もありました。

IMG_0876

アトリエを後にして2階へ上がってみましょう。

階段で2階に上がるとこちらも多くの作品が展示されてます。

IMG_0879

あの「太陽の塔」の模型もありました。

うーん、まさにベラボーな塔や。

IMG_0885

階段の渡り廊下から下を見下ろした様子。

こんなに存在感のある芸術家、最近はなかなかいないですよね。

IMG_0887

さて、二階を見終わったら庭へと行ってみましょう。

庭にも多くの芸術作品が展示されてますよ^o^

IMG_0889 IMG_0888

太陽の塔のみたいなオブジェがかわいい^^

IMG_0896

トゲトゲがたくさん付いた銅鑼。

ハンマーで鳴らす事も出来ますがトゲに気をつけて!

IMG_0895

茂みの奥からこっち見てる。

IMG_0892

川崎市にある岡本太郎美術館にある「母の塔」の模型ですね。

実物は高さ30mもあって本当に大きかったですよ^_^

 

併設のカフェ「ア・ピース・オブ・ケイク」へ

IMG_0902

記念館をひととおり見終わったら入口すぐ横にあるカフェ「ア・ピース・オブ・ケイク」に行ってみましょう。

IMG_0905

庭を見ながらコーヒーで一息つけますよ^^

館内は岡本太郎さんのエネルギーがギュッと凝縮されていて不思議と力が湧いてくる、そんなスポットでした。googleストリートビューで館内を見る事も出来ますが是非現地で実際に見てもらいたいですね^^

 

年末から耐震補強作業で臨時休館に

岡本太郎記念館は2013年12月28日(土)から2014年3月上旬まで耐震補強工事のためその間は臨時休館になるそうです。年内は27日までの開館なのでこの機会に訪れて見てくださいね!

 

ようこそ岡本太郎記念館!

開館時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
休館日:火曜日(祝日の場合は開館)
観覧料:一般 \600(\500)
小学生 \300(\200)
※( )内は15人以上の団体料金

 


大きな地図で見る

おすすめの関連記事

【表参道】HIGASHIYAmanのアイスモナカが美味しすぎてまた食べたい

【外苑前】昔ながらの喫茶店「香咲」でパンケーキを食べてきた

【原宿・神宮前】yaoでパンケーキランチプレートを食す

【銀座】ユニクロ銀座に直結の「ローズベーカリー銀座」でパンケーキを食す

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ