ホテル雅叙園東京「和のあかり×百段階段2022」をレポ!購入可能な現代アートも

こんにちは、東京散歩ぽです!

目黒区にある「ホテル雅叙園東京」では期間限定イベント「和のあかり×百段階段2022〜光と影・百物語〜」が2022年7月2日(土)から9月25日(日)まで開催中!今回はイベントに先駆けて行われた内覧会の模様をお伝えします!

書籍「東京の懐かしくて新しい暮らし365日」試し読みページ

和のあかり×百段階段2022〜光と影・百物語〜

イベントが行われるのは、ホテル雅叙園東京内にある東京都指定有形文化財「百段階段」です。

ここは旧目黒雅叙園の3号館にあたり、1935年(昭和10年)に建てられた木造建築です。創業当初、階段の途中にある7つの部屋は宴会場として利用されていました。

2015年に初開催され、今年7回目を迎える「和のあかり展」。

今年は「光と影・百物語」を展示テーマに、各部屋にはストーリーテーマとして夏にふさわしい百物語(怪談)の世界が展開。歩みをすすめると更なるストーリーが体験できます。

様々な形の光と影が演出が楽しめる同イベント。僕が気になったのは「静水の間」では会場テーマ「さかさまのあかり」です。

幻想的なBGMの中で展示されている造形作家・中里繪魯洲さんの作品「さかさまのさかさま」はジブリ映画に出てきそうな圧倒的な存在感です。

SPONSORED LINK

展示中の一部の作品は実際に購入も可能

造形作家・小澤康麿さんの作品

造形作家・小澤康麿さんの作品

面白いなと思ったのは、一部の作品が実際に購入することができるというところ。

現代美術家/彫刻家・西島雄志さんの「白狐」

現代美術家/彫刻家・西島雄志さんの「白狐」

画家・鈴木ひょっとこさんの作品

画家・鈴木ひょっとこさんの作品

彫刻家・オオタキヨオさんの作品

彫刻家・オオタキヨオさんの作品

現代美術家や画家、企業などが作品を数多く出展していて、購入すれば会期終了後に作品が届くそうです。

現代美術家/絵画、インスタレーション・石井七歩さんの作品

現代美術家/絵画、インスタレーション・石井七歩さんの作品

随所に幽霊や妖怪たちの気配が見え隠れするところも見どころのひとつ。

酷暑が予想される今年の夏。「和のあかり×百段階段2022〜光と影・百物語〜」は五感を通じて涼を得られるスポットとなりそうです!

「和のあかり×百段階段2022〜光と影・百物語〜」開催概要

期間:2022年7月2日(土)から9月25日(日)
時間:11:30〜18:00(最終入館17:30)※8月20日(土)は17:00まで(最終入館16:30)
会場:ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」
料金:当日券 ¥1,500 / 学生 ¥800(要学生証呈示)/ 未就学児無料
販売:ホテル雅叙園東京(一般入場券)/ 公式オンラインチケット(一般入場券、グッズ付)
主催:ホテル雅叙園東京
「和のあかり×百段階段2022〜光と影・百物語〜」イベント詳細

あわせて読みたい