QUEENの花火大会が11月に大阪・浦安・宮崎で開催!名曲に合わせて13,000発の音楽花火が打ち上がります

QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~

2018年最大のヒット映画になった『ボヘミアン・ラプソディ』。
そのQUEENの「音楽」と、日本が誇る「花火」が融合した全席有料・指定席の音楽花火イベント「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」が2019年11月に大阪、浦安、宮崎で開催決定!

8月2日(金)から前売り先行チケット(抽選)が始まってます行きたい。

世界初!QUEENの曲とともに13,000発の花火が舞う

最近は、音楽にシンクロした花火大会が多くなってますが、今回のイベントは、数多あるクイーンの楽曲とともに13,000発の花火がノンストップで約1時間に渡って、シンクロするという世界初のイベントとなるそう。

花火が1時間ノンストップってかなりのボリュームですよ!

「ボヘミアン・ラプソディ」とか、「ドント・ストップ・ミー・ナウ」とか花火に合いそうな選曲にも注目です。

SPONSORED LINK

QUEENメンバーからもコメントが!

今回のイベントはもちろん、クイーンの公認です。イベントに向け、ギターのブライアン・メイさん、ドラムのロジャー・テイラーさんも以下のコメントを発表しています。

ブライアン・メイさんのコメント:「僕たちQUEENにとって日本は特別な国です。そんな日本の誇る伝統文化の花火を僕らの楽曲に乗せて打ち上げるなんて想像しただけでワクワクします。2020年には来日公演もありますし、いろいろなシチュエーションで僕たちの音楽を楽しんでもらえれば最高です。正直僕も観に行きたいよ。」

Brian May: “Japan is special place for Queen. We are very excited to hear that the Japanese traditional firework will light up the sky with our music. In 2020, we will be coming back to Japan for a tour so it’s great that there are many opportunities for the fans to enjoy our music. I wish I can be there to see it! ”

ロジャー・テイラーさんのコメント「クイーンを最初に受け入れてくれたのは日本だった。初めて来日したときのあのリアクションには驚いた。今考えるとまるで花火のようだったよ。あれから約50年、僕らの楽曲に乗せ本物の花火が打ちあがるなんて最高じゃないか。今年は花火で盛り上がり、年明けには僕たちのショーで盛り上がってくれよ!」

Roger Taylor: “Japan was one of the first countries to welcome us. I was very surprised to see the reactions for the fans when I first came to Japan. It was almost like a firework. It’s been 50 years since then and it’s great that there is a firework event with Queen’s music. Hope you enjoy the Queen fireworks this year and our tour next year!”

2020年1月には日本ツアー「QUEEN + ADAM LAMBERT – THE RHAPSODY TOUR」で来日が決まっているクイーン。

11月に開かれる「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」は彼らの来日をお祝いするちょっと早い前祝い的な花火イベントとなりそうですね!

QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~

開催日時(会場):

  • 2019年11月3日(日・祝) 大阪・舞洲スポーツアイランド太陽の広場(18:00-19:00予定 ※荒天の場合中止)
  • 2019年11月16日(土) 浦安市総合公園(18:30(スタート予定)※荒天時翌日順延)
  • 2019年11月30日(土) みやざき臨海公園 サンマリーナ宮崎多目的広場(18:00スタート ※雨天決行(荒天中止))

※全席指定の有料席です。チケット料金は、各公式サイトをご確認ください。

11/3 大阪 11/16 浦安 11/30 宮崎

あわせて読みたい

Translate »