【琉球料理ぬちがふう(命果報)】壺屋やちむん通りの古民家でソーキすばランチセットをいただく

本記事に含まれる広告から収益を得ることがあります

壺屋やちむん通り

沖縄大好き、東京散歩ぽです。2年ぶりに沖縄へ行ってきました。

今回は、国際通りから歩いて10分くらいのところにある「壺屋やちむん通り」から1本入ったところにある古民家琉球料理屋の「琉球料理ぬちがふう(命果報)」さんでランチしてきました。

書籍「東京の懐かしくて新しい暮らし365日」試し読みページ

琉球料理ぬちがふう(命果報)

壺屋やちむん通り

「壺屋やちむん通り」は、那覇に来たときは毎回、立ち寄る散歩スポットです。「琉球料理ぬちがふう(命果報)」へは、「壺屋やちむん通り」から1本路地を進んだところにあります。沖縄らしい石垣が目印。

琉球料理ぬちがふう(命果報)入口

赤い屋根瓦の門構え。こちらが「琉球料理ぬちがふう(命果報)」さん。以前、お伝えした「うちなー茶屋&ギャラリーぶくぶく」の姉妹店です。

琉球料理ぬちがふう(命果報)入口

門を潜ると白い屋根瓦の建物が見えてきました。ここは、沖縄初の元ラジオ局として建てられた古民家を改装した琉球料理屋さんです。

琉球料理ぬちがふう(命果報)入口

琉球料理ぬちがふう(命果報)ねこ

玄関脇のベンチには2匹のかわいいにゃんこが休み中(^^ )

琉球料理ぬちがふう(命果報)ぬちがふう入口

水瓶にはハイビスカスなど、南国の花々で彩られていました。

それでは中に入ってみましょ。

SPONSORED LINK

琉球料理ぬちがふう(命果報)の店内

琉球料理ぬちがふう(命果報)内観

店内は琉球民謡がBGMで流れ、落ち着いた雰囲気。

琉球楽器や沖縄の伝統的な衣装(琉装)も飾られています。

琉球料理ぬちがふう(命果報)内観

今回はテーブル席へ。お隣にはカウンター席(5席)もありました。

琉球料理ぬちがふう(命果報)のメニュー

琉球料理ぬちがふう(命果報)メニュー

琉球料理ぬちがふう(命果報)さんのメニューはこちら。

この日はランチメニューをいただきました。14時からは琉球アフタヌーンティーセット(1,800円税別〜)、17時からは完全予約制のディナーコース(5,000円税別〜)もいただけます。

ソーキすばセット(1,200円税別)

琉球料理ぬちがふう(命果報)ソーキすば定食

僕は「ソーキすばセット」をオーダー。沖縄県のブランド豚「キビまる豚」の本ソーキと軟骨ソーキが入った沖縄そばと黒米入りのごはんとゴーヤの酢の物、もずく酢、ジーマーミ豆腐の小鉢。ヨモギの葉は沖縄そばに入れていただきます。

とても綺麗な沖縄のやちむん(焼き物)の器に盛り付けられ、南国の花が添えられていました。