無印ベーカリーに無印食堂!「無印良品 銀座」は人と地域と食をつなぐ無印総合百貨店だった

MUJIDiner
こんにちは、東京散歩ぽです!
2019年4月4日(木)に無印良品の世界旗艦店「無印良品 銀座」の模様をお伝えしています。前回は6階にある「MUJI HOTEL GINZA」をお伝えしましたがが、今回は地下1階から5階までの無印良品 銀座の全貌をお伝えします。

世界最大の無印良品 銀座

銀座並木通りに位置する「無印良品 銀座」は無印良品単独の店舗面積としては世界最大の売り場面積を誇る世界旗艦店です。1階から5階までは、これまでの無印良品の製品を中心に広々とした店内でゆっくり買い物ができます。

4階 MUJI BOOKS

こちらは4階にある「MUJI BOOKS」。「食」「絵本」「文庫」「洋書」など、古本を含めた5,000冊が販売されています。この他にもインテリアをサポートする「MUJI SUPPORT」やくらしの役に立つ「デザイン工房」など、無印初の試みが多く、これまでの無印良品とはまた違った印象を受けました。

1階 青果・食品売り場はかなりの充実度

今回の「無印良品 銀座」の中でも一番力を入れているポイントは1階フロアの食品売場でしょう。前の旗艦店「無印良品 有楽町」よりも食品売場は1.3倍に増加しているそうです。

これまで販売されている無印良品の食品に加えて、こちらの青果売り場では各地から旬の果物や野菜が販売されていて、テイスティングアドバイザーがその食材の「本当の旬」や生産者のストーリーを伝えていくそうです。

ジューススタンド

無印良品1階のジューススタンド

無印良品1階のジューススタンド

午前10時からオープンするジューススタンドでは、作りたてのフレッシュジュースや、牧場直送のジャージー牛乳のソフトクリームも販売。

ブレンドティー工房

無印良品1階ブレンドティー工房

無印良品1階ブレンドティー工房

ブレンドティー工房では、32種類のオリジナルティーをその場で調合してくれますよ!

SPONSORED LINK

日替わり弁当やサラダを販売

無印良品 銀座の日替わり弁当

無印良品 銀座の日替わり弁当

無印良品 銀座の日替わり弁当は無化調

こちらも無印良品としては初の試みとなる「日替わり弁当」や「サラダ」を販売しています。無化調で作ったというこの日の日替わり弁当は「鶏めし」(750円税込)。

一部エリアでは日替わり弁当のデリバリーも行うそうです。(※お届け地域は中央区、千代田区、港区(一部除く)当日朝9時までに5個以上からの予約注文、配送料は無料)

無印良品初のベーカリーは朝7時30分から

無印ベーカリー

中でも注目は1階入口入ってすぐの無印良品初のベーカリー。

店内で焼き上げられたパンは北海道産の小麦粉でつくったロールパンに食パン、季節の素材をはさんだサンドウィッチやフルーツサンドなど、お手頃な価格で販売。お店は朝7時30分から開いているので銀座で働く方の朝食としても便利ですね!

また無印良品のアプリ「MUJI passport」で事前注文をすれば、待ち時間なくオーガニックコーヒー(ホット・アイス)とロールパン2個セット(380円)を受け取れるそうです。

地下1階の無印良品 食堂「MUJI Diner」へ

MUJIDiner

続いて、地下1階にある無印良品初の食堂「MUJI Diner(ムジダイナー)」へ向かいましょう。

MUJIDiner

118席を擁する「MUJI Diner」では、「素の食」「楽しむ」「伝統」「おすそわけ」をテーマに日本各地の旬の食材をつかった料理やお酒が楽しめます。

MUJIDiner

「MUJI Diner」の客席

MUJIDiner

MUJIDiner

魚は小田原漁港からその日のとれたてを直送。肉は宮崎ハーブ牛、沖縄アグー豚など生産者から良質な食材を仕入れているそうです。

MUJIDiner(野菜は千葉県・寄居などの農家から産地直送)

野菜は千葉県・寄居などの農家から産地直送

ランチタイムは、焼き魚定食(1,200円税込)などの日替わり定食や、旬の野菜がたっぷりのサラダバー(ランチ時400円)が楽しめます。

MUJIDinerの豆腐工房

ちなみに豆腐はこちらの豆腐工房で作る、出来たての豆腐やおから料理が食べられます!

MUJIDiner

ディナーは「宮崎牛ハーブプレミアムのステーキ」や「ぶりとかんずり焼き煮菜」をはじめ、様々なジャンルの一品料理が楽しめます。

さらに朝はおにぎりと味噌汁のセット、焼き立てパンと目玉焼き、豆乳粥などの朝食セット(各500円)も食べられるそうです

「無印良品 銀座」は無印良品の総合百貨店だった

MUJI銀座

無印良品を手がける株式会社良品計画の代表取締役社長、松﨑 曉さんは「自然や環境、生産者に配慮しながら、地域の文化や伝統を重んじて、世界各国の人や、銀座に住む人、働く人が心地といいと思える新しい「感じ良い暮らし」を実現したい」と話すように今後は無印良品が考える銀座のおすすめスポット紹介「GINZAtoGO」やワークショップ「Open MUJI」など様々なイベントも開催されます。

これまで衣料品や雑貨のイメージが強かった無印良品が「食」についても大きなこだわりを持つことで今回オープンした世界旗艦店「無印良品 銀座」は、まさに無印良品の考え方を反映した総合百貨店に進化していました。

6階にオープンした日本初進出の「MUJI HOTEL GINZA」とともに世界の流行発信地「銀座」で無印良品が考える人と地域と食をつなぐ発信拠点となりそうですね!

無印良品 銀座

所在地:東京都中央区銀座3丁目3番5号
アクセス:東京メトロ銀座線/丸ノ内線/日比谷線  銀座駅B4出口 徒歩3分
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 5番出口 徒歩3分
JR山手線 有楽町駅 中央口 徒歩5分
TEL:03-3538-1311
予約URL:https://shop.muji.com/jp/ginza/

あわせて読みたい