【渋谷・変なカフェ】バリスタロボットが淹れてくれる本格ドリップコーヒー

変なカフェ

SPONSORED LINK

コーヒー大好き、東京散歩ぽです。

変なホテル」に続き、渋谷モディの地下1階にあるH.I.S.渋谷本店内にロボットがコーヒーを淹れてくれる「変なカフェ」が2018年2月1日にオープン。オープン初日に早速、行ってきました。お昼前ということもあり、約30〜40分程度の待ち時間でした。

変なカフェのメニュー

「変なカフェ」のメニューはこちら!

  • 本格ドリップコーヒー 320円
  • アメリカーノ290円
  • カフェラテ380円
  • カプチーノ380円
  • ココア380円
  • カフェモカ410円
  • 抹茶ラテ410円

まずは券売機でチケットを購入します。ドリップコーヒーのほかにもカフェラテやカプチーノ、カフェモカもあるんですね。

今回はスタンダードに「本格ドリップコーヒー」をオーダー。領収書ボタンを押せば領収書ももらえます(ありがたい)

紙コップをセッティングして、QRコードをスキャンすれば注文完了。

あとはロボットが自動的にコーヒーを淹れてくれますよ!

SPONSORED LINK

ロボットがハンドドリップしてくれる

こちらがバリスタロボット。

様々な方向に可動するアームを駆使して、コーヒーの豆挽き、ドリッパーのセッティング、ドリップ、コーヒーの提供、後片付けまで1人でこなしますよ!

紙コップと挽きたてのドリッパーをセッティングして、

お湯は専用口から自動で出てきます。

ちゃんと小さな円を描くように淹れてくれます。

淹れ終わったら紙コップを持ち上げて、

提供口に置かれて、作業完了。

ちなみにカフェラテやカプチーノはこちらのコーヒーマシーンを操作して提供してくれます。

作業後は「後片付け、後片付け」と口ずさみながらドリッパーを片付ける姿がかわいい(^^ )

本格ドリップコーヒー(320円)

ということで、淹れてもらった「本格ドリップコーヒー」がこちら。(はねかえりはご愛嬌)

ブラジル、エチオピア、グアテマラの指定農園のコーヒー豆をブレンドしたドリップコーヒーは、爽やかな酸味が特徴の本格コーヒーでした。メニューにもよりますが、1杯入れるのにおよそ3〜4分ほどかかるので、それに人数をかけた数が、おおよその待ち時間となりそうです。

シュガーとミルクはお好みで。

こちらのスペースで座りながら飲むこともできました。変なカフェはH.I.S.渋谷本店の店舗に併設してあるので、HISの旅行パンフレットを見ながら、カフェを楽しむこともできそう。

「変なホテル」に続いてロボットを使ってのカフェをオープンさせたHIS。今後もロボットを使った施設を増やしていきそうですね。今後も注目したいと思います。

Translate »