【目白】「志むら」で八ヶ岳の天然氷白玉を食す!甘さ控えのこしあんが美味しい

かき氷大好き東京散歩ぽです。
今回は豊島区目白にある「志むら」さんで白玉かき氷を食べてきました。

JR目白駅から徒歩1分の甘味処「志むら」

目白「志むら」

SPONSORED LINK

JR山手線目白駅から徒歩1分、こちらが「志むら」さんです。
昭和14年創業の老舗和菓子店。店先には、美味しそうなかき氷の独特のフォルム。これは美味しそう!

目白「志むら」

1階は和菓子の販売店舗、2階と3階は甘味喫茶となっている「志むら」さん。
テーブル席とカウンター席に分かれています。

「志むら」のかき氷メニュー

目白「志むら」

「志むら」さんのかき氷メニューはこちら!
宇治金時、いちご、黒蜜きなこや期間限定のそら豆ずんだ、赤肉メロン、さくらんぼなど種類も豊富。白玉は150円、ミルク、アイスは各100円でトッピングが出来ます。

またプラス100円で南アルプス・八ヶ岳の蔵元八義の天然氷に切り替えられますよ!

白玉(天然氷)(900円税抜)

目白「志むら」白玉

ということで今回は白玉を天然氷でオーダー。

どうですか!この器の上にそびえる絶壁の氷壁!!

目白「志むら」白玉
アイガーを彷彿とさせる氷の壁にこしあんがたっぷり流れ出しています。

アイスバーンならぬ、こしあんバーンや。

目白「志むら」白玉

氷壁の下には白玉が5つ鎮座。

草間彌生もびっくりの白玉水玉が完成です。

目白「志むら」白玉

早速、いただきます!

さくっと氷をすくってみると柔らかい!!

目白「志むら」白玉 目白「志むら」白玉

こしあんは驚くほどドロっとしていて甘さ控えめ。
それを白玉に絡ませれば、ほんのり甘い、白玉団子が完成。

これを崩しながら、食べ進んで行きますよ!!

目白「志むら」白玉

あっというまに完食して、温かいお茶で一服。

器も綺麗な目白の甘味処「志むら」さん、
この夏、涼を求めて食べに行ってみてはいかがでしょう(^^ )

目白 志むら

所在地:東京都豊島区目白3-13-3
営業時間 菓子9:00~19:00 カフェ10:00~19:00(L.O.18:30)
定休日:日曜日
JR山手線:目白駅より徒歩1分

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ