「冷やしグルメ祭 2016」でかき氷と素麺を食べ初めしてきた!

スポンサーリンク

かき氷大好きな東京散歩ぽです!
2016年1月22日(金)にお台場のカルチャーカルチャー「冷やしグルメ祭 2016 ~冬もかき氷とそうめんが美味しい!~」というイベントが開催されました。
ここ数年、爆発的な盛り上りを見せる進化系かき氷とそうめんのコラボイベントの模様をお伝えします。

IMG_0888

SPONSORED LINK

IMG_0975

以前、僕もお手伝いした「東京かき氷コレクション」主催の小池隆介さん(写真左)とそうめん研究家のソーメン二郎(テリー植田)さんによるコラボイベントの今回はかき氷とそうめん、日本酒が楽しめるイベントでした。

ご当地そうめん

イベントはかき氷と同時にご当地そうめんの紹介もありました。写真上段は奈良県桜井市で1200年の歴史ある三輪素麺は揖保の糸、小豆島そうめんと並ぶ日本三大そうめんのひとつ。高千穂の出汁つゆとよく合っておいしかったです。

写真下段は油の使わない仙台の白石温麺(うーめん)。温麺の由来は温かい麺という意味ではなく「人を思いやる温かい心を持つ麺」という意味なんだとか。疲れた胃に優しい味の素麺でした(^^ )

茶の西田園 玄米茶あずきミルク

IMG_0927
この日は埼玉県熊谷市から2店舗のお店がかき氷を出品していました。熊谷市にある日本茶屋「茶の西田園」さんからは「玄米茶あずきミルク」と「みそくるみミルク」を出品。

こちらは「玄米茶あずきミルク」。

IMG_0929

最近は「しもきた茶苑」さんはじめ、お茶屋さんがかき氷を販売するケースがだいぶ増えてきましたね。

抹茶ミルクならぬ「玄米茶ミルク」は珍しい(^^ )

IMG_0930

上には入り玄米が振りかけられていて熊谷の水を使ったふんわりとろけるかき氷に「カリッと」した食感がとても楽しい一品です。

IMG_0934

しっかりと形が残ったほっこり小豆と玄米茶ミルク、美味しくいただきました。

茶の西田園

住所:埼玉県熊谷市妻沼1523
公式twitter

シノン洋菓子店 いちごレアチーズ

IMG_0955

熊谷市の雪くま暖簾会の会長でもあるシノン洋菓子店さんからはイチゴのレアチーズとティラミスが出品。

オーダーしたのは「いちごのレアチーズ」。

IMG_0960

ふんわりした氷に濃厚な手作りの甘酸っぱいいちごソースと濃厚なレアチーズがマッチしたかき氷!

IMG_0965

これ美味しかった〜(^^ ) レアチーズのコクがいちごの酸味をカバーしていくらでも食べられるパターンでした!

お店で販売しているかき氷の写真を見ると、クリームやフルーツがトッピングされていてケーキをそのまんまかき氷にしたようなフォルムは思わずうっとりしてしまいます。

熊谷のかき氷店は熊谷の美味しい水からおいしい水から作った貫目氷を雪のようにふわふわに削り、協賛店ごとにオリジナルのシロップを使用した「雪くま」という名称が付いているんですね。知らなかった〜。

シノン洋菓子店

住所:埼玉県熊谷市新堀954-1
食べログ:http://tabelog.com/saitama/A1105/A110501/11003334/

今や毎年夏になると高い気温で話題になる熊谷ですが、慈げんさんはじめ、美味しいかき氷店の連なる「かき氷の聖地」になりつつありますね。今年は熊谷かき氷巡りやりたいな〜。

ここ数年で日本全国でかき氷の専門店が増えてきました。それ以上に増えてきたのがお茶屋さんやケーキ屋さん、ラーメン屋さんが出す、かき氷もクオリティーが高くてすごく注目しています。東京かき氷コレクションは今年も開催予定しているのでまたお邪魔しようと思います!

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

東京散歩大好き夫婦が東京新名所、イベント、グルメスポットを中心におすすめを紹介しています。カメラ/旅グッズ/モバイルバッテリー/カフェ/ホテル/映画等レビュー記事多数。 レッツエンジョイ東京公式キュレーター、メルマガ「Edge Rank」執筆者 、シネマズby松竹公式ライター、「レビューズ」公認ブロガー、「10人のブロガーが綴る100通の手紙」発売中!