「魯山人納豆鉢」で究極の納豆を練り上げてみた

納豆大好き!東京散歩ぽ(@tokyosanpopo)です。

タカラトミーアーツより2月6日に「魯山人納豆鉢」が売されました。今回は伝説の美食家、北大路魯山人の納豆練りまぜの極意を手軽に再現できる小鉢をご紹介します。

魯山人納豆鉢

SPONSORED LINK

北大路魯山人

北大路魯山人とは?

北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん 1883~1959)は大正から昭和にかけて活躍した陶芸家であり書家でした。大正10年には美食倶楽部を主宰し希代の美食家としても大変有名な方です。

週刊ビックコミックスピリッツに連載中の「美味しんぼ」で主人公、山岡士郎の父、海原雄山が師と仰いだ(という設定)としてご存知の方もいるでしょう。

その魯山人が1960年に著した「魯山人の料理王国」という本の「納豆の茶漬け」という章で納豆の「こしらえ方」として以下のように記しています。何故かこの本を持っている僕(^^;)

納豆を器に出して、それに何も加えないでそのまま二本の箸でよく練りまぜる。そうすると、納豆の糸が多くなる。(中略)かたく練り上げられたら醤油を数滴落としてまた練るのである。また醤油を数滴落として練る。(中略)糸のすがたがなくなってどろどろなった納豆に、辛子を入れてよく撹拌する。この時、好みによって薬味(葱の微塵切り)を少量混和すると、一段と味が強くなってうまい。(via P.174)

二本の箸を模した撹拌箸をギアケースにつけ、ハンドルを本体に装着しました。

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  
魯山人納豆小鉢とiPhone5c

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ