ムーミンバレーパークの冬季限定ナイトアトラクション「アドベンチャーウォーク」でムーミン谷の冬の森に迷い込んできた

ムーミン大好き、東京散歩ぽです!

埼玉県飯能市にある「ムーミンバレーパーク」では2020年11月21日(土)から2021年3月7日(日)まで期間、冬のイベント「ウインターワンダーランド」が開催。冬季限定のナイトアトラクション「アドベンチャーウォーク」に参加してきました。

ウインターワンダーランド

グランドオープン前の取材の時以来、久々に「ムーミンバレーパーク」にやってきました。

現在こちらでは冬のイベント「ウインターワンダーランド」が開催中です。イベントが始まってすぐの11月下旬に行ってきました。

この日のメインイベントとなる「アドベンチャーウォーク」は夜17時からですが、ちょっと早めについたので、パーク内のKokemus1Fにある「ムーミン谷の食堂」で、イベント限定メニューの「ウインターワンダーランドプレート(1,650円税込)」を食べて腹ごしらえ。

日も暮れてだいぶ暗くなってきました。

全長約1.8kmの「アドベンチャーウォーク」

さて、今日のメイン「アドベンチャーウォーク」は、宮沢湖の回りを歩いて廻る冬季限定のナイトアトラクションです。

「アドベンチャーウォーク」は、ムーミンバレーパークの入場券と別にチケットが必要です。

僕らはムーミンバレーパークの入場券とセットになった「入園チケット+アドベンチャーウォーク入場チケット」を前売りで購入しました(前売り:おとな3,800円、こども2,300円)。

まずは入口となるアドベンチャーウォークの専用チケットブースへ。

SPONSORED LINK

スマホアプリ「Locatone」と連動してる

「アドベンチャーウォーク」は、ソニーが開発したSound AR™を楽しむためのエンタテイメントアプリ「Locatone」と連動しています。

「アドベンチャーウォーク」の特定のスポットに入ると、連動した音声を再生してくれるアプリで「アドベンチャーウォーク 〜ムーミン谷の冬〜」のストーリーを聞きながら、歩みを進めていきますよ。

ストーリー

ふりしきる雪であたりは何も見えません。
ムーミントロールは、
いつでも夏に海にきたときに感じるのとおなじ、
あのうっとりとした気持ちに、ひきこまれていきました。
彼は雨がっぱをぬぎすてて、
雪だまりにごろんとねそべりながら、考えました。
これが冬か。そんなら、冬だってすきになれるぞ。

『ムーミン谷の冬』のワンシーンより

スピーカーからも音声は聞こえますが、おすすめはイヤホン持参で!アプリも事前にDLしておきましょう。

Locatone

Locatone
開発元:Sony Music Solutions Inc.
無料
posted withアプリーチ

「アドベンチャーウォーク」スタート

準備が整ったところで「アドベンチャーウォーク」スタート!シュワーな門を潜ってレッツゴー。

まずは宮沢湖の端から一直線に続く「冬からのおもてなしランタンロード」を進みます。なんて幻想的な光景。

ムーミン谷の冬の森から始まる物語とあって、アプリからは自分の動きに合わせて、雪深い道を歩く音が臨場感たっぷりに聞こえてきます。

ランタンロードを抜けて、さらに奥の林道へ。

木々が生い茂る林道を進みますが、各所でライトアップしているので、迷うことはないんですが、ちょっとドキドキする(^^ )

林を抜けると光が一層強いエリアにでてきました。

「大きな白い馬との出会い」

「大きな白い馬との出会い」

ここにいるのは「大きな白い馬」。アプリのストーリーと連動しているので、内容は来てのお楽しみに。

夏へのあこがれの野原

「夏へのあこがれの野原」

夏へのあこがれの野原

「夏へのあこがれの野原」

詩的な光景が続きます。

生きもののような雪となにかとの出会いの道

「生きもののような雪となにかとの出会いの道」

漆黒の闇の中にざわざわとざわめく深い森の道。

スナフキンのテント(スナフキンは不在)

スナフキンのテント(スナフキンは不在)

「小さいけど態度がおっきいあの子」

「小さいけど態度がおっきいあの子」

真っ赤にライトアップされたエリア。ちょうど紅葉時期で綺麗でした。

灯台の奥の噴水もいいね。

宮沢湖を半周して、ムーミン屋敷まで到着。ムーミン屋敷もライトアップしてました。3階の影はムーミンのパパかな?

インスタレーション作品『Dandelion』(ダンデライオン)

ムーミン屋敷の手前には、NAKEDの村松亮太郎さんによる新作アート「Breath / Bless Project(ブレス ブレス プロジェクト)」のインスタレーション作品『Dandelion』(ダンデライオン)を展示されています。

プロジェクションマッピングを使用してタンポポの綿帽子にスマホをかざすと動きが変わるインタラクティブな作品でしたよ!

帰り道のランタンストリートも綺麗

帰り道のランタンストリートも綺麗

ということで「アドベンチャーウォーク」はこれにて終了〜。アプリでストーリーを聞きながらじっくり歩いても1時間はかからないくらいなので、小さなお子さん連れのファミリーでも楽しめそう。

帰り際の「水浴び小屋」からは、歩いてきた宮沢湖畔のライトアップが一望できて、すごく綺麗でした!

©Moomin Characters™️

「アドベンチャーウォーク」概要

開催期間:2020年11月21日(土)から2021年3月7日(日) 17:00〜20:00
アドベンチャーウォーク入場チケット:
大人:当日2,500円(前売り2,300円)
子ども:当日1,500円(前売り1,300円)

アドベンチャーウォーク当日割引入場チケット:
(ムーミンバレーパーク入園当日に限り購入可能)
大人:当日1,500円
子ども:当日1,000円

入園チケット+アドベンチャーウォーク入場チケット:
大人:当日4,000円(前売り3,800円)
子ども:当日2,500円(前売り2,300円)

1デーパス+アドベンチャーウォーク入場チケット:
大人:当日5,700円(前売り5,500円)
子ども:当日3,300円(前売り3,100円)

公式サイト

ムーミンバレーパーク

住所:埼玉県飯能市宮沢327−6
営業時間:平日10:00〜17:00/土日祝10:00〜18:00
公式サイト:https://metsa-hanno.com/

あわせて読みたい