ねんざさんに東新宿「サンラサー」に連れてってもらった話

東新宿にある人気カレー店「サンラサー」

こんにちは、東京散歩ぽです。

先日、東新宿にある人気カレー店「サンラサー」さんに行ってきました。実は以前から行ってみたかったお店の一つだったんです。今回は「サンラサー」を知り尽くしたブロガー、ねんざさんにアテンドしていただき、行ってきましたので、今回はその模様をお伝えします!

サンラサーは突然に

ブロガーのねんざさんは以前、#おじさんぽ 企画の時にもご一緒したブロガー仲間なんですが、そのねんざさんが、ここ数年通い続けているお店が「サンラサー」さんなんです。

ねんざさんは、ほぼ毎週のように「サンラサー」さんに通っていて、なんとこれまで200食以上は食べているとか。

エヴァンジェリストを通り越して、ほぼ「お店の人」状態なんですが、ねんざさんは食べたカレーの写真をSNSにアップしてて、そのカレーが本当に美味しそうで前々から食べてみたいなとずっと思っていました。

ねんざさんの「サンラサー愛」については、こちらの記事をご覧いただければ一目瞭然です。

【東新宿】人気カレー店「サンラサー」のメニュー、予約方法、行き方のまとめ。 #セブンルール

お店は以前からに大人気で、今年3月には関西テレビ「セブンルール」でも放送され、超有名店に。行くタイミングを完全に逸してました。(※2020年6月4日からはお店公式インスタからの完全予約制(1日24食)になってます)

そんな中、ねんざさんと別件でやりとりをしていたのが上記の内容。

今、僕の中で最近のねんざさんのイメージが「ねんざさん ≒ サンラサー」みたいな勝手なイメージがあって、思わず「よろしくお願いします!サンラサー」と返したのをきっかけに、急遽ねんざさんに予約していただき、お店に行ってきましたよ!ねんざさん、ありがとう!!

東新宿「サンラサー」はビルの3階

東新宿「サンラサー」はビルの3階

ということで新宿三丁目駅から徒歩6分ほど、東新宿にある「SANRASA(サンラサー)」さんが入るビルにやってきました。

ビル1階には看板があります。奥のエレベーターに乗って3階に上がりましょう(ビル横の階段では3階まで行くことができません)。

サンラサーさんは、このコロナ禍で緊急事態宣言後に一旦休業していたそうですが、2020年6月4日から再開。前述したとおり、お店公式インスタからのDMによる完全予約制のお店となってます。

こんなご時世なので、今後変更があるかも知れません。行かれる際は必ず、お店公式サイトも合わせて事前に確認してくださいね。

この日は午前11時〜11時40分の回に来店しました。お店が開いたら、入り口横にある手洗い場でしっかり手を洗いし、アルコールで手指消毒してから入店しましょう。

ちなみにお店の中の撮影はメニューと料理のみOK。動画はNGですよ!

SPONSORED LINK

サンラサーのメニュー

サンラサーのメニュー

お店に入るとカウンターがあり、厨房で店主のまりこさんが作業されています。

以前は6〜7人が入れる立食のお店だったそうですが、再開後はカウンター席(4名)になり、座って食事することができました。席前にメニューがあるので、こちらから注文していきましょう。

サンラサーさんは、定番のキーマカレー1種に、週替りのカレー1種が用意されていて季節によって変わります。価格は1種類は1,000円、あいがけは1,300円、わんぱく(あいがけに炙りチーズとアチャール4種がつく)が1,900円。

ここはやっぱり2種類味わえる「あいがけ」かな(^^ )

ココナッツチキンキーマ改・バターチキンカレーのあいがけ(氷室豚トッピング)

ココナッツチキンキーマ改・バターチキンカレーのあいがけ(氷室豚トッピング)

ということで、この日は定番カレーの「ココナッツチキンキーマ改」と週替りの「バターチキンカレー」をあいがけしたものに「氷室豚」を2枚トッピング(500円)しました!

おおお、美しい!

思わず、インスタっぽい真上からのアングル(普段はやらない)で撮りたくなるほど綺麗な出で立ちです。

ココナッツチキンキーマ改・バターチキンカレーのあいがけ(氷室豚トッピング)

カレー色合いやトッピングした氷室豚からしみ出る肉汁をしっかり目に焼き付けたいので、いろんなアングルで写真を撮りたくなります。

ココナッツチキンキーマ改・バターチキンカレーのあいがけ(氷室豚トッピング)

カレーをいただく前に、おすすめの氷室豚がものすごく気になるので、まずはこちらから。店主のまりこさんがざっくり説明してくれたんですが、氷室豚はいわゆるブランド豚ではなく、氷温熟成させた豚肉なんですって。

氷室豚

その肉質は「これが豚肉か!」ってほど柔らかく、甘みがありとろっととろける脂身が特徴的。直前にまりこさんがバーナーで炙ってからお皿に盛り付けるので、スモーキーさも相まってサンラサーさんとのカレーともすごくマッチしています。

ココナッツチキンキーマ改

続いてはいよいよカレー!まずは定番カレー「ココナッツチキンキーマ」を改造した「ココナッツチキンキーマ改」。

ココナッツチキンキーマ改

店主のまりこさんご自身が辛いのが得意ではないそうで、サンラサーさんのカレーは様々なスパイスが入っているものの、辛味はすごく抑えられているそうですが、「ココナッツチキンキーマ改」はその中でも少し辛味を効かせたキーマカレー。

といっても、すっきりとした瞬間的な辛味なので、辛さが苦手な方でもおいしくいただけますよ!

バターチキンカレー

週替りの「バターチキンカレー」も、チキンの旨味を見事に引き出しているカレー。

バターチキンカレー

食べているうちにねんざさんが、ほぼ毎週のように通う理由が分かりました。奥深い味わいながら、全く飽きのこない味わいなんですよね。その上、毎週メニューが変わるのであれば、そりゃ通いますわ。

「あいがけ」は結構多いかな?と思ったけど、そんなことはなくむしろ「わんぱく」でも良かったくらい一気に食べ終わってしまいました。おいしかったー!!

ずんだブリュレ

ずんだブリュレ

食後にはサービスでコーヒーを出してくれました。デザートも気になったのでそれも一緒に。この日は「ずんだブリュレ(400円)」。

ずんだブリュレ

上面の硬いカラメルをスプーンで突き破ってざっくりとすくうと、緑がかったブリュレがお目見え。ずんだのつぶつぶ感とともにお豆の味わいが楽しめるデザートでした。

食事中も近隣のオフィスの方などお客さんがひっきりなしに来店して、テイクアウトを注文するなか、店主のまりこさんが、カレーや氷室豚について詳しく話してくれるのもすごく楽しい。

サンラサーさんは、カレーのおいしさは去ることながら、店主のまりこさんの気風の良いそのお人柄も、ねんざさんはじめ、お客さんたちの人々の心を魅了しているお店なんですね。

また、行きたくなるお店がひとつ増えました!ごちそうさまでした!

サンラサー

所在地:東京都新宿区新宿6丁目27-17
店休日:金土日月祝休み(ほかに臨時休業あり)
お店公式サイト お店公式インスタ 公式オンラインストア

あわせて読みたい