「もりのしずく」は三重県大台町の大地の恵みをギュギュッと凝縮させた果実入り無添加シロップを作る #大台町PR

こんにちは、東京散歩ぽです。
三重県大台町商工会のご招待で三重県大台町に訪れています。
今回は昨年(2019年)4月から大台町の果実や野菜を使った「果肉入り無添加シロップ」などを製造する「もりのしずく」の中川潔美さんにお話を伺ってきました。

地域おこし協力隊で三重県大台町へ

「もりのしずく」の代表、中川潔美さんは三重県津市の出身。

同じ三重県内の大台町の存在は昔から知っていたものの、子供の頃はなかなか来る機会がなかったそうです。しかし、大人になってから何回か大台町に訪れたところ、これまでに感じたことがなかったような豊かな自然に心惹かれ、大台町の魅力にハマったそう。

「夜になると、すごい数のホタルが飛んでいて感動しました。こんな場所に住めたら元気もらえるだろうなと思ってました」と話す潔美さん。

それからしばらくして、地域おこし協力隊で大台町に移住することが決まったのは約4年半前のこと。「道の駅 奥伊勢おおだい」で約3年ほど農業を中心とした作業に従事したのち、昨年独立して「もりのしずく」を設立しました。

「もりのしずく」の果実入りシロップはこちらの工房で作られている

「もりのしずく」の果実入りシロップは大台町にある工房で作られている

地域おこし協力隊の活動の中で、様々な大台町の農家さんと知り合うことが出来たという潔美さん。多くの時間を過ごすことで農家さんの様々な思いを感じ、その中で自分が少しでも大台町の役に立てることはないか考えたそう。

「昔からハーブや野菜が好きだったので、大台町の素材を使って、長期保存が出来る「シロップ」を作ろうと思いました。なかなか大変ですけど、今はやってよかったなと感じています」と潔美さんは話しました。

「もりのしずく」の果実入り無添加シロップ

「生姜 x スパイス」と「苺 x バニラビーンズ」

「生姜 x スパイス」と「苺 x バニラビーンズ」

潔美さんが作る「果実入りシロップ」は大台町の果実や野菜といった旬の素材を、てんさい糖と水だけで煮込んだ無添加のシロップです。素材は食べやすくカットされ、光をあてるとその断面は色鮮やかでとても綺麗な色合い。

人気の「苺 x バニラビーンズ」(680円税込)は、子どもに人気の定番シロップ。バニラビーンズが入っているので香りが立ち、ミルクで割ると、贅沢な「いちごミルク」が楽しめるそう。

生姜 x スパイス」(630円税込)はお湯割りで。ジンジャーの香りとともにスパイスも入っているので1杯飲んだだけで、体がポカポカに。冷え性の方にもおすすめのシロップです。ミルクで割ると、まるでチャイのような味わいになるそうですよ!

「無農薬ブルーベリー」と「柚子 x ローズマリー」

「無農薬ブルーベリー」と「柚子 x ローズマリー」

柚子 x ローズマリー」(630円税込)は、大台町イチオシの黄柚子とリフレッシュ効果の高い無農薬ローズマリーで仕込んだシロップ。

無農薬ブルーベリー」(680円税込)は、こだわりの無農薬のブルーベリーと無農薬レモン果汁をつかったシロップ。こちらは後日、ヨーグルトでいただいてみました。ごろっとした果実が存分に味わえてリッチなフルーツヨーグルトに早変わり。これはパンケーキのソースとしても良さそう!

他にもソーダを入れてジュースになったり、お酒に入れてカクテルとして楽しむこともできそうですね!

この他にも「南高梅 x ジンジャー x スパイス」や「青柚子 x ローズヒップハイビスカス」「わさびの茎葉 x 原木椎茸のだし」など季節によって、作るシロップは変わってくるそう。

「もりのしずく」の「果実入り無添加シロップ」は「道の駅 奥伊勢おおだい」や「奥伊勢フォレストピア」の他、公式オンラインショップでも販売中ですよ!

「自分で素材を作れたら最高ですね!」と話す中川潔美さん

「自分で素材を作れたら最高ですね!」と話す中川潔美さん

「本当は土いじりが好きなんです。今は手一杯ですが、いずれは自給自足して暮らしたいですね」と話す潔美さん。

「もりのしずく」の「果実入りシロップ」は、三重県大台町の豊かな自然に魅せられて移住した潔美さんが、農家さんの思いを受けて作る大台町の大地の恵みがギュギュッと詰まった一品でした。

もっと「三重県大台町PR」記事を読む

もりのしずく

所在地:三重県多気郡大台町大台町江馬19-1
公式サイト:https://mie-morinoshizuku.jp/