東京駅前で信任状捧呈式の儀装馬車列を観てきた!その場所・日程は?


こんにちは、東京散歩ぽです。

先日、東京駅に行った時に信任状捧呈式の馬車列に遭遇しました。

信任状捧呈式とは?

信任状捧呈式とは、新任の外国の特命全権大使が信任状を天皇陛下に捧呈する儀式です。

大使は東京駅中央口から行幸通り(和田倉門交差点)を通り、二重橋を渡って皇居の宮殿南車寄まで行くんですが、その際、移動手段として儀装馬車か、車のどちらかを選べるんですって。ほとんどの方が儀装馬車を選ぶそうですよ。(僕も馬車が良い!)

SPONSORED LINK

儀装馬車が出発!

信任状捧呈式の儀装馬車

この信任状捧呈式の際は、東京駅丸の内口前は規制されて、馬車列が優先して通されます。なかなか見れない光景に多くの人が足を止めて写真を撮っていました。

信任状捧呈式の儀装馬車

二頭の馬が引っ張る漆塗りの偽装馬車4号は大正2年(1913)に製造されたもので、全長4.51m、幅1.90m、高さ2.24mの4人乗りです。車箱が船の底型のようになる「船底型割幌(ふなぞこがたわりほろ)」という形になっているそうです。

なんてエレガントなんでしょ!

まわりを固める警護の馬もエレガント。

信任状捧呈式の儀装馬車

こちらはまた別の偽装馬車。

馬車列は皇居に向かって行幸通りを直進するため、車もこの時だけ規制されていました。

行幸通りを走る儀装馬車の「パッカパッカ」という独特な音が東京駅前に響き、その後、規制が解かれて自動車が走り出すといつもの東京駅前の風景に戻っていきました。

信任状捧呈式の日程は事前に告知されてる

さて、信任状捧呈式の馬車列の日程は宮内庁のHPから確認できるんですね。

それによると次回は平成31年(2019)1月17日に2回あるそうですよ。

平成31年1月17日(木) 午前10時05分頃(1回目)・午前10時30分頃(2回目)

(時刻は皇居前広場通過予定時刻)

観光庁のTwitterでも、事前に告知しているので気になる方はフォローしてみてはいかがでしょう!

あわせて読みたい

Translate »