「カレーのてちや」 で松坂牛牛すじカレーを食す!子どもたちにも人気の訳とは? #大台町PR

カレーのてちや

こんにちは、東京散歩ぽです!
三重県大台町商工会のご招待で三重県大台町に訪れています。
今回は三重県大台町でカレーを製造販売している「カレーのてちや」さんをご紹介します。

手作りカレーの店「カレーのてちや」


「カレーのてちや」のご主人、積木哲史さんは5年前まで市の職員でしたが、脱サラしてこのカレー店を開業。2014年からは三重県津市や伊勢市エリアを中心に移動販売をスタート、2015年7月からは松阪市に常設店舗がオープンしました。

もともと美術作品が好きだった積木さん。なぜカレー店をやっているかというと「美」の追求を「味」に変えただけで本質的には一緒だったそうです。その中でご夫婦揃って「ジャワカレー」が好きだったことから、このカレー店を開きました。

「カレーのてちや」のメニュー

「カレーのてちや」のメニュー
「カレーのてちや」のメニューはこちら!

「松坂牛すじ」「伊勢赤どり」「玉城豚」という三重県のブランド肉を使い、ご主人が独自にブレンドした26種類のスパイスを種から粉末にして、風味豊かなカレーを日々作っています。

トリプルカレー(松坂牛牛すじカレー&玉城豚カレー&伊勢赤どりカレー)960円

トリプルカレー(松坂牛牛すじカレー&玉城豚カレー&伊勢赤どりカレー)960円

その中から僕は「トリプルカレー」960円をオーダーしました。

その名の通り、松坂牛牛すじカレー、玉城豚カレー、伊勢赤どりカレーと3種類のカレーが同時に味わえる同店のおすすめ商品です。

ベースは牛骨、豚骨、鶏ガラとそれぞれの持ち味を活かせるよう3種類作るんですって!

これは手間暇かかってる。

松坂牛牛すじカレー

松坂牛牛すじカレーは牛すじがトロトロになるまで煮込まれていて濃厚なジャワカレー。

地元の香味野菜やイタリア産のトマト、大内山ヨーグルトを使って深い味わいに仕上がっています。

SPONSORED LINK

魔法の辛味スパイスで辛さを調節できる

「カレーのてちや」のカレールーにはたくさんのスパイスが入ってますが、辛味はほとんどありません。

辛味は別途用意されている「魔法のスパイス」を入れて自分好みに辛さを調節出来ます。

なので、辛いのが苦手な子どもさんでもパクパク食べられるとあって「カレーのてちや」がキッチンカーでイベントに出張販売に出ると、行列が出来るほど子どもたちに大人気なんですって!

今ではキッチンカーから流れる「カレーのてちや」のオリジナルソングを子どもたちが合唱してくれるとか(^^ )

「魔法のスパイス」を振りかけると、一気に辛さが増します。同時に香りも深みを増してこれまた美味しい!

これなら家族みんなでシェアして食べられますね。

↑こちらは2種類のカレールーが乗った「ツインカレー」(880円)。

カレーにはサラダと、ドリンクが付いてきますよ!

「カレーのてちや」の積木哲史さん

「カレーのてちや」のご主人、積木哲史さん

「カレーのてちや」のご主人、積木哲史さんはその昔、「てっちん」と呼ばれていたそうで、それが店名の「てちや」の由来になったそうです。

子どもから大人まで幅広い世代で人気の「カレーのてちや」。テイクアウトも出来るので、お近くの方はぜひ味わってみてくださいね!

もっと「三重県大台町PR」記事を読む

カレーのてちや

所在地:三重県松阪市小黒田町403-3
TEL:090-9175-4743
営業時間:11:30〜14:30(昼)  17:30〜19:30(夜)
定休日:木曜日・第3金曜日
専用駐車場:あり
公式サイト:http://techiya.chu.jp/