さがみ湖イルミリオン2018がスタート!600万球が彩る体験型のイルミネーションテーマパークをレポ

イルミネーション好きな東京散歩ぽです!

神奈川県相模原市の複合リゾート施設「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」にて2018年11月3日(土)から2019年4月7日(日)までイルミネーション「さがみ湖イルミリオン」のプレス内覧会を取材して来ました!

今年で10年目を迎えた関東最大級600万球のイルミネーションの見どころをお伝えします!

関東三大イルミネーションのひとつ「さがみ湖イルミリオン」

都心から車で1時間ほどのところにある、神奈川県相模湖の近くにある「さがみ湖プレジャーフォレスト」にやってきました。

今年で10周年を迎える関東最大級 600 万球のイルミネーションイベント「さがみ湖イルミリオン」は2018年の「夜景サミット」で「関東三大イルミネーション」に認定。今年は「空中イルミネーション」が充実した体験型のテーマパークですよ!

さがみ湖イルミリオンの会場マップ

さがみ湖イルミリオンの会場マップ

さがみ湖イルミリオンの会場マップがこちら!

40,000 m²の広大な園内に見て・聴いて・触れて・包まれる光のアトラクションであそぶ「ナイトアトラクション」など、全体がイルミネーションに包まれたテーマパークと化します。それでは早速イルミネーションさんぽしましょう!

光の海・ビッグスノーマンバルーン

光の海・ビッグスノーマンバルーン

プレジャーフォレストの入口にある「プレジャーステーション」を抜けると見えてくるのは「光の海」と空に浮かんだ「ビッグスノーマンバルーン」。パディントンの大きなキャラクターバルーンがフォトスポットになっています。

ビッグスノーマンバルーン

夜空に浮かんだ全長10mの「ビッグスノーマンバルーン」を手のひらに乗せて「手のひらスノーマン」も撮れそう(^^ )

光の海

「光の海」には、ウミガメ、サンゴ、魚が優雅に泳いでいます。

光の花畑〜光の桜並木

「光の海」を抜けると、一面ピンクのエリアが!

「光の花畑」には大きな飴玉のようなバルーンが配置。LEDでカラフルに色が変わります。

丘の奥には大きな桜の木?

光の桜並木

ここは「光の桜並木」。これから冬が始まるけれど、ここは春真っ盛り!

大きな桜の木が迎えてくれます。

「光の桜並木」があるエリアから見下ろす景色はイルミネーション全体を感じる事ができる眺めになってます!


↑「光の海」から「光の桜並木」までをタイムラプスで。

まばゆいばかりのイルミネーションは見てるだけで癒やされるなあ!

光のトンネル〜光の動物園

光のトンネル

延々と続く「光のトンネル」はまさに異空間への入り口。

トンネルを抜けると見えてくる「光の動物園」にはグリーンのイルミネーションにパンダやゾウ、キリンなどの動物たちが輝きます。

さがみ湖プレジャーフォレストは山の中腹にあるので、イルミネーションが見える面積が多く、まさに光に囲まれた気分になれるのがいいですね(^^ )

虹のリフトに乗って「光の楽園」へ

ビッグスノーマン

大きなビッグスノーマンの横にはレインボーに輝く全長250mの「虹のリフト(往復600円)」があります!

これに乗って山の上まで行ってみましょう。

「光の楽園」

山の上にある「光の楽園」エリアにはナイトアトラクションが多数!

「光のかんらんしゃ(500円)」「極楽パイロット(800円)」「大空天国(800円)」といった3つのアトラクションが夜も楽しめます。

また、日中は以前ご紹介した「マッスルモンスター」も楽しめますよ!

【マッスルモンスター】史上最恐の崖っぷちアスレチックが爆誕するから体験してみた結果→完全にサーカスレベル!

「虹のリフト」が下りが特にオススメ!


↑「虹のリフト」が下りが特にオススメ!

夜景とともにプレジャーフォレスト全体が眺めることができる虹のスライダーに乗っているかのようでした!

Translate »