スマホをもって街のクイズに挑戦!「まちクエスト」入門編

スマホで謎解きをするWEBサービス「まちクエスト」が梅雨明けの7月8日に正式リリースされました。

実際にその場所に訪れてクエスト(クイズ)をクリアするこの「まちクエスト」。

今回は入門編ということで基本的な操作方法をご紹介します。
写真 (10)

SPONSORED LINK

まちクエストとは?

まちクエストは日本を初め、世界に散らばるクエスト(クイズ)を実際にその地に訪れてクリアする新感覚のフィールドゲームWEBサービス。

記事執筆現在で508個のクエストが用意されていてクエストは自分で作る事も出来ます。

↑まずはiPhoneやAndroidなどのスマートフォンからインターネットブラウザで「まちクエスト」のサイトにアクセスします。

スマートフォンのGPSはあらかじめONにしておきましょう。

まちクエスト – スマホで謎解きにでかけよう!

image (1)

↑まずはユーザー登録へ。TwitterやFacebookアカウントからもログインできます。

それ以外で登録する場合は一番上の「新規ユーザー登録」をタップします。

IMG_8012

↑ユーザー名(4文字以上の英数字)、メールアドレス、パスワードを登録し利用規約とプライバシーポリシーの同意にチェックを入れて「ユーザー登録」をタップすれば登録完了です。

IMG_8013

↑登録すると、まずはガイドとしてクエストの例題が出されます。

IMG_8014

↑ドラゴンボールレーダーのようなレーダーにクエストの方向が表示されます。

自分は中心の三角点です。レーダーをみると11時の方向にクエストがありますね。

IMG_8015

↑自分から例題の目的地までの直線距離が表示されます。

例題は富士山頂にあるクエストなので今いる場所からは69kmの距離です。

IMG_8017

↑例題はしばらくするとクエストの問題が表示されます。

実際のクエストは100m以内に入ると表示されます。

問題のヒントは写真の近辺に隠れています。

IMG_8018

↑回答は全て数字です。

答えの数字を入力し「回答する」をタップしましょう。

例題はポイントが付きませんが、クエストをクリアすると10ポイントがカウントされます。

IMG_8019

↑ガイドはここまでで終了。

ではいよいよ近くのクエストを探してみましょう。

写真 (12)

↑「近くを探す」をタップすると現在地の周りのクエスト位置が表示されます。

新宿、原宿、渋谷など都心には多くのクエストがありますね^^

image (2)

↑クエストのマークをタップするとクエスト名と写真が表示されます。

やってみたいクエストがあったらクエスト名をタップすればレーダー画面になり、先ほどのクエスト探索画面になりますよ!

image (3)

↑クエストを発見するとポイントが加算され上位はランキングに表示されます。

東京散歩ぽは現在50ポイントで第9位^^

image (4)

↑そしてもう一つの特徴はユーザー自身がクエストを作成する事が出来ます。

東京散歩ぽもβ版から問題作成を協力させてもらっていて6ヶ所のクエストを作成しました^^

クエスト作成についてはまた別途エントリーしたいと思います。

入門編まとめ

今回は基本的な操作方法をご紹介しました。もうすぐ子供たちは夏休みに入りお盆休みなどレジャーシーズンに突入しますね。「まちクエスト」のクイズは地域に密着したクエストが数多くあるので大人も子供も楽しめるつくりになってますよ!

そして次回は「まちクエスト」の開発者、石原淳也さんと「まちクエスト」をやりながら今後の「まちクエスト」の展開についてお話を聞いてきましたのでその模様をお伝えしようと思います。

7/25追記 開発者の石原さんとの「まちクエスト」実践編はこちらです!
まちクエスト【実践編】開発者の石原淳也さんとインタビューさんぽ | 東京散歩ぽ


まちクエスト – スマホで謎解きにでかけよう!

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ