オーロラ見るなら夏でしょ!カナダ観光局ブロガーミーティング

もうかれこれ20年近く海外に行ってない東京散歩ぽ(@tokyosanpopo)です(^^ゞ

今回はカナダ観光局のブロガーミーティング「夏にオーロラ?知られざる夏のカナダ旅行!」に参加して来ました。夏のカナダの魅力をたくさん聞いて来ましたよ!

SPONSORED LINK

今回の会場はカナダ大使館!まさかこんな仰々しいとこに来ると思わんかった^^;

エンブレムがかっちょいい(^o^)

カナダの公用語は英語とフランス語ということで案内も二ヶ国語で表記。

カナダは列記とした独立した民主主義国ですが、国家元首はイギリスのエリザベス女王。イギリス連邦の一つなんですね。エリザベス女王の名代として総督がいらっしゃいます。

はい只今から「女王陛下の東京散歩ぽ」としてカナダの魅力をしっかりお伝えしたいと思います(^^ゞ

カナダの人口は3800万人と日本の1/3。広さは日本の27倍といかに広大な国土かということがわかります。

ちなみにカナダの国旗。左右の赤は太平洋と大西洋を表し、中央の白い部分が国土を表しているとか。そして中央には国花のメープルが有名ですよね。

夏のカナダに行くべき3つのポイント

さて、今回の本題は「夏にオーロラ?夏のカナダ観光旅行ブロガーミーテイング」ということで、カナダ観光局の方々からお話がありましたよ!

それでは、夏のカナダ観光旅行のポイントを3つにまとめてみましたよ^^

2013-04-20 18.28 のイメージ

 1,オーロラは1年中見られる

えっ?冬しか見られないんじゃないの?と思った方、僕と同じリアクションです^^; 実はカナダは1年中オーロラが見られるそうです。中でも11月末〜4月初旬、8月中旬から10月初旬にとても良く見えるそうですよ。

これ知らなかった〜。極寒の冬にしか見れないものとばっかり。

2,3泊すれば95%以上の鑑賞率

オーロラが見られる地域(オーロラベルト)にカナダは大部分の地域が入っています。三泊もすれば95%以上の確率でオーロラを見ることが出来るそうです^^

しかもノースウェスト準州のイエローナイフ、ユーコン準州のホワイト・ホース、ドーソンシティ、アルバータ州のフォートマクマレーはカナダでもオーロラが見られる屈指のベストスポットなんだそうです!

そして今年は太陽の活動が約11年に1度の当たり年でオーロラの質は最高レベル!オーロラ爆発も体験できるかもしれませんね(^O^)

2013-04-20 18.23 のイメージ

 3,逆さオーロラが見られるのは夏だけ

冬のカナダでは逆に見られないオーロラがあります。それは湖に映る逆さ富士ならぬ「逆さオーロラ」。冬は湖が凍結してしまうので、この逆さオーロラが見られるのは夏だけとか^^

ちなみにオーロラが見られる時間帯は午後11時〜午前2時頃。場合によっては夕方でも見ることも出来るそうです。

そして夏のカナダの気温はというと、アルバータ州フォートマクマレーの8月の平均最高気温は21,9℃、平均最低気温は8,9℃ということで、ちょうど今の東京と同じくらいの気温。夏にカナダへ行けば2回目の春が体験出来ますね〜。

夜のオーロラ鑑賞時には東京の真冬並みに着こまないと体が冷えますが、それでもカナダの冬に比べれば耐えられない寒さではないでしょう。

RIMG1016

豊かな大地が育んだカナダ料理

夏のカナダ、3つのポイントをお伝えした所でちょっとブレイク。

カナダならではの食材を使った軽食が用意されてました!お腹すいた〜(^O^)

RIMG1012

カナダといえばスモークサーモン!フルーツとサワークリームを添えて^^

カナダのワインは冬に収穫された葡萄で作るアイスワインが有名なんですね。

こちらはナイアガラの滝の近くにあるシャトー・デ・シャーム・ワイナリーの赤ワイン2007 Equuleus VQA。

ロール寿司をはじめ、イロトリドリの食材はカナダの自然が豊富な証ですよね^^

どれも美味しかった!

アルバータポークフィレ肉のパイ包み焼きはメープルシロップをかけて頂きました。

塩気のあるフィレ肉に甘いメープルシロップが実に合うんです。美味しかったな〜

写真 (18)

ということで今日、カナダ産のメープルシロップを買いました。

パンケーキやトーストはもちろん、塩気の強いベーコンにも合いそうです^^

そしてデザートは自家製カナダ産ブルーベリーアイスクリーム!

ブルーベリーでこんな濃厚なアイス食べたことない!甘さも控えめで美味しかったです^^

2013-04-20 18.46 のイメージ

もしもツアー名を考えるとしたら…

さて今回のブロガーミーティング参加者には夏のオーロラと一緒に楽しめるアクティビティとパックになったツアー名を1つ考えるというミッションがありました。

雪解けした夏のカナダはまさにアウトドア・アクティビティの聖地。

例えば8月終わりから9月初めのユーコンではツンドラを埋め尽くす紅葉のじゅうたんが見られたり川や湖ではカヌー体験が出来たり、ノースウェスト・テリトリーズでは体長50cmを超える巨大な魚をフィッシングすることも出来ます^^

夜空はオーロラはもちろん、満天の星空が見られるのも魅力の一つですよね!

RIMG0997

そんな中、東京散歩ぽが目をつけたのはカナディアン・ロッキーを擁するアルバータ州。

なんとアルバータ州には日本ウオーキング協会が推奨するほど、ビギナーから上級者まで豊かな景色が見られる数々のウオーキングコースがあります。


ビクトリア女王の娘ルイーズ王女にちなんで名づけられた湖「レイク・ルイーズ」を巡るウォーキングコースでは、カナディアン・ロッキーの美しい山々の壮大な景色を望みながらウオーキングを楽しめます(^O^)

しかも気温は東京の春と同じ陽気なので重装備をすることなく、新緑のカナダを思う存分満喫出来ますね!

ということで、もしも東京散歩ぽが夏のオーロラと一緒に楽しめるアクティビティとパックになったツアーをが企画するとしたら…

神秘的な「夏のオーロラ」とカナディアン・ロッキーを眺めながら春の陽気の中ウオーキング出来るオリジナルツアー。

名付けて…

「夏のカナダでオーロラと今ふたたびの春ウオーキングツアー」

なんてのはいかがでしょう!(どこかで聞いたことある^^;)

今回のブロガーミーティングに参加してみて、もし次に海外旅行するとしたらカナダで「オーロラ見てみたい!」とホントに思いました。しかも夏に見られるってかなり重要なポイントですよね。

海外旅行会社の調査によるとカナダの旅行満足度は98.6%の高ポイント!

皆さんもオーロラ見るなら「夏のカナダ」ってこと覚えておいてくださいね!

おすすめの関連記事

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ