【青物横丁】「天ぷら・穴子蒲焼 助六酒場」元気な掛け声と美味しいお酒で元気いっぱいになった話

こんにちは!東京散歩ぽです。
今回は品川区青物横丁に初上陸!
元気な店員さんがいる「天ぷら・穴子蒲焼 助六酒場」さんで楽しいひと時を過ごしてきました。

天ぷら・穴子蒲焼 助六酒場

助六酒場 青物横丁店

SPONSORED LINK

この日は午後4時半から早飲みをはじめて、3件目。ほろ酔いもとうに通り越して、割とふらふらしながら歩いていると、道沿いにわりと大きめのフォントサイズで「天ぷら」の文字。

店先は立ち飲み屋、お店の奥は座って飲める天ぷら居酒屋さんです。

助六酒場 青物横丁店

立ち飲みスペースは厨房が目の前。油ぎれがものすごくいいという「Dr.Fly」というフライヤーで天ぷらをあげるところが見える特等席です。

日替わりドリンクの料金設定がおかしい

助六酒場 青物横丁店

こちらのお店、日替わりで一押しドリンクが変わるんです。この日は火曜日だったんですが、毎週火曜はなんとあの「黒霧島」が何杯でも100円ですよ!いや料金設定おかしいでしょ(^^ )

食べ物と飲み物メニュー!やっぱりここは黒霧島でしょう!

元気な店員さんがいるとこっちも元気が出てくる^ – ^

東京散歩ぽさん(@tokyosanpopo)がシェアした投稿 –

ということでまずはカンパイ!店員さんの元気な掛け声に乗って!

助六酒場 青物横丁店

まずはお好み天ぷら。アスパラガス(250円)、ヤングコーン(150円)、しいたけ(100円)、新玉ねぎ(100円)。

みんなカラッと揚がってます。

助六酒場 青物横丁店

天ぷらはてんつゆ、塩、大根おろしを人数分出してくれます。こんなきめ細やかなサービスが嬉しい(^^ )

こちらは梅山葵(うめわさび)380円。練り梅にワサビが練りこんであるだけなんですけど、海苔と巻いて食べれば、今までにありそうで、なかった今日イチの料理発見!!

これ家でもすぐ試したいわ〜

助六酒場 青物横丁店

煮穴子(680円)。

この頃には割とお腹の乗車率が120%で食べられなかったのがこの日最大の後悔。絶対うまい。

助六酒場 青物横丁店

トマトやレモンなど、果実系をごろごろ切ってソルティ風でいただく果実ゴロゴロ酒(580円)はさっぱりいただけて女性向けにも良さそうなお酒。飲んでるのも撮ってるのもおじさんですけどね。

こぼれ日本酒🍶 ザッツ表面張力550円!!

東京散歩ぽさん(@tokyosanpopo)がシェアした投稿 –

こぼれシリーズまずは日本酒。スタッフのお兄さんが緊張しながらもいい塩梅でメイク表面張力。

こぼれるかこぼれないかギリギリのところをすする!!

こぼれシャンパン550円て!! #オジ旅

東京散歩ぽさん(@tokyosanpopo)がシェアした投稿 –

こぼれシャンパン第2弾は550円でできるシャンパンタワー!

2段ですよ!まさかこんな感じでくるとは思わないですよ!黄金の炭酸がグラスを伝って滴り落ちる!!

もうこの辺りになると基本「うぇいうぇい」しか言ってませんが、そこはご了解ください。楽しいんです。

助六酒場 青物横丁店

とろーりチーズの天ぷら(220円)

これね、チーズにイチゴジャムを乗せて食べるとなんとびっくりアップルパイの味がするんです。これすごー!家でもやりたい。

助六酒場 青物横丁店

立ち飲みなのに気づいたら約3時間ぐらい居てました。それくらい初夏の風に吹かれながら飲むのが居心地良かったし、面白くて元気な店員さんが沢山いるし、それだけで元気もらえるんですよ。

しかも4名プラス1名が遅れてジョインして約3時間しっかり飲んで1人2,500円とか青物横丁の居酒屋、ポテンシャル高すぎるわ!

やはり黒霧島100円がかなり効いてます。金曜日はハイボールが何杯でも1杯100円、土曜日は日本酒が何杯でも1杯300円。

もう、酔いたいなら青物横丁に行くしかないです。

天ぷら・穴子蒲焼 助六酒場

所在地:東京都品川区南品川2丁目17−25 菱倉ビル1F
営業時間:月~日・祝前日・祝日:17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:日曜
電話:03-5461-0057
→食べログで口コミを見る

SPONSORED LINK

東京散歩ぽをフォローする

follow us in feedly→ブログを購読  

ABOUTこの記事をかいた人

東京散歩ぽ@中川マナブ

地域ブロガーネットワーク「Lockets(ロケッツ)」 プロデューサー。夫婦で東京のみならず、日本中の観光名所、グルメスポットを散歩してお出かけの「キッカケ」を発信。ホテル、カフェ等レビュー記事多数。東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」レポーター #地域ブログ